オンラインのカラオケ教室 - 音痴克服も、歌上達も、高得点獲得も
オンラインのカラオケ教室 - 音痴克服も、歌上達も、高得点獲得も

電話応対で声のトーンを高くするには

s11

ビジネスマナーとして電話応対は基本でありますが、意外と難しいものです。

多くのオフィスではかかってきた電話にまず女性が出るものですが、外部の人からかかってくる場合もあり、声のトーンを確立する必要があります。

新入社員研修の際に電話応対を学ぶのですが、「高めの声ではっきりと話すこと」と言われます。
しかし中には声のトーンが低い女性もいて、小鳥のさえずりの様な高い声が出せずに苦労しているものです。

実は声のトーンというのは、声の高い低いではなく声の「質」によるものです。
例えば同じ低い声でもにっこりと笑顔で「おはようございます」と挨拶をした時と、どんよりと暗い表情で「おはようございます」と言った時では相手が感じる印象が変わるものなのです。

笑顔を作りながら話すことで口角が上がり、表情筋が引き締められるので低い声でもピンと張った様に聴こえて、明るいトーンに聴こえるのです。
逆に無表情で話すと筋肉が緩んだままとなり、声が口の中にこもるので暗い感じのトーンとなります。

電話応対で声のトーンに苦労している女性は、受話器を少し話し気味にして、笑顔を作りながら話すと良いでしょう。
顔が見えない相手だとしても明るい気持ちで話せば、声のトーンが低くても感じの良い電話応対となります。
世の中人それぞれですので、企業の女性の電話応対の声が高すぎて話しにくいという人もいます。
落ち着いた声で丁寧に話す女性の方が良いと言う人もいますので、悩む必要はありません。

しかし実際に「明るいトーン」といってもイメージが掴みにくいものですので、一度ビジネスのボイトレを受けてみると良いでしょう。

ビジネス・ボイストレーニングコース
https://www.atono.co.jp/sp/business/index.html

では、それぞれのビジネスの目標に合わせた声の出し方を指導してくれます。
電話応対の声のトーンの作り方も教えて貰えますので、自信を持って受話器を取ることが出来る様になるでしょう。

「電話応対で声のトーンを高くするには」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールで、ビジネスで勝てる魅力的な声になりませんか?

プレゼンテーションや、会議、電話応対や、接客、懇親会のスピーチや、自己紹介等、ビジネスで声を出す場面は多岐にわたっています。

ボイストレーニングを受けることで、あなたの本当に魅力的な声を最大限引き出し、ビジネスで成功する美声に生まれ変わることができます。

ビジネス・ボイストレーニングコースを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!