作曲するなら持っておくと便利なアイテムをお知らせします!

g29

作曲をしてみたいけど、何から始めたらいいかわからない方がけっこういるんじゃないでしょうか?
そこで、これから作曲をしてみたいという方におすすめで便利なアイテムをお知らせしていきます!

・ICレコーダーなどの録音できるもの
これさえあれば、曲の半分を作ることができると言っても過言ではないほど大切なアイテムですね。
自分で作ったメロディーを録音して、曲のメロディを完成させてしまえば、後はメロディーに合ったコードをつけるだけでほぼ曲になります。
メロディーは思い思いに鼻歌でメロディーをつけるだけでいいのです。
録音できる機能があるものならスマホの録音機能でもなんでもかまいません。
ただし、持ち運べるものをおすすめしますね。
ふと思いついたメロディーをすぐにいつでもどこでも録音できるものがいいです。

・楽器
これも作曲で便利なアイテムですね。
メロディーが思いつかなくても、楽器を使ってコードを弾けるのであれば、コード進行を弾きながらメロディーを付けるほうが思いつきやすいこともあります。
楽器ならピアノやギターなどがおすすめですね。
ピアノなら持ち運びやすいキーボードタイプのものもありますし、ギターもアコギなら軽くて持ち運びやすいです。
楽器の腕に自信のある方なら、楽器で曲の伴奏をつけることもできますね。

・DTMソフト
DTMとは、デスクトップミュージックと言って、簡単に言うとパソコンで曲を作れてしまう音楽制作のためのソフトです。
ちょっとした作曲のルールやソフトの使い方を覚えれば、楽器の弾けない方でも曲を簡単に作ることができるんですね。
ほとんどの作曲家の方が導入しているほど便利なアイテムです。
なぜなら、ソフトによっては、一つのソフトだけで曲を作るのに必要な楽器の音がほとんどが収録されています。
つまり、パソコンとDTMソフトがあれば、メロディーだけではなく、さまざまな楽器の伴奏が入ったクオリティの高い曲を完成させてしまうことができてしまうんです。
楽器が苦手な方にはとてもおすすめなアイテムです。

いかがでしたか?
道具をそろえてみると作曲もはかどりますよ。

ちなみにATOボーカルスクールには『作詞・作曲教室』という教室があります。
作詞・作曲が初めての方でも、基本から丁寧に教えていくのでとても安心して学ぶことができます。
詳細が気になった方は下記のアドレスのページをご覧ください。

https://www.atono.co.jp/music/

「作曲するなら持っておくと便利なアイテムをお知らせします!」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!