作曲はきちんとした基礎を身に付ける事で幅が広がります

オーディション

作曲というのはとくに決まりがあるわけではありません。
自分で良いと思うものが正解であり、自分が良ければ他人がなんと言おうが関係ありません。
ですがそれは趣味レベルでの話です。

より多くの人に自分の曲を聴いて貰いたい、ちゃんとしたプロレベルの曲が作りたいとなったらきちんと曲作りを学ぶ必要があります。

音楽理論などは本屋さんでもたくさんの本が売られており、バンド経験がある、楽器経験がある人はそれらを購入して独学で学べば何とかなると思いがちですが実際はそう簡単にはいきません。

では音楽大学のようなところへ行かなければきちんとした曲を作る事は出来ないのかと言われればそんな事はありません。
きちんとした作曲を学ぶ為のスクールが最近ではあります。

ATOボーカルスクールの作詞・作曲教室( https://www.atono.co.jp/music/ )がその作曲をきちんと学ぶ為のスクールです。
作曲は個人指導で月四回の授業になります。
個人指導ですので本格的にプロとして作曲を学びたい人はもちろんの事、これから作曲を始めたい、一から学びたいなんて人にもお薦めのスクールです。

まずはこういった場所できちんとした基礎を身に付けるのが作曲には重要です。
センスのみで誰もが認めるような素晴らしい曲を作る人もいますが、そういった人は例外です。
滅多にいないといって良いでしょう。
ですのでまずは高いレベルでの基礎をこういった専門のスクールで身に付けるようにするのが良い曲を作る第一歩です。

基礎が身に付いたら次は応用なのですが、これも経験者に教わるのが最適です。
ATOボーカルスクールの作詞・作曲教室の講師は多くの有名歌手へ楽曲を提供しています。
つまり経験豊富だという事です。
そういった経験豊富な人から学ぶ事でより実践的でより役に立つものを得る事が出来ます。
自分一人でそういったものを得ようと思ったらかなり時間がかかりますので、これは非常に貴重な事です。

さらにATOボーカルスクールの作詞・作曲教室では毎月有名アーティストのコンペに参加する事が出来ます。
作曲コンペに参加する事は作曲を学ぶモチベーションにも繋がります。
採用されるという目標を持つ事でレベルの高い曲を作ろうという向上心にも繋がり必ず自分の為になります。

一番最初に書いたとおり作曲に正解はありません。
ですが、きちんと曲作りを学ぶ事で楽曲の幅はとても広がります。
良い曲を作ろうと思ったらきちんとした基礎を身に付ける、大切な事だと思います。

「作曲はきちんとした基礎を身に付ける事で幅が広がります」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!