歌詞の書き方は人それぞれだけど

Result_757591_12710274_1127665_7516913

歌詞の書き方というのは、これが絶対に正しいというのはありません。
するすると浮かんできてあまり苦労しないという人もいますし、頭を必死に振り絞って書くという人もいます。

苦労するときもあればしないときもあるという人もいます。
ですがどのみち、自分の言葉というものがなければ歌詞を書くのは難しいです。
どのくらいの単語を知っているかというのも大事ですし、比喩にしたってセンスが無ければ大変なことになります。

きっと、こんな世界を言葉にしたいというのは多かれ少なかれ存在するでしょう。
ですが、それをどのくらい自分の思い通りにアウトプット出来るのかは人によって全く違います。
ほぼ完璧に近いくらいアウトプット出来る人もいれば、数%しか出来ないという人もいるでしょう。
そんな人にお勧めしたいのは、活字を読むことです。

小説なんか良いでしょう。
とにかく、色んな言葉をインプットするしかないのです。
そして、頭の中の引き出しを常に開けられる状態にしておかないと意味がありません。
慣れてくれば、こんなことを表現したいからあの言葉を使おうというのが自然と分かるようになります。

ではどのように慣れればいいのかというと、歌詞を書く練習をするのです。
テーマや絶対に使う言葉などを決めて、そこから世界を広げていくのです。
おそらく大変だと思います。
ですので、最初は数行程度でいいと思います。
慣れてきたら徐々に長い歌詞を書くというかんじにしていけば、少しずつではありますが慣れます。

音楽を聴きながら書くとのっていけるかもしれません。
あとは、自分の好きな作品をイメージして書くと書きやすいかもしれません。
とにかく、ゼロからではなく、何かモチーフを決めた状態で書くと良いでしょう。

もちろんどのように慣れていくかは人それぞれです。
ただ最初は、自分に合った方法を見つけるために色々試してみたほうがいいと思います。
そのほうが、自分により合うものを見つけられます。

「歌詞の書き方は人それぞれだけど」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!