「歌手のオーディションの受け方」

555

「歌手のオーディションの受け方」
このページにたどり着いたあなたが、

もしかしたら歌手になりたい人かもしれません。

 

そして、なんらかの歌手オーディションを

受けようと思っているかもしれません。

 

そんなあなたに向けて、

今回は歌手オーディションの

正しい受け方について

簡単にまとめてみようと思います。

 

結論から申し上げると、

歌手オーディションの正しい受け方には

3つのポイントがあります!

 

【1 オーディションの目的をしっかりチェックすること】

【2 審査員にも好みがあることをしること】

【3 礼儀正しくすること】

 

歌手のオーディションと一口にいっても

様々な目的があります。

 

歌手デビューできる

金の卵を探すための

タレント事務所のオーディション。

 

バッキングボーカルなど

スタジオワーク、ライブワーク

のできる実力者を

探しだすためのオーディション。

 

バンドのボーカルを見つけるための

人選オーディション。

 

大小様々な規模があるかと思いますが、

それぞれに目的があります。

 

そもそもこれを間違えると

まずオーディションに受かることはありません。

 

もっというと、

目的がズレているのに、

オーディションに受かってしまうと、

その後が大変です。

 

なので、何の目的を持って

そのオーディションが開催されているのか?

まずは、しっかりチェックしましょう。

 

そして、その目的が

あなたのやりたい方向と

しっかり一致しているならば、

初めてオーディションに申し込みましょう。

 

これを確認せずに、

手辺り次第に応募しても、

いい結果は出ませんよ!

 

そして、

審査員にも好みがあることを知りましょう。

 

もっと核心の部分をお伝えするならば、

【オーディションに落ちても

あなたの歌全部が否定された訳ではない!】

という事実を知ることが大事です。

 

よく、たった1,2回のオーディションに

落ちてしまっただけで、

自信を失ってしまう人がいます。

 

でも、審査員も人間。

 

それぞれに好みがあり、

そのオーディションの目的と照らし合わせて

その人なりの色眼鏡で、

あなたの歌を聞いています。

 

なので、あるオーディションの落ちたとしても、

それはたまたまそのオーディション審査員の

耳には馴染まなかっただけ。

 

むしろ、客観的な意見がきけたら

修正できるのでラッキー!

くらいの大きな気持ちで

受け止めることが大事です。

 

あなたが強く歌手を希望すればするほど

必ずどこかにあなたの歌を欲している人がいます。

 

めげずに、オーディションを受け続けましょう!

 

そして最後のアドバイス。

 

絶対に礼儀正しくしましょう!

 

これは受かりやすくなるという面もありますが、

それ以上に、受かってからのことを考えて

絶対にやっておいた方がいいです!

 

なぜなら、プロの歌手になれる人は

ほんの一握り。

 

ということは、その周りのスタッフというのも

ある程度人数が限られてきます。

 

そんな意外と少ない人数で

出来上がっている業界で、

礼儀正しくない人は、

すぐにハジかれてしまいます!

 

履歴書の書き方から始まって、

オーディションの最中、

そして、結果いかんに関わらず、

そこで出会った全てのスタッフに

礼儀正しく接することは、

必ずあとであなたを助ける日がきます。

 

まとめます!

 

オーディションの受け方の3つの基本!

 

【1 オーディションの目的をしっかりチェックすること】

【2 審査員にも好みがあることをしること】

【3 礼儀正しくすること】

 

是非参考にしてみてください。

 

「「歌手のオーディションの受け方」」は、いかがでしたか?

歌手になりたいなら、 ATOボーカルスクールへ!

ボイストレーニング、歌唱指導はもちろん、歌手になる全てを学べます!

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!