簡単にできる高音の出し方を試してみませんか?

s8

カラオケや歌のテストなどで、1番の悩みと言えば高音が出ないこと、という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。高音を美しく伸びやかに出せる人って憧れますし、聴いていても気持ちいいものですよね。

高音を出すためには、腹式呼吸をマスターしたり、ボイストレーニングを学ぶのが1番いい方法ですが、まずはちょっとしたコツや方法で高音が出せるかもしれない、高音の出し方の方法をいくつかご紹介してみたいと思います。

ただ、ある人にとってはためになる方法でも、他の人にとってはあまり意味のない方法、ということもあります。無理矢理高音を出そうとして喉をつぶしたりしないように、気軽にほどほどに高音の出し方の練習をするようにしてください。

私も高音に憧れて、カラオケでしょっぱなから高い歌を無理に歌って喉をつぶしてしまい、その後は喉をかばいながらガラガラ声で歌を歌って、全然気持ちよくない、なんて経験もよくあります。
人には、高音を出せるその人なりの限界があります。まずは、突然高音を出すのでなく、ハミングで高音を出してみましょう。ハミングで出せる限界がその人の限界になります。ただ、訓練しだいで音域を広げることは可能なので、まずは無理をせずに行うことが重要ですが、基礎から学んで高音を出せるようになるといいですね。

さて、簡単にできる高音の出し方ですが、まずは高音を出す時の姿勢が大切です。高音を出す時は無理に出そうとして苦しくなるうちに顎を上げていってしまう方が多いようです。しかし、高音を出すには、それとは反対に顎を引いた姿勢が出しやすいのです。

顎を引いて、背筋を伸ばし、腹筋に力をこめます。この姿勢を保つだけでも、随分楽に高音が出せるようになります。そして、口は大きく開けるようにしましょう。口角を上げて口を横に広げてみてください。

そして、口をめいっぱい広げて大きくするというよりは、口の中を広げるような感覚、あくびをする時に口の中を広げるような感じで喉を広げましょう。喉が広がると、高音が出やすくなります。姿勢と口の開け方に注意して、無理をせずに高音を出してみてくださいね。

次に、声の出し方ですが、喉から出すのではなく、鼻から出すように意識してみてください。鼻歌を歌ってみて、そのまま口を開けて歌ってみると感覚がつかめると思います。喉を傷めない高音の出し方なので、練習にも最適です。

そして、歌で高音を出すためには、普段から高い声で話すように意識しましょう。普段から低い声でしゃべっていると高音が出にくくなってしまいます。高音を意識して生活したいですね。いずれの方法にしても、まずは気軽にお試しください。

「簡単にできる高音の出し方を試してみませんか?」は、いかがでしたか?

ボイトレなら、どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するATOボーカルスクールへ!

ATOボーカルスクールだから、歌が上達する。

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!