歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ
歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ

プレゼンテーションでの話し方をマスター苦手を克服しよう

111

会社勤めの社会人にとって嫌でも避けることができないのが「人前で喋ること」です。

元来喋ることを得意としていない日本人にはプレゼンテーションを苦手としているかたが少なくないでしょう。

何を喋っていいのかわからない、そもそも話し方がわからない、そう悩んで準備段階から胃を痛めているかたが多いはずです。話し方で何よりも大切なのは、人に理解してもらうことにあります。

説得力云々よりも内容を判ってもらう、伝わりやすい順番で話す、というのが基本中の基本です。ATOボーカルスクールの「ビジネス・ボイストレーニングコース(https://www.atono.co.jp/sp/business/index.html)」ではこうしたビジネスシーンで喋る力を鍛えるレッスンを受けることができます。

たとえばプレゼンテーションのポイントにはいくつかありますが、起承転結で構成するのではなく結論を最初に持ってくる喋りかたをすること、最初に結果を出してからその理由を説明していく方法が良しとされています。結論は最後に持っていきがちですから意識改革が必要ですし、結論ありきの説明方法も覚えていかなければなりません。

また、プレゼンテーション下手な人は伝えたいことを選びきれずに余計なことを話してしまうということも多く、話題の取捨選択力も鍛えなければなりません。それに長い説明は聞いている人の頭を混乱させてしまいますから、一文を短くする練習も必要でしょうし、話題にメリハリを付けて重要ポイントを強く印象付けることができればプレゼンはうまくいきやすくなります。

話の組み立てかた以外にもプレゼンテーションの基本となる話のスピード、間の取り方などを、ビジネス・ボイストレーニングコースで取得することが可能です。身振り手振りを織り交ぜて説得力を増させる手法なども教えてもらうことができます。

普段苦手と思いながらも騙し騙し行ってきたプレゼンテーションでの話し方を、スクールで一から学んでみてはいかがでしょう。欧米では当たり前のようにビジネスマンが研修を受けているものです。少しでも自信が持てるようになったら仕事が有利に運べるようになるでしょうし、決して損はないはずです。

「プレゼンテーションでの話し方をマスター苦手を克服しよう」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールビジネス・ボイストレーニングコースなら、ビジネスで勝てる魅力的な声になります

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!