ゴスペルを歌うときの発音をよくしたいなら

赤坂ゴスペル

ゴスペルは英語で歌うことがほとんどですので、英語の発音がうまくできるようになると、
かっこよく歌うことができるようになります。
そこで今回は、ゴスペルを歌うときの発音をよくする方法をご紹介していきますので、
これからゴスペルを楽しんでみたい方はぜひ参考にしてみてください。

・Aの発音
「A」の発音はみなさんはご存知ですか?
そのくらい知っているという方もいらっしゃると思います。
例えば「accent」の場合、カタカナで「アクセント」と表記しますよね?
このまま発音すればいいのでは?と思う方がほとんどですが、
日本語のカタカナ表記と実際の英語の発音ではだいぶ違うことを知っていると思います。
英語の発音では「ェアクセントゥ」と表記したほうが英語の発音に近いです。
最初の「a」が「ェア」のように、「エ」と「ア」を混ぜたような発音をします。
「エア」と発音するのではなく、「ェア」と素早く発音するほうがネイティブっぽくなりますね。

・Iの発音
例えば「singer」の場合、「シンガー」とカタカナで表記するのが一般的ですが、
これも、このまま発音しては正しい発音ではありませんね。
この場合は極端に書くと「センガー」のほうが近いです。
母音の「イ」は「エ」のほうが近い発音です。
なので、「I」を発音するときは「イ」と「エ」混ぜて「エ」に近いように発音してみるとネイティブの発音っぽくなります。

いかがでしたか?
カタカナで表す英語と、本来の英語の発音が違うことがおわかり頂けたかと思います。
英語を聴き取るときは、正しい発音を覚えたり、ネイティブの発音を聴いたまま発声してみると英語っぽく歌うことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

ATOボーカルスクールの『ゴスペル教室』では英語の発音が難しいという方でも楽しくレッスンしていきますので、ぜひチェックしてみてください。
体験レッスン(約40分間)を1回無料で受け付けておりますので、お気軽にご参加くださいね!

https://www.atono.co.jp/gospel/

「ゴスペルを歌うときの発音をよくしたいなら」は、いかがでしたか?

ATOゴスペル教室で、みんなで楽しく歌いませんか?

東京で最大規模のゴスペル教室

仲間が出来てみんなで楽しく歌える

ATOゴスペル教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!