魅力的な歌詞を書けるようになるちょっとした作詞テクニックをご紹介!

Result_757591_12710274_1127665_7516913

作詞1曲完成させたけど、自分の作った歌詞が、あまりいい歌詞に思えない方もいらっしゃると思います。
また、友達に見せても、期待するような反応が得られないこともありますね。
そこで、魅力的な歌詞を書けるようになるちょっとしたテクニックをご紹介していきますので、
ぜひ試してみてください。

・タイトルから作る
みなさんは新しい楽曲や本などを選ぶとき、どうやって決めますか?
楽曲なら実際に視聴して気にいった曲を選んだり、本も立ち読みして内容をちらっと見てから決めることが多いですよね?
そんなとき、一番最初に目に入るものといえば、曲のタイトルですね。
そこで、魅力的なタイトルをつけると、手に取ってもらいやすくなります。
くすっと笑えるおもしろいタイトルや、どういう意味か疑問に思うタイトルをつけてみると、
見る人を惹きつけることができますので、タイトルから考えてみるといいですね。

・インパクトのある歌い出し
タイトルの次に、歌詞について入ってくる情報といえば、歌詞の歌い出しですよね?
この歌い出しのフレーズで、魅力的な歌詞を書けば、聴く人をより惹きつけることができるようになります。
有名な小説でも、書き出しの言葉を覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのくらい、書き出しのインパクトは重要です。
歌い出しの歌詞はなるべくインパクトがあるものにしてみましょう。

・サビは耳に残るように何度も繰り返す
既存の歌詞でも、サビを何度も繰り返すものが多いですよね?
何度も繰り返すことで、覚えやすいことはもちろん、サビのフレーズをより印象付けることができます。
みなさんも楽曲のサビだけはよく覚えていることがあると思います。
そこで、サビは何度も繰り返すような歌詞にしてみるといいですね。

いかがでしたか?
上記のようなテクニックを使ってみると、より魅力的な歌詞を書けるようになります。

作詞を学んでみたい!という方は、ATOボーカルスクールの『作詞1曲完成コース』おすすめです。

https://www.atono.co.jp/sp/writer/

「魅力的な歌詞を書けるようになるちょっとした作詞テクニックをご紹介!」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!