カラオケ上達のため曲を聴くときに心がけること

紅白_珍事件

カラオケでの上達を目指すのなら、歌いたい曲を聴くときにただボーッと聴いていたのではいけませんね。ではどうに聴いたら良いのかというと、それを歌っている歌手がどんな風に歌っているのかを気をつけながら聴くと良いです。

 プロの歌手はただ上手いだけではなく独特の歌い方をしていることが多いので、それを真似しようとしたとしても難しいかもしれません。しかし、どんな風に歌っているのかを少しでも気をつけて聴いていれば、その曲の奥深さというものが伝わってきます。そして、それがわかったのなら歌い方に反映できるように心がけていきましょう。

 そうするとカラオケでいざ歌うときの心の持ちようが変わってきますので、結果的に上達しやすくなります。最初はその歌手の真似っぽくなってしまうかもしれませんが、繰り返し歌っていればその内独自の歌い回しができるようになります。

 また、とてもスタンダードなことですが、メロディーを頭にしっかりと叩き込むことも聴くときに心がけたいことです。メロディーが頭の中に入っていればカラオケのときに「次はどんなメロディーになるんだっけ」と戸惑わなくて済みますので、そうならないよう正確に記憶しておかなければなりませんね。

 特に1番2番が終わってその後はメロディーが変わったりしますので、そこで上手く対応できれば気持ち良く最後までいけますね。それを何度もリピートして歌っていけば自然と上達していくのは間違いなく、メロディーの記憶だけは欠かさないようにしておきたいです。

 後はある程度自信を持てるようになったら、人前で披露する度胸をつけるとさらにその自信が深まっていきます。一人で練習を重ねたとしてもそれはプレッシャーがないからこそのびのび歌えるということもありますので、人前で披露するとさらにカラオケは上達しやすくなります。思い切り歌うのはそれなりに恥ずかしいのかもしれませんが、そこを乗り越えればもっと上達できるでしょう。

「カラオケ上達のため曲を聴くときに心がけること」は、いかがでしたか?

カラオケ大学で、カラオケの悩みをすべて解決します!

カラオケの悩みをすべて解決!

いつでも、どこでも、カラオケ上達♪

カラオケ大学を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!