弾き語りの防音対策って?

s18

ギターやピアノなど、楽器で弾き語りするときに一番困るのは防音対策ですよね?
自宅で練習したいけど、家族にうるさがれたり、アパート住まいなら隣の方から苦情が……なんてことになってしまっては、練習すらできません。

そこで今回は、弾き語りするときの防音対策についてご紹介していきますので、防音対策で困っている方は参考にしてみてください。

・車の中で演奏する
車を持っている方や運転できる方限定の方法ですが、車はもともと走っているときの騒音などが聴こえないように作られています。
外からの音が小さくなるということは、中からの音も小さくなります。
そこで、車の中で弾き語りをすることをおすすめします。
車でドライブがてら、どこか周りに建物がない広い空き地や駐車場に車をとめて弾き語りしてみてください。
こうすることで、車が移動式の防音室に早変わりします。

・防音室
自宅に防音室を作ってしまえば、いつでもお気軽に弾き語りの練習ができるようになります。
今や、お手頃な値段の防音室がたくさんあります。
短時間で簡単に組み立てられるものから、自宅でドラムの練習ができるほどしっかりした防音室もありますし、お金に余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか?

・音楽スタジオ
車はないし、防音室を買うほど余裕がない、という方は、音楽スタジオを利用してみるといいですね。
バンドの練習に使われるイメージが多いですが、もちろん個人で弾き語りの練習も大丈夫です。
マイクや、ギターアンプまでお気軽に利用することができます。
1時間の利用で500円くらいのところもあるので、ぜひ利用してみてください。

どうでしょうか?
カラオケ店に楽器を持ち込んで、弾き語りを楽しんでみるのもいいですね。

弾き語りができるようになりたい!そんな方には、ATOボーカルスクールの『ピアノ・ギター・ウクレレ弾き語りコース』がおすすめですよ!

https://www.atono.co.jp/sp/player/

「弾き語りの防音対策って?」は、いかがでしたか?

恵比寿で習い事なら、ATOボーカルスクールへ!

ATOボーカルスクールだから、歌が上達する。

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!