ギター教室の選び方のポイントとは?

s4

ギター教室を選ぶときには、どういったところに入れば良いのでしょうか?ギター教室といっても、いろいろな教室があるはずです。

大きく分けると、規模の大きさがまず違い、生徒が非常に多く、講師の数も多いところがあります。それとは対照的に講師は1人とかで、生徒数も少ないところもあるのです。どちらが良いか?というと、規模が大きなところは教え方のノウハウが確立されており、それだけ上達しやすい状況にあるかと思いますが、生徒数が多いので、1人あたりに割ける時間は少ないと思います。

しかし、規模の小さいところは1人あたりに割ける時間は多いですが、教え方が上手いか?どうかはちょっと分かりません。

上手い場合もあれば、そうじゃない場合もあると思うので、これは入ってみないと分からない部分になると思います。

ただ、規模が小さいところでも、教える方はある程度うまいはずですから、長い時間をかけて教わればちゃんと上達はしていくと思いますよ。規模の大きいところは、音楽教室の中の1つの講座としてギター教室を開いている傾向にあり、規模が小さいところは、近所に住んでいる人たちを対象に、自宅とかどこか部屋を借りて、教えている傾向にあると思います。そういった雰囲気の違いがあります。

規模が大きなところは結構宣伝とかもしているので、多くの受講生が集まってきて、そこで友達とかもできたり、結構大人数で賑やかに一緒に学ぶような環境だと思います。

しかし、規模が小さいところは、宣伝とかはほとんどしていないというか、ホームページとかもない場合が多く、集まってくる人たちは少数なので、本当にギターを教えてもらうためだけに通うといった感じになると思います。

そういう違いも間違いなくあると思うので、そういった点を踏まえて、トータルでどちらがより良いのか?考えてみましょう。どちらを選んでも、少なからずギターは上達すると思いますから、好みで選んでもらっても問題ないと思います。

「ギター教室の選び方のポイントとは?」は、いかがでしたか?

恵比寿で習い事なら、ATOボーカルスクールへ!

ATOボーカルスクールだから、歌が上達する。

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!