作詞1曲完成させたいけど何を書いたらいいかわからない

オーディション

毎日歌詞を作ろう!
そう決意しても、何を書いたらいいかわかりませんよね?
気づいたら時間だけが過ぎてしまったなんてこともあります。
そんな失敗談をまとめてみましたので反面教師として参考にしてみてください。

・何を書いたらいいかわからない
さきほども書いた通り、何を書いたらいいかわからないというのがけっこうありますね。
ラブソングのような歌詞を書けるほど恋愛をたくさんしてたわけではありませんし、妄想で書くほど想像力がありません。
アツい応援歌のような聴いている人に元気を与えられるほど、自分自身が元気ではなかったり、自分には経験があまりないから書けないのではと悩んでいました。
実際の体験談を通して歌詞を書くようにするとすんなり書けるようになるかもしれません。

・読み返したら……
勢いで書いてしまっても、後で読み返したら「あの曲の歌詞じゃん!」とひどく落ち込んでしまうことがあります。
無意識のうちに歌詞をパクってしまうというやつですね。

・アイディアばかりで形にならない
ひたすらアイディアばかり書き溜めて、歌詞を完成させることができなかったなんてこともありました。
確かにアイディアをため込むのもいいですが、どんどん消化していかないとアイディアの新鮮さを失ってしまいます。
思いついたアイディアはさっさと使ってしまうほうがいいでしょう。

・理解されない
友達に見せても「意味が分からない」と理解してもらえなかったり、やりきれない毎日を過ごしています。
自分の中ではすばらしい歌詞だと思っても他人が見たらあまり大したことのない歌詞に見えるようです。
自分のためだけに書いているので、だれかのために書くようにすると理解されやすいかもしれません。

ATOボーカルスクールの『作詞1曲完成コース』では作詞でお困りの方でもレッスンの期間内に1曲完成させることができます。
気になる方は下記のアドレスから詳細をご確認ください。

https://www.atono.co.jp/sp/writer/

「作詞1曲完成させたいけど何を書いたらいいかわからない」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!