作詞1曲完成させるために気を付けたいことをご紹介します

Result_757591_12710274_1127665_7516913

作詞に正解はない、とよく言われますね。
歌詞にはいろいろな歌詞があるように、言葉の表現方法も多種多様です。
例えばラブソングと言っても、初恋の想いをつづった歌詞もあれば、恋人と別れるときの情景を表現した失恋ソングと呼ばれる歌詞もあります。

このように、言葉を自由に使って表現することができるのが作詞ですね。
しかし、いくら自由に言葉を使っていい、正解はないとしても、あまり書かないほういいこともあります。
私たちは基本的に言葉を自由に発することができますが、自由すぎるのもよくないものですね。

自由だからと言って、周りの人の悪口ばかりを言っていたら、周りの人はもちろん嫌がるでしょうし、そのときだけスッキリしたとしても、悪口を行ってしまった自分を後悔して、自分にもよくないですね。
作詞でも同じことです。

歌詞を公開しないのであれば、大丈夫ですが、歌詞を公開するのではあれば、いろいろなことに気を付けなければなりませんね。
既存の歌詞のコピーでは、盗作になってしまいますし、自分勝手な思想を押し通すような歌詞も、一般の人には受けいれがたいものがあります。

作詞に正解はないとしても、歌詞を公開するからには、自分以外のだれかを喜ばせたいと考えながら歌詞を書くだけで、より歌詞の内容や、自分が伝えたいことが伝わりやすくなります。
『ルールは破ってもいいけど、マナーは守ろう』という言葉のように、作詞のルールは破ってもいいですが、マナーだけは守るようにすると、いい歌詞ができるかもしれません。

どうしても作詞1曲完成できない、という方は、作詞を学べる教室に通うことをおすすめします。
ATOボーカルスクールにも『作詞1曲完成コース』という、作詞を学べるレッスンがあります。
このコースでは作詞1曲完成できたり、コンペに参加できる作詞の技術を学ぶこともできます。

https://www.atono.co.jp/sp/writer/

「作詞1曲完成させるために気を付けたいことをご紹介します」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!