シンガーソングライターになるにはどんな活動が必要なのか

s22

シンガーソングライターというのは、自分で作詞・作曲をして、作った楽曲を自分で歌うことができれば、シンガーソングライターを名乗ることもできますね。
しかし、職業として考えると、やはりシンガーソングライターとしてお金を稼ぐことができないと認められないのが普通です。
そこで、シンガーソングライターになるには、どんな活動が必要なのか、いろいろな方法をご紹介していきましょう。

・オーディションに参加する
歌手のオーディションだけではなく、シンガーソングライターのオーディションもありますね。
オーディションに参加して、審査を通過し、審査員の前で自分の曲を披露することになります。
伴奏の入った音源をかけながら歌ったり、楽器ができるなら、楽器で弾き語りしながら自分の作った曲を歌うこともあります。
しかし、シンガーソングライターというのも、歌手のオーディションと同様に厳しいものですね。
競争率が激しいため、何度もオーディションに参加することになるかもしれません。

・ライブ活動
今も昔も、街中で弾き語りをしたり、ライブハウスに出演してライブ活動というのもシンガーソングライターになるための活動ですね。
地道に活動していけばファンがついたり、ライブを見に来ていたレコード会社の関係者の目に留まるなんてことも大いにあります。

・ネットに作品を公表する
ライブ活動と合わせて、ネットに作品を公表してみるのも一つの方法です。
動画サイトに音源やライブ映像をアップすれば、世界中の方に見てもらう機会が増えますね。

・レコード会社に売り込む
レコード会社に自分の作った曲を売り込むというのもいいですね。
会社のホームページには作詞家・作曲家の募集も行っているところがあるので、それを見て応募してみるとよいでしょう。

シンガーソングライターとして基礎から学んで実力をつけたいという方は、ATOボーカルスクールの『シンガーソングライターコース』をご紹介します。
このコースではシンガーソングライターに必要なレッスンを受けることができるので、シンガーソングライターとして活動したい方にはとても役立つレッスンがたくさんあります。

https://www.atono.co.jp/sp/singer/

「シンガーソングライターになるにはどんな活動が必要なのか」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールなら、オリジナル曲が完成してレコーディングもできます

ボイストレーニング、歌唱指導はもちろん、作詞・作曲の基本的なルールを学び、世界に一つだけのオリジナル曲を作ります。

シンガーソングライターになりたい!シンガーソングライターになるには?とお考えのあなた。 ATOボーカルスクールなら実現できます。

シンガーソングライターコースを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!