伝わる歌を作るために作詞1曲完成を目指す最短ルート

シンガー

歌を作りたいという理由は人それぞれだと思いますし、歌い手によって書く歌詞の内容や書き方も全く違います。

また作曲方法も全く違うのは当たり前なのですが、絶対に覚えておかなくてはいけないのは作曲と作詞のテクニックです。

理論などいらないんだ。とロックな事をいう方も実は理論をしっかりと把握した上で理論の崩し方を理解しているからこそ言える台詞なのであって、初めから全く基礎がないまま作った曲はどうしても、聞く人にとってとても「聞きづらい曲」になってしまう事がとても多く才能のある子であってもとても残念だなと感じてしまいます。

作詞・作曲教室https://www.atono.co.jp/music/ではそのような事がないように現役の作詞家・作曲家の講師陣から指導を受ける事ができます。

くどくならない、伝えたい事がしっかりと伝わる、そして何よりも「ダサくならない」そんな歌詞の書き方を学ぶ事ができ、作曲に関してもちょっとしたテクニックや理論の応用で幅広いジャンルに対応できる、あなたの作曲の手助けをしてくれる沢山のテクニックを学ぶ事ができます。

作詞作曲の基礎はロックであってもポップス、ジャズ、メタル。クラシック、どんなジャンルにおいても同じです。だからこそ基礎はしっかりと押さえておく必要があり、その知識が他の人との差につながるんです。

まだそんな難しい事はわからないという人も安心してください、どんなスターや売れっ子アーティストも初心者から始めて今の姿があるんです。あなたもまずは作詞1曲完成を目指して頑張っていきましょう。

コード3つだけで出来ている曲も世界中には山ほどありますし、歌詞も自分の伝えたい事を書くだけでいいんです。

テンションの付け方、コードの成り立ち、日本語、英語の歌詞の使い方。そういった事はまずは考えずに楽しく曲を作るのが大切です。

そこから先は講師陣があなたの表現したい世界観をしっかりと表現できるように教えていきますので、一緒に最高の作品を作り上げていきましょう。

「伝わる歌を作るために作詞1曲完成を目指す最短ルート」は、いかがでしたか?

ATO作詞作曲教室で、基礎からきっちり学びませんか?

基礎からきっちり学べる作詞作曲スクール

プロの作詞家と作曲家が指導、 コンペに毎月参加できるように

ATO作詞作曲教室を見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!