歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ
歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ

カラオケでの音域が狭いことによる音痴の克服方法

Result_745160_12524102_1116902_7395781

カラオケで上手く歌うことができないため、自分は音痴だと思いこんでいる人もいると思います。
音痴の原因はいろいろとあると思いますけど、1つは音域が狭いということがあるでしょう。
出さないといけない音が出ないため、上手く聴こえないということがあると思うのですが、そういったときには1つの音で音域を広げる練習をしていくと良いかもしれません。

それは例えば「あ」という音1つだけに集中してみて、その音でより高い音を出そうと練習をしていくということです。特に「あ」という音は、多くの曲の中で高い音域を必要とする箇所の末尾に使われている音になりますから、この「あ」で高い音が出せるようになれば、さらに響かせて長く持続させられるようになれば、大分状況が変わってくると思うのです。

いろいろな音でやってみてほしいですが、「あ」がまずは基本になるかもしれません。高い音を出すときには、首のや顔の向きとかを変えてみて、自分が高い音を出しやすいポジションのようなものを見つけていくと良いのではないでしょうか?

音痴を克服するための音域を広げていく方法としては、こういったものが例としてありますが、それ以外にももっと専門的な音域の広げ方の方法があるかもしれません。

ボイストレーニングを受ければ、そういった技術的な部分に関して、もっと改善が見られるかもしれないので、そういった教室に通ってみるのも良いのではないでしょうか?

例えば、ATOボーカルスクールの「音痴矯正コース(https://www.atono.co.jp/sp/onchi/index.html)」などを利用すると、音域を広げるのに必要な方法論を丁寧に教えてくれると思うので、音痴も大分改善する可能性があると思います。

お金をかけた方がより上達が早いこともあるので、自力でなんとかしようと思っても構いませんが、こういったところを利用する手もあるというのは、事前に知っておいた方が良いと思うのです。

「カラオケでの音域が狭いことによる音痴の克服方法」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールには音痴克服コースを始め、全23コースあります。

2018年10月より、歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学という新しいサービスも開始します。

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!