ボーカルオーディションで失敗しないためのコンディションの作り方。

シンガー

歌を歌う理由は人それぞれあると思います。

単純にカラオケがうまくなりたいという人から、人を感動させたい、歌でご飯を食べたい。
夢を追って歌を歌い続ける人も沢山います。
そんな人の夢の扉を開いてくれるのがボーカルオーディションをはじめとする多くのオーディションです。

誰もがそこでいい結果を出したいと思うのですが、本番で100%を出せたという人は多くありません。
緊張から声がうまく出ない、ピッチを外したかもしれない。
そういった不安は特にオーディション慣れしていない人には特に多くオーディション後にとても落ち込む原因になります。

ボーカルオーディションでいい結果をのこす人に共通するコンディションの整え方には共通点があり、オーディションに限らず、人前で歌を歌う機会がある際には誰もが参考になるポイントです。

それはまずメンタルを落ち着かせるために本番前は必ず自分なりのリラックス法があるというのが共通点で、例えばコーヒーを飲む、本を読む、歯を磨くという人もとても多く、彼らはリラックスしなければ喉がうまく開かないというのを知っているからこそ、自分の気持ちを落ち着かせるために時間をかけます。

そして、次に本番当日は練習は程々に、もしくは発声練習以外は全くしないという人も多くいます。今までの練習の成果が出るのが本番ですので、本番前に練習してもその練習の部分が気になりすぎていい結果がでないこともあるのと、喉を疲れさせないためにも本番前は発声練習程度でとどめるようにしているのです。

そして最後に本番のときの心構えが、思い切って歌う。という部分が共通しています。
それはピッチが外れたかも。歌詞を間違えたかも。そういった細かなところは気にせずにとにかく思い切り歌うということに全力を尽くします。

人の心に響くうたというのはピッチがどうこう歌唱力がどうこうではなく、やはり心がこもっているかどうかという部分がとても大きいんです。

ですので、細かいことは気にせずにとにかく思い切り歌うようにしましょう。
その為にもリラックス、発声練習、日頃の練習が必要になってくるんです。

ボーカルオーディションに挑む前や、ライブ前には是非参考にしていただきたいと思います。

「ボーカルオーディションで失敗しないためのコンディションの作り方。」は、いかがでしたか?

歌手になりたいなら、 ATOボーカルスクールへ!

ボイストレーニング、歌唱指導はもちろん、歌手になる全てを学べます!

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!