韓国歌手は母国語ではなくその国の言語で歌うことも多々ある

Result_745160_12557123_1032148_7414057

韓国の歌手が日本で活動しているということも決して珍しい時代ではなくなりましたが、彼らが日本で活動するときには、基本的に日本語で歌っている曲が多いです。

当然といえば、当然かもしれないです。

 

彼らは活動の拠点を日本においているケースも少なくないので、そこで韓国語で歌っても、全く共感を得られませんし、ファンも増えないでしょう。

韓国語を理解できる方は少ないですから。

 

アメリカなど欧米の歌手が日本で英語で歌っているのはよくありますが、それは別に日本を活動の拠点にしているわけでもないですし、そもそもの音楽自体がかなり進んでいてレベルが高いので、仮に言葉の意味が分からなくても、ファンはついてきます。

ただ、韓国の音楽業界は全体としてもそこまでまだレベルが高いとは思えませんし、国内だけでは市場が大きくないという事情もあると思います。

 

韓国歌手は国内だけでは利益にならないので、海外を拠点にしないといけないですし、音楽のレベルがそれほど高くなければ、理解できない韓国語で歌ってしまえば、なかなかファンもつかないです。

そういった事情から日本で活動する韓国歌手は主に日本語で曲を披露しているということになります。

したがって、今後韓国の音楽業界が進化して、質を上げていければ、韓国語で歌った曲が日本でもたくさん売れるかもしれませんし、韓国語でライブなどをしても、お客さんが大勢駆けつけるかもしれません。K-POPは日本でも浸透してきたとはいえ、日本の音楽の中では、一部を占めているに過ぎないので、まだまだ発展途上だと思います。

 

今後今とは違う韓国の音楽が見られるかもしれませんが、現在のところは韓国歌手というのは、売れるために活動をしている国の言語に合わせて歌わないといけないという事情を抱えているため、非常に大変だということは言えるのではないでしょか?

歌手としての活動といえども、営業をしているような状況にも似ているかもしれないですね。

「韓国歌手は母国語ではなくその国の言語で歌うことも多々ある」は、いかがでしたか?

歌が大好きなら、 ATOボーカルスクールへ!

ボーカル、ゴスペル、作詞作曲、歌が大好きな環境が揃っています

どんな目的にも、どんな悩みにも、360°対応するボーカルスクール

ATOボーカルスクールを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!