シンガーソングライターになるにはたくさんの曲を作って武器を増やすことが大切です

s4

歌で食べている人というと、職業的な括りとして「歌手」と纏められてしまいがちですが、同じ「歌手」であってもその種類は実にさまざまです。
バンドのボーカルや弾き語りをするアーティスト、そしてシンガーソングライターなど、「歌手」を目指している人でもなりたい歌手の形は人それぞれです。

シンガーソングライターは自分で歌を歌うこともできれば、その曲を自分で作って演奏もするというマルチな才能が必要になります。
シンガーソングライターになるには歌も演奏も作る曲のレベルもプロで通用するものにしなければならず、たくさんの努力が必要になりますが、一から自分で音楽を作り上げていく過程はとてもやりがいがあり、自分が歌で表現をしていきたい世界を思うままに作ることができる楽しさがあります。基礎をきちんと身につけてプロに挑戦する自信がついたら、できるだけたくさんのオリジナル曲を作って武器を増やしていきましょう。
この曲が駄目でもこっちの曲で、そうやってアピールできる曲が多ければ多いほど、自分の強みにすることができます。また、作った曲はどんどん発表をしていっていろいろな人に聴いてもらうことも重要です。
自分の歌に対して人々がどんな感想を持つのか、自分はどういった歌を求められているのかということもきちんと把握していないと、期待に応える作品を作っていくことができません。どうして自分がシンガーソングライターになりたいのかをよく考えて、人の心に響くような曲が作れるようになってください。

そしてレコード会社やプロダクションの目に留まるようにデモテープを作って送ったり、オーディションに参加をしましょう。曲をたくさん作ればそれだけ音楽業界のかたに見てもらう機会も増えます。自分の歌と曲に価値を見出して、商品として売りに出せると判断してくれる人が現れるまで、諦めずに活動を続けていくことが何よりも大切です。どんどん積極的に売り込んでいきましょう。

「シンガーソングライターになるにはたくさんの曲を作って武器を増やすことが大切です」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールなら、オリジナル曲が完成してレコーディングもできます

ボイストレーニング、歌唱指導はもちろん、作詞・作曲の基本的なルールを学び、世界に一つだけのオリジナル曲を作ります。

シンガーソングライターになりたい!シンガーソングライターになるには?とお考えのあなた。 ATOボーカルスクールなら実現できます。

シンガーソングライターコースを見る

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!