ウィスパーボイスの出し方

*

アーティストとして感情を豊かに表現できるウィスパーボイス。
憧れている方も多いのではないでしょうか。

今回はウィスパーボイスを知る!ウィスパーボイスを聴く!ウィスパーボイスを出す!の3つのテーマでわかりやすく解説していきます。

ぜひご一緒に、ウィスパーボイスの魅力を探っていきましょう。

ウイスパーボイスを知る!

ウィスパーボイスとは、ささやきに近い息漏れ声を指す言葉です。

様々なジャンルのアーティストが、独自の技術を駆使してウィスパーボイスで歌い、この技術のことをウィスパリング・テクニックと呼びます。発声的には、出来るだけ微量の息もれと、小さく声帯を振動させ、曲の表情や表現に合わせて、それぞれをバランス良く調整していきます。

ウィスパーボイスは、この絶妙なバランスで、スモーキーやシルキータッチな声が生み出され、音楽ファンから絶大な人気があります。

ウィスパーボイスを聴く!

歌の上達は完コピからと言われています。

まずは自分のこれだという理想のウィスパーボイスを見つけて、一緒に歌って録音して、様々なテクニックを習得していくことをお勧めします。

ここでは素敵なウィスパーボイスの歌手やアーテイストをご紹介します。是非ともじっくり聴いてあなたの理想を見つけてみてください。

ヴァネッサ・パラディ、カヒミ・カリィ、クレモンティーヌ、カーディガンズ、シャノン・ワイズ、他にもたくさんの素晴らしいウィスパーボイスアーティストを聴くことをおススメします。

ウィスパーボイスを出す!

ウィスパーボイスは、しっかりした発声法がなければ美しく響きません。

次の5つのポイントであなただけのウィスパーボイスを響かせてください。

①ストレッチ 肩甲骨と首回りをリラックスさせるストレッチをします。
②呼吸 鼻70%、口30%で息を限界までゆっくり吸い、背中を通って腰までゆっくりと息を入れます。
③声帯の振動 声帯への空気圧を弱めにし、微量の空気で声帯を振動させます。
④鼻腔共鳴 鼻腔に大きなホールがあることを創造してその方向に共鳴を集中させます。
⑤子音・母音 子音と母音の息の量やアクセントを変えてより個性を演出します。

録音しながら自分の納得した歌声になるまで、高音域から低音域までリラックスして声を出しましょう。

まとめ

ウィスパーボイスを知る!ウィスパーボイスを聴く!ウィスパーボイスを出す!
以上であなたの声がとっても魅力的になります。

ウイスパーボイスをマスターしませんか?

ATOボーカルスクールには、ウィスパーボイス・マスターコースがあります。

2ヶ月間で、魅力的なウィスパーボイスが出せるようになります。

ウィスパーボイスに挑戦してみたい方は、ぜひ無料体験レッスンへお越しください。

ウィスパーボイス・マスターコースの詳細はこちら

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!