歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ
歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学 - オンラインボイトレ

カラオケが音痴という方でも歌いやすい曲の特徴は?

g30

カラオケが得意じゃない、音痴だと自負している人もいると思いますが、それでもカラオケで上手く歌いたいと思っている人はいるでしょう。

カラオケが上手くなくても、曲の選び方次第では、上手く聴こえることもあるので、自分でも十分歌いこなすことができる曲を見つけていくことが、音痴の人のカラオケにおけるポイントになると思います。

カラオケが音痴な人というのは、サビに入ったときにその音の高さについていけないことがよくあると思います。

Aメロ、Bメロはなんとか歌えるんだけど、サビになるとどうもダメというか、必要な音の高さが出ないというパターンがよくあるのではないでしょうか?サビに入っても同じように上手く歌えるか?否か?で、カラオケが上手い人とそうじゃない人に分かれるような気がします。

すると、Aメロ、Bメロとサビの音の高さの違いがほとんどなく、そのままの流れで歌いやすい曲を選んで歌うと、最初から最後まで上手く歌えるのではないか?と思います。どういう曲がそれに当たるのか?というのは、自分で曲を聴いて判断していくことになると思いますけど、感覚的に分かると思います。

そういった方法で選曲をしていくということもできるのですが、それ以外にもボーカルスクールに通って、音痴を治すことを目指しながら、選曲のコツなどを教えてもらうことができると思います。特にATOボーカルスクールの「音痴矯正コース(https://www.atono.co.jp/sp/onchi/index.html)」はおすすめだと思います。

非常に歴史のある学校で、音痴自体を矯正していくことも可能ですし、音痴な人でも歌いやすい、歌いこなせる曲をたくさん知っていると思うので、そういった方向からもアドバイスを貰えるのではないでしょうか?こういった学校には同じような人がたくさん集まりやすいので、歌がうまくないことを不安に感じる必要はないですし、そういった点からもメリットが大きいと思います。

「カラオケが音痴という方でも歌いやすい曲の特徴は?」は、いかがでしたか?

ATOボーカルスクールには音痴克服コースを始め、全23コースあります。

2018年10月より、歌うま・歌手デビューを目指せるカラオケ大学という新しいサービスも開始します。

ATOボーカルスクールなら
"ぴったり"が見つかる!