【共鳴発声法とは】ベルカントを応用した共鳴トレーニングの発声法

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

私はプロのボイストレーナーとして、25年間で1万人以上の歌唱指導(ボイトレ)をしてきました。

今回は、共鳴発声法について、より深く解説していきたいと思います。

声を出している、歌ってるのに、声が通らない、声が響かない。

これは、共鳴発声法が出来ていない可能性が多いです。

発声する時には、必ず適切な共鳴が必要です。

共鳴発声法をしっかりと学んで、通る声、響く声をつくりましょう。

今まで、25年間たくさんの生徒さんに、教えてきたノウハウを集結して、じっくりと倍音を解説していきます。

今回のタイトルは、【共鳴発声法とは】ベルカントを応用した共鳴トレーニングの発声法です。

  • 共鳴発声法とは何かを知りたい
  • ベルカントとは何かを知りたい
  • 共鳴トレーニングの発声法を知りたい

1.共鳴発声法とは

共鳴発声法とは、歌うように声を共鳴させて、発声する方法です。

なぜなら、歌う時の共鳴は、とても美しく理想的で、それ以外に声を出す時にも、この歌う時の共鳴で発声すると、通る声、響く声を取得できるからです。

皆さん、普段声を出す時にどのような事を考えていますでしょうか。

恐らく、何も考えていないのではないでしょうか。

話す内容のことは考えていると思います。

ですが、それ以外は、何も考えなくても発声は出来ると思います。

自分の声、相手にどのように聴こえているか、ご存知でしょうか。

ヘアスタイルや、服装には気を使っていますが、自分の声に関しては、無頓着な人がほとんどだと思います。

私に言わせると、ヘアスタイルや服装よりも、そして話す内容よりも、声が最も重要と考えます。

なぜなら、声によって、外見よりも、内容よりも、もっと多くの人の心を動かす、言葉を伝えることが出来るからです。

例えば、好きなアーティストや役者さんで考えてみましょう。

見た目よりも、内容よりも、その人の声であることが重要ではないですか?

同じ見た目で、内容が同じで、そのアーティストの声が違って魅力的でなかったら、言葉は伝わりますでしょうか。

心を動かされて感動するでしょうか?

逆にパジャマのような見た目で、歌詞の内容が変わっても、その声で歌われたら、言葉は伝わるのではないでしょうか。

心を動かされるのではないでしょうか。

そう、メラビアンの法則でもそうですが、話の内容よりも、声の方が、心を動かすためには重要なのです。

その魅力的な声を作るのが、共鳴発声法です。

共鳴腔です。

主な共鳴腔は、咽頭腔、口腔、鼻腔と3つあります。

この3つの共鳴腔で、その人の声の魅力は作られます。

そして、魅力的な共鳴腔を使うためには、歌うように話すことが重要です。

そして、そのためには、世界3大ボイストレーナー、フレデリック・フースラーが提唱した、アンザッツをしっかりと身体で理解することが大事です。

このアンザッツによって、共鳴腔の使い方及び、発声関与筋を鍛えることが同時に可能です。

アンザッツは1から6まであり、3はaとbがあるため、全7つのポイントがあります。

このそれぞれに音をおくイメージで発声することで、7色の声を出すことが出来るようになります。

大事なことは、歌うように話す。

昔から素敵な歌手は、7色の声が出せると言われてきました。

あなたもこのアンザッツを使って、歌う事で、7色の声を出すことが出来るようになります。

まずは声に色を感じられるように、耳を鍛えていきましょう。

アンザッツはじめて聴きましたという意見もありますが、その通りだと思います。

7つのポイントに音をおく事、7色の声を出すこと、それぞれの色を感じる事、全て良く分かりませんという方がほとんどだと思います。

まずは、アンザッツの図を見ながら、それぞれの場所に手を当てて、音をおくようにイメージして声を出してみてください。

それぞれ、違う響きの声が出てきたと思います。

この繊細な音の違いをしっかりと感じ取れるようになりましょう。

これを繰り返し意識していると、段々と自分の耳が鍛えられて、音色の違い、響きの違い、色の違いを感じ取れるようになっていきます。

歌う時の共鳴は、とても美しく理想的で、それ以外に声を出す時にも、この歌う時の共鳴で発声すると、通る声、響く声を取得できるので、共鳴発声法とは、歌うように声を共鳴させて、発声する方法です。

2.ベルカントとは

ベルカントとは、「自然で美しい声」、「声域の高低にわたって均質な声質」、「注意深い訓練によって、高度に華麗な音楽を苦もなく発声できること」です。

なぜなら、ベルカントは、イタリア語で「美しい歌」、「美しい歌唱」という意味だからです。

「自然で美しい声」

身体全身が解放されて、十分な呼吸の中で生まれるリラックスした声。

これは、最も自然でありのままの声です。

このような時に、自然に共鳴発声法となり、自然で美しい声になります。

大きな声を出そう、表現力をつけよう、美し声を出そうとすると、心と身体の開放が邪魔をします。

全身の力を抜いて、リラックスした自然な発声を出来なくさせてしまうのです。

ですから、自然で美しい声のためには、「何もしない」。

ただ呼吸しているだけ。

この状態で発声出来るようになると、「自然で美しい声」が実現します。

「声域の高低にわたって均質な声質」

声が低くなったとき、高くなったとき、人は余計な力が働きます。

そもそも声を出すとこですら、ほとんどの人は余計な力が働いているのですから。

声を出す時に力はいりません。

地球の重力にあわせて、心地よく寄り添うだけです。

瞑想のような、大切な人のしあわせを願う、祈りのような感じでしょうか。

そして、低くなる時、高くなる時、やはり余計な力が働きやすくなります。

まずは、これをしっかりと抑えることが出来るようになりましょう。

ボイストレーニングは、余計な力を抜くことがメインのトレーニングです。

呼吸と余計な力を抜くことで、ほぼボイストレーニングが完成します。

そのためには、自分の身体を観察できる力が必要です。

1ミリでも力が入ったり、入りそうになったら、センサーが反応して、力を抜いたり出来るようになるのがボイストレーニングの成果です。

音域が上がっても下がっても、ポジションも発声方法も、何も変わらない身体を作ることで、「声域の高低にわたって均質な声質」が実現出来ます。

「注意深い訓練によって、高度に華麗な音楽を苦もなく発声できること」

注意深い訓練、これは、自分を1ミリ単位で注意深く観察して、修正出来るかという訓練です。

高度に華麗な音楽を苦も無く発声できる、これは、どんな音楽でも、どんな音でも、何も変わらず、発声できるという事です。

つまり、先程までの「自然で美しい声」と「声域の高低にわたって均質な声質」に対する詳細の確認になります。

音の高低だけでなく、リズムや音を楽しむこと、声量や、言葉、アーティキュレーションも含まれます。

声を出す時の全てと言っても過言ではないでしょう。

但し、ベルカントなので、華麗な音楽となっています。

この時に、とにかく自然で美しい声でいられること。

声質が均質であること。

本当にベルカント、「美しい歌」から学べることは無限にあります。

どうか、皆さんも自然で美しい声をマスターしていきましょう。

自分の自然で美しい声がわからないという意見もありますが、その通りだと思います。

まずは自分の声ではなく、自分の好きなアーティストやシンガーの声で、自然で美しい声を見つけましょう。

それをたくさん聴くだけで、自分の耳が、自然で美しい声を理解することが出来、また、自分の声が、自然で美しい声に近づいていきます。

そして、自分の好きなアーティストやシンガーが、なぜ、自然で美しい声と思ったのか、自分なりに分析しましょう。

その後、自分の声の録音、再生を繰り返して、その自然で美しい声の分析結果に近づくように、繰り返し注意深く訓練していきましょう。

この注意深い訓練が出来るようになることも、とっても重要なプロセスです。

焦らず一生かけて進めて行きましょう。

ベルカントは、イタリア語で「美しい歌」、「美しい歌唱」という意味なので、ベルカントとは、「自然で美しい声」、「声域の高低にわたって均質な声質」、「注意深い訓練によって、高度に華麗な音楽を苦もなく発声できること」です。

3.共鳴トレーニングの発声法

共鳴トレーニングの発声法は、アンザッツを使って、ポイントに音をおいて行いましょう。

なぜなら、適切なポイントに音をおくことが、最もわかりやすく共鳴腔を開発できるからです。

共鳴トレーニングの発声法。

最後に、実践していきましょう。

音の高低で均質な美しい声を共鳴腔を開発しながら、実践していきます。

  1. まずは、リップロールやハミングで、自分の最低音から、最高音まで行き来してください。
  2. 声が軽くウォーミングアップ出来たら、今度は柔らかく「ふあー」、「ふえー」、「ふいー」、「ふおー」、「ふうー」と発声しながら、低音から高音まで行き来します。
  3. この時に自分なりに、低音から高音まで、アンザッツ2から、1,3b、3a、5,4、6まで、順番に声を出しやすい場所に、音をおいていき、今度は高音から低音に、アンザッツ6、4,5,3a、3b、1,2と音をおいていきましょう。

音の響きが生まれやすい、自然な美しい声が出るポイントに音をおいて、行き来出来るようになりましょう。

上手く出来ないという意見もあると思いますが、はじめはその通りだと思います。

手を使って、とにかくアンザッツの音をおく場所を触ってください。

そして、そこに音を集めるイメージをまずは作れるようになりましょう。

触った場所に音を集めることが出来るようになったとき、共鳴という概念が理解でき、声を出すことが面白くなってきます。

諦めずに地道にトライしていきましょう。

適切なポイントに音をおくことが、最もわかりやすく共鳴腔を開発できるので、共鳴トレーニングの発声法は、アンザッツを使って、ポイントに音をおいて行いましょう。

まとめ

  • 共鳴発声法とは何かがわかった
  • ベルカントとは何かがわかった
  • 共鳴トレーニングの発声法がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【共鳴発声法とは】ベルカントを応用した共鳴トレーニングの発声法をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました