【男性の音域】男声の平均的な声域とチェック方法【音域の広げ方】

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【男性の音域】男声の平均的な声域とチェック方法【音域の広げ方】です。

  • 男性の平均的な声域を知りたい
  • 音域のチェック方法を知りたい
  • 音域の広げ方を知りたい

1.男性の平均的な音域

男性の平均的な音域には、声楽的と生理的があります。

なぜなら、生理的に出すことが出来る音域と、歌で使える音域は違うからです。

自分の音域を知らないで、歌っている人がいます。

全ての楽器には、それぞれ音域があります。

ギターやピアノもそうですが、木管楽器や、金管楽器等は、その音域にあわせて、音楽の中で、様々な役割を担っています。

プロであれば、自分という楽器の音域を知ることは、最低条件です。

プロでなくても、それを目指す人、高めて行こうという人は、自分の音域をしっかりと把握しましょう。

そして、日々変化していきます。

怠ければ、音域は狭くなっていきますし、鍛えれば、音域はどんどん広がっていきます。

不規則な生活や、心の問題で、音域は狭くなっていきます。

規則正しい生活や、心の開放で、音域は広がっていきます。

常に、音域が広がっていくような生活を心がけていきましょう。

ここでは、男性の平均的な音域について、解説していきます。

音域には、とりあえずギリギリ出すことが出来るというレベルの生理的声域と、歌で使える音域の、声楽的声域があります。

両方を知ることが、歌をうたう時や、トレーニングをするときに必要です。

それぞれの平均を見ていきましょう。

男性の声楽的声域の平均:歌唱時

チェストボイス(地声)C3~G4(mid1C~mid2G)

ヘッドボイス(裏声)E4~C5(mid2B~hiC)

男性のチェストボイス(地声)の平均的な声域は、歌唱時の「声楽的声域」で、C3~G4(mid1C~mid2G)の1オクターブ半になります。

またヘッドボイス(裏声)の平均的な「声楽的声域」は、E4~C5(mid2B~hiC)になります。

この平均を知ることで、選曲や、自分の歌の分析に役立ってきます。

男性の生理的声域の平均:ボイストレーニング時

チェストボイス(地声)G2~A4(LowG~hiA)

ヘッドボイス(裏声)D4~D5(mid2D~hiD)

ボイストレーニングでは、音域拡大や、倍音成分を習得するため、「生理的声域」までトレーニングしていきます。

チェストボイス(地声)の平均で、G2~A4(LowG~hiA)、ヘッドボイス(裏声)の平均で、D4~D5(mid2D~hiD)までトレーニングしていきます。

これはあくまで平均なので、低音も、高音も苦しくない場合は、どんどんボイストレーニングで広げていきます。

喉に負担がかからないレベルで、どんどん低音と、高音を広げていきましょう。

自分の音域がわからないという意見もありますが、次の章で音域のチェック方法を解説します。今回は平均的な音域と、声楽的、生理的がそれぞれ、歌唱時とトレーニング時に使うという事を把握しましょう。
生理的に出すことが出来る音域と、歌で使える音域は違うので、男性の平均的な音域には、声楽的と生理的があります。

2.音域のチェック方法

音域のチェック方法は、アプリで行います。なぜなら、アプリで行うと、便利であり、正確だからです。

音域をチェックすることは、とても重要です。

なぜなら体温のように、毎日音域は変化するからです。

この変化にあわせて、歌う曲や、トレーニング、その日の過ごし方を考えていきましょう。

音域をチェックするためには、こちらのアプリを使います。

声域のチェックアプリ「チューナー n-Track Tuner」

まずは、平均声域を参考にしながら、次のアプリで確認しましょう。

チューナー n-Track Tuner

‎チューナー n-Track Tuner
‎ギター、ベース、またはその他の楽器をnトラックチューナーでチューニングします。 このチューナーは、スマートフォンの内蔵マイクを使って、簡単で直感的で自由な方法で使用してください。 500万回以上ダウンロードしました! iPhone、iPod TouchまたはiPadを楽器の横に置き、各弦を演奏するだけです。 ...
  1. まずは、ストレッチや呼吸等、身体をリラックスさせ、しっかりと息が入る状態を作りましょう。
  2. 鼻を中心にゆっくり息を吸って、自分が一番出しやすいしゃべり声の辺りの声をチェストボイス(地声)で「ふぁー」と出します。
  3. この音程は、自分の基準の音として、メモしておきましょう。
  4. この音程から、半音ずつチェストボイス(地声)で「ふぁー」と声を出しながら下がっていき、限界の所を生理的声域の最低音としてチェックします。
  5. また基準の音に戻って、今度は、チェストボイス(地声)で「ふぁー」と出しながら、半音ずつ音を上げていきます。自分の中で限界まで来たら、これを生理的声域の最低音としてチェックします。

同じ要領で、ヘッドボイス(裏声)も行っていきます。

ヘッドボイスの基準音は、普段裏声を出す時に、一番出しやすい高さとします。

この作業により

  1. チェストボイス(地声)の基準音
  2. チェストボイス(地声)の生理的声域の最低音
  3. チェストボイス(地声)の生理的声域の最高音
  4. ヘッドボイス(裏声)の基準音
  5. ヘッドボイス(裏声)の生理的声域の最低音
  6. ヘッドボイス(裏声)の生理的声域の最高音

を決定しメモします。

さて、声楽的音域ですが、この最低音と、最高音の中で、曲を歌ってみます。

カラオケアプリ等でキーを上げたり下げたり、または、ピアノやギターが出来るのであれば、様々なキーに変更して、簡単な曲を歌ってみましょう。

この生理的声域の中で、歌ではどうしても上手く歌えない音域が出て来ます。

その上手く歌えない音域を消去していき、残った音域が、声楽的声域になります。

これも、チェストボイス(地声)とヘッドボイス(裏声)両方行います。

この作業により

  1. チェストボイス(地声)の声楽的声域の最低音
  2. チェストボイス(地声)の声楽的声域の最高音
  3. ヘッドボイス(裏声)の声楽的声域の最低音
  4. ヘッドボイス(裏声)の声楽的声域の最高音

を決定しメモします。

声楽的声域として出来ているのか、わからないという意見もありますが、録音して聴いてみて、歌として問題なく歌詞をうたえているのであれば、声楽的声域として考えましょう。テンポや言葉により、歌えなくなったりする音域は、外しましょう。段階的にこれを鍛えていくことが、ボイストレーニングの課題になります。
アプリで行うと、便利であり、正確なので、音域のチェック方法は、アプリで行います。

3.音域の広げ方

音域の広げ方は、ボイストレーニングで解決します。

なぜなら、正しいボイストレーニングを行う事で、音域はどんどん広がっていくからです。

音域を広げていくためには、正しいボイストレーニングが必要です。

正しい発声法を行っていれば、みるみるうちに音域は広がっていきます。

理由は、声帯周辺筋肉の覚醒があるからです。

ボイストレーニングをする事により、声帯周辺の声を出す様々な筋肉が、覚醒していきます。

これらの筋肉が目覚めて、働きだし、鍛え上げることで、低音も高音も、自由に伸び伸びと拡大していきます。

正しいボイストレーニングの流れを解説します。

身体を楽器にするストレッチ

歌の基本は、呼吸、姿勢、支えです。

しっかりと呼吸できる身体、リラックスした最高の姿勢、インナーマッスルと下半身の支えのために、身体を楽器にするストレッチを行いましょう。

呼吸法

普段の浅い呼吸で声を出していては、ボイストレーニングの効果がありません。

ボイストレーニングでは、常に深い呼吸でトレーニング出来るように、呼吸法をじっくりと行います。

ニュートラルボイス

まずは、何もしない発声、ニュートラルボイスをトレーニングします。

上半身の力を完全に抜いて、息を吸って、吐くときに、あくびのような、ため息のような、音を口の中で鳴らします。

この時に大事なことをお伝えします。

  1. 声を出そうとしない
  2. 前に出そうとしない
  3. 顔を前に出さない
  4. 気合を入れない
  5. 大きな声を出そうとしない
  6. 声を響かせようとしない
  7. いい声を出そうとしない
  8. 息も前に出そうとしない
  9. どこにも力を入れない
  10. 何もしない

これがボイトレの中で一番難しいことです。

声を出す時に、皆さん今までの癖で、色々な所に力が入ります。

まずは、これを全て取って、ニュートラルボイスを出すところが、ボイストレーニングのスタートです。

声帯周辺の筋肉を鍛えていきます。

甲状披裂筋・輪状甲状筋・外側輪状披裂筋を中心に、声帯筋肉を鍛えていきます。

これを行うことによって、全く使ったことのなかった、周辺の筋肉も覚醒し、音域がどんどん広がっていきます。

詳しいそれぞれの筋肉の鍛え方は、私のブログのそれぞれのページをご覧ください。

共鳴腔の開発

声帯周辺筋肉で出来上がった原音を共鳴腔で、響きや色を付けていきます。

鼻腔・口腔・咽頭腔を中心に、口の中や身体全体をうまく使って、様々な響きを開発しましょう。

ここまでが、正しいボイストレーニングの基本的な流れになります。

詳しいトレーニング内容が知りたい、という意見もありますが、私のブログに全て書いてありますので、じっくりと読み進めてみてください。その中で疑問点や難しい所があれば、いつでもオンラインの無料体験レッスンにお越しください。一緒に頑張りましょう!
正しいボイストレーニングを行う事で、音域はどんどん広がっていくので、音域の広げ方は、ボイストレーニングで解決します。

まとめ

男性の平均的な声域がわかった音域のチェック方法がわかった音域の広げ方がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【男性の音域】男声の平均的な声域とチェック方法【音域の広げ方】をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました