【女声出し方】男性でもナチュラルボイスの女声練習法【メラニー法】

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【女声出し方】男性でもナチュラルボイスの女声練習法【メラニー法】です。

  • 男性でも女声が出せる方法を知りたい
  • 女声出し方を知りたい
  • メラニー法を知りたい

1.音程

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは音程です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、音程のトレーニングが必要だからです。

男性の声と女性の声。

聴き比べてみましょう。

いくつか箇条書きにしてみます。

  1. 女性の声の方が音程が高い傾向がある
  2. 女性の声の方が細い傾向がある
  3. 女性の声の方が柔らかい傾向がある
  4. 女性の声の方が小さい傾向がある
  5. 女性の声の方が優しい傾向がある
  6. 女性の声の方が明るい傾向がある
  7. 女性の声の方が抑揚がある傾向がある
  8. 女性の声の方が丸い傾向がある
  9. 女性の声の方がゆっくりな傾向がある
  10. 女性の声の方が美しい傾向がある
  11. 女性の声の方が弱い傾向がある
  12. 女性の声の方が表情豊かな傾向がある
  13. 女性の声の方が感情的な傾向がある

まとめますと、男声に比べると女性の声は、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的であるということです。

これらすべてを意識して、トレーニングすることが重要です。

まずは、高いという事で、音程のトレーニングを行いましょう。

声帯の負担をなくすためにも、裏声からトレーニングしましょう。

ナチュラルボイスの女声練習法:音程トレーニング

  1. 出しやすい裏声から、無理のない発声で、最高音まで声を出します。
  2. 次に出しやすい裏声から、無理のない発声で、最低音まで声を出します。
  3. その裏声を混ぜた、柔らかい声で、地声もスケールトレーニングしましょう。

裏声を混ぜた地声が出せないという意見もありますが、裏声の音程をゆっくりと下げていきましょう。

完全に地声にならないように、裏声を下げていき、柔らかい声をキープします。

毎日続けていると、声帯周辺の筋肉が、鍛えられはじめ、キレイな声で発声出来るようになります。


男性が女声を出すためには、音程のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは音程です。

2.声量

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは声量です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、声量のトレーニングが必要だからです。

女性の声は、男性の声に比べて、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的の傾向があります。

これを声量で考えると、小さい・抑揚がある・弱いが考えられると思います。

つまり、今の自分の声よりも、小さく・抑揚をつけて・弱く出すことが必要になります。

ナチュラルボイスの女声練習法:声量トレーニング

  1. 自分の声の声量を10段階に分けます。
  2. この声量で、様々な言葉や高さを出せるようにします。
  3. 普段の自分の声量が6で、3~9位の声量で声を出しているのであれば、平均的な声を3に変更して、1~6の声量で声を出し続けられるようトレーニングします。

10段階の声量が調整できないという意見もありますが、まずは、小・中・大の3段階の声量からはじめます。これがしっかりと全ての言葉や高さで出せるようになってから、極小・小・中・大・最大の5段階の声量をマスターします。これが出来るようになったら、さらにこれを倍に細分化し、10段階の声を出せるように、トレーニングしましょう。
男性が女声を出すためには、声量のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは声量です。

3.発音

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは発音です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、発音のトレーニングが必要だからです。

女性の声は、男性の声に比べて、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的の傾向があります。

これを発音で考えると、美しい・優しいが考えられると思います。

つまり、今の自分の声よりも、美しく・優しく出すことが必要になります。

ナチュラルボイスの女声練習法:発音トレーニング

  1. 言葉を発音するのに、大事なことは、アタックとリリースとエンディングです。
  2. まずは、言葉の出だし、アタックを力を抜いて、出来るだけ優しく、出来るだけ美しく発音できるようになりましょう。
  3. 次に、言葉を伸ばしている声です。これを雑に発声せず、丁寧に美しく、優しく発音していきましょう。
  4. 最後にエンディングです。一番大事なのは語尾です。アマチュアとプロの差は、語尾に出て来ます。ここに全神経を集中させて、息づかいも丁寧に、美しく、優しく終わりましょう。

語尾が美しくならないという意見もありますが、ここにアマチュアとプロの差が出ます。息をどのように語尾に寄り添わせるかが最重要です。素敵だなという声をたくさん聴いて、語尾の素晴らしさを学んでいきましょう。
男性が女声を出すためには、発音のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは発音です。

4.言葉

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは言葉です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、言葉のトレーニングが必要だからです。

女性の声は、男性の声に比べて、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的の傾向があります。

これを言葉で考えると、柔らかい・美しい・優しい・丸いが考えられると思います。

つまり、今の自分の言葉よりも、柔らかく・美しく・優しく・丸い言葉で声を出すことが必要になります。

ナチュラルボイスの女声練習法:言葉トレーニング

  1. 話そうとする言葉や、歌詞を書き出します。
  2. この言葉の中で、男性特有の言葉は全て削除し、女性の言葉に変えます。
  3. 出来上がった文章を見ながら、更に柔らかく、美しく、優しく、丸い言葉にします。
  4. これを録音して、再生し、更に女性的になるようブラッシュアップしていきます。

歌詞なので言葉は変えられない、という意見もありますが、その場合は、声の出す方向を前ではなく、後ろにしましょう。イメージとしては、息を吐いて声を出すのではなく、吸うようにして声を出します。こちらも録音と再生を繰り返して、ブラッシュアップしていきましょう。
男性が女声を出すためには、言葉のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは言葉です。

5.表情

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは表情です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、表情のトレーニングが必要だからです。

女性の声は、男性の声に比べて、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的の傾向があります。

これを表情で考えると、明るい・抑揚がある・ゆっくり・表情豊か・感情的が考えられると思います。

つまり、今の自分の声よりも、明るく・抑揚があり・表情豊かに・感情的に声を出すことが必要になります。

ナチュラルボイスの女声練習法:表情トレーニング

  1. 鏡の前で、怒ったり、笑ったり、泣いたり、喜んだり、様々な表情をします。
  2. この表情をしながら、それぞれに適切な言葉を添えて、女性らしく声を出しましょう。
  3. このトレーニングを録画、再生して、より明るく・抑揚があり・表情豊かに・感情的になるようトレーニングしていきましょう。

表情が固まっているという、意見もありますが、顔全体をゆっくりとマッサージしながらほぐしていきましょう。マッサージ屋さんに行って、表情筋ほぐしてくださいとお願いするのもアリです。映像を通して、自然体の表情になるようにトレーニングしていきましょう。
男性が女声を出すためには、表情のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは表情です。

6.共鳴

男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは共鳴です。

なぜなら、男性が女声を出すためには、共鳴のトレーニングが必要だからです。

女性の声は、男性の声に比べて、高い・細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・抑揚がある・丸い・ゆっくり・美しい・弱い・表情豊か・感情的の傾向があります。

これを共鳴で考えると、細い・柔らかい・小さい・優しい・明るい・丸い・弱いが考えられると思います。

つまり、今の自分の声よりも、細く・柔らかく・小さく・優しく・明るく・丸く・弱い声を出すことが必要になります。

ナチュラルボイスの女声練習法:共鳴トレーニング

  1. まずは鼻腔共鳴を意識します。口の中を狭くして、鼻腔共鳴で発声しましょう。
  2. 裏声から、鼻腔共鳴で、様々な声や言葉を発声します。この時に声を録音するようにしましょう。
  3. この録音を聴きながら、その声をより細く・柔らかく・小さく・優しく・明るく・丸く・弱い声になるように試行錯誤してトレーニングしていきましょう。

鼻腔共鳴が分からないという意見もありますが、まずは鼻声でよいです。鼻に抜けるように声を出していきましょう。ハミングをする事で、鼻腔共鳴が理解できるかもしれません。苦手な人はハミングからはじめましょう。
男性が女声を出すためには、共鳴のトレーニングが必要なので、男性でも、ナチュラルボイスの女声練習法として、必要なトレーニングは共鳴です。

まとめ

  • 男性でも女声が出せる方法がわかった
  • 女声出し方がわかった
  • メラニー法がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【女声出し方】男性でもナチュラルボイスの女声練習法【メラニー法】をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました