【カラオケ採点】上手いのに点数が低い理由を解説【厳しいdam】

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【カラオケ採点】上手いのに点数が低い理由を解説【厳しいdam】
です。

こんな方におすすめ

歌が上手いのにカラオケの点数が低い理由を知りたい
カラオケの採点方法を詳しく知りたい
カラオケdamの厳しさを知りたい

1.音程

【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、音程です。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、原曲と全く同じメロディの音程で歌う必要がありますが、歌が上手い人は、自分なりのメロディで、表現する場合があるからです。

歌が上手いのにカラオケ採点の点数が低い理由には、5つのポイントがあります。
なぜなら、カラオケ採点は5つのポイントの合計点で点数化されているからです。

その5つは、

  1. 音程
  2. リズム
  3. 安定性
  4. 表現力
  5. ロングトーン&ビブラート

です。

順番に解説します。

1.音程(オリジナルメロディに忠実ではなく、自由なメロディで曲を歌っている)

歌が上手い人は、自分なりのメロディで、歌を表現することができます。

歌は言葉を伝える事が一番大事です。

歌のみが言葉を伝える事が出来る楽器です。

他の楽器は音だけで、言葉は作れません。

その言葉を聴いている人にしっかりと届けるために、歌が上手い人は自分なりのメロディで、自分らしく届けます。

カラオケの採点機能は、音程バーに完全に合っているかで、音程正解率を決め、採点します。

つまり原曲に忠実に歌えているかの確認です。

音楽の授業のようなもので、教科書通りに歌えているかの確認です。

歌が上手い人は、教科書通りに歌う方もいますが、自分らしく表現する方も多いです。

そのような場合に、歌が上手いのに、点数が低くなります。

音大も出ていて音程は良いのに点数が低い、という意見もあると思います。その通りなので、音程は良くても、原曲に忠実なメロディの音程で歌えているかが採点されます。原曲を聴いたり、バーを見たり、ガイドメロを聴いて、正しいメロディの音程を確認して歌いましょう。

カラオケ高得点を獲得するためには、原曲と全く同じメロディの音程で歌う必要がありますが、歌が上手い人は、自分なりのメロディで、表現する場合があるので、【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、音程です。

2.リズム

【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、リズムです。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、原曲と全く同じリズムで歌う必要がありますが、歌が上手い人は、自分なりの自由なリズムで、表現する場合があるからです。

音楽で、歌で、リズムはとても重要な役割をもっています。

音楽は時間芸術です。

時間=リズム

3分や5分といった時間を音でどのように楽しませるか、

最も重要と言っても過言ではないのがリズムなんです。

そしてまた、リズムは言葉です。

リズム=言葉

言葉をしっかり伝えようとすると、語るようなリズムになります。

心を込めて、大切に言葉を伝えようとすればするほど、自分らしい語りのリズムになります。

歌が上手い人にはそれがあります。

しかし、カラオケ採点では、原曲に忠実なリズムが求められます。

自分らしさや、言葉を伝えるという事は、重要視されていません。

音程バーにカーソルが合わさった瞬間に、発声する時間の差が少なければ少ないほど得点が上がります。

つまり、リズム感があり歌が上手くても、オリジナルに忠実なリズムで歌わないと、点数が低くなります。

このような時に、歌が上手いのに、点数が低くなります。

リズム感が良いのにリズムの点数が低い、という意見もあると思います。その通りで、カラオケ採点のリズムは、リズム感のことではありません。メロディの音を全てそのタイミングで、歌えているかが採点されます。リズム感とリズムの点数は、イコールでないことを把握してのぞみましょう。

カラオケ高得点を獲得するためには、原曲と全く同じリズムで歌う必要がありますが、歌が上手い人は、自分なりの自由なリズムで、表現する場合があるので、【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、リズムです。

3.安定性

【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、安定性です。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、安定した声で歌う必要がありますが、歌が上手い人は、独特の声質や発声法で、魅力を表現している場合もあるからです。

安定性とは何でしょうか。

カラオケ採点では、声が震えているか、まっすぐかを最重要視しています。

歌が上手い人は、独自の声質や発声法、表現をされる方も多いです。

声を震わせながら歌う人、

安定した周期ではない独特のビブラートで歌う人、

ウイスパーや息をたくさん使って表現する人は、

安定性がないと判断されてしまう場合があります。

カラオケ採点の安定性は、声の震え、周期的なビブラートの美しさ、ロングトーンの音程の3つが総合された、点数となっております。

確かに歌が上手い人は、声が安定している方が多いです。

ですが、歌手やアーティストとして、芸術作品を創作するときに、

最優先するべきは、安定性ではありません。

その作品にあった歌唱法です。

あえて声を震わせる表現が、その作品にとって、魅力的なこともあるのです。

このような時に、歌が上手いのに、点数が低くなります。

安定して聴こえているのに、安定性が低いという意見もあると思います。その通りなので、ボイストレーニングで呼吸、声帯、共鳴をじっくりとトレーニングしましょう。フィジカルをトレーニングする事によって、安定性は高まっていきます。

カラオケ高得点を獲得するためには、安定した声で歌う必要がありますが、歌が上手い人は、独特の声質や発声法で、魅力を表現している場合もあるので、【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、安定性です。

4.表現力

【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、表現力です。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、表現力として、抑揚や音の装飾を採点の基準に沿って行う必要がありますが、歌が上手い人は、自由に魅力を表現するからです。

カラオケ採点は、表現力をずっと研究していました。

人がどのように歌ったら、歌うまと言える歌になるのか。

まずは、抑揚がない歌は、つまらないと判断しました。

ずっと、同じ声量で歌っている曲は、確かに退屈になりますし、言葉も聴こえてこないでしょう。

そこで、歌の中で、しっかりと小さな声から、大きな声まで発声している場合に、点数を上げる事を決めました。

次に、しゃくりやこぶし、フォールという音の装飾に着目しました。

メロディをただそのまま、棒歌のように歌っているものを、機械的で良い歌ではないと判断しました。

そこで、ある音程を出す前に低い音程を出してから本来の音程に戻す「しゃくり」、演歌やポップスでも使われる、一瞬だけ音程を上下させる「こぶし」、音を伸ばした時に、最後に本来の音から音程を下げていく「フォール」の回数を点数化しました。

今では、それ以外に、アクセント、ハンマリング、エッジボイス、ヒーカップも点数に加わるようになりました。

要するに、「棒歌ではダメですよ、色々と表現しましょうね」という事です。

ですが、歌が上手い人は、その抑揚や装飾の回数をこなさなくても、上手い人はたくさんいます。

むしろ、自由に表現することによって、歌が上手い人になっています。

このような時に、歌が上手いのに、点数が低くなります。

抑揚をつけて歌っているのに表現力がつかない、という意見もあると思います。その通りであれば、マイキングやカラオケ音量、マイク音量、エコー音量に原因があると思われます。しっかりとマイクをもって、それぞれの音量を適切に調整出来れば、抑揚がしっかり点数化されます。

カラオケ高得点を獲得するためには、表現力として、抑揚や音の装飾を採点の基準に沿って行う必要がありますが、歌が上手い人は、自由に魅力を表現するので、【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、表現力です。

5.ロングトーン&ビブラート

【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、ロングトーン&ビブラートです。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、安定したロングトーンとビブラートで、歌う必要がありますが、歌が上手い人には、独特なロングトーンや、ビブラートを全く欠けないで歌う人もいるからです。

カラオケ採点では、

0.5秒以上ロングトーンで音程を出すこと

周期的なビブラートを1秒以上行うこと

が点数化されます。

更に、そのロングトーンの音程が、ブレずに安定していること、

ビブラートは、周期が変わらず、同じ周期で伸ばすことが求められています。

歌が上手い人には、

曲の中で様々なビブラートを使い分けたり、

個性的なビブラートがある人、

ノンビブラートで歌う人もいます。

このような時に、歌が上手いのに、点数が低くなります。

ロングトーン&ビブラートを入れる場所がない曲を歌っている、という意見もあると思います。その通りなので、その場合は、ロングトーン、ビブラートの点数を割り引いて、カラオケ採点を楽しむか、曲の終わりや間奏前の音を、ロングトーンやビブラートにしてみましょう。カラオケ採点を最大限楽しむ気持ちでのぞんでください。

カラオケ高得点を獲得するためには、安定したロングトーンとビブラートで、歌う必要がありますが、歌が上手い人には、独特なロングトーンや、ビブラートを全く欠けないで歌う人もいるので、【カラオケ採点】歌が上手いのに点数が低い理由は、ロングトーン&ビブラートです。

まとめ

歌が上手いのにカラオケの点数が低い理由がわかった
カラオケの採点方法が詳しくわかった
カラオケdamの厳しさがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【カラオケ採点】上手いのに点数が低い理由を解説【厳しいdam】をじっくりと、お教えいたします。

田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)
タイトルとURLをコピーしました