【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツ【平均点高い曲を狙え】

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツ【平均点高い曲を狙え】
です。

カラオケ90点出し方とコツを知りたい
曲の選び方やキーの決め方を知りたい
正しいメロディとロングトーン&ビブラート、表現力の上げ方を知りたい

1.選曲

【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、選曲が重要です。
なぜなら、カラオケ高得点を獲得するためには、一人一人、自分にあった選曲が必要だからです。

まずは「歌うま」と言われリスペクトされる、カラオケ90点を目指しましょう。
なぜなら、カラオケ90点は出し方とコツを学べば、誰でも獲得できるからです。

カラオケ90点の出し方には、5つのステップがあります。

  1. 選曲
  2. キー
  3. メロディ
  4. ロングトーン&ビブラート
  5. 表現力(抑揚・装飾)

順番に解説していきます。

選曲

選曲と聴いて難しく考える必要はありません。

まずは自分の歌える曲を片っ端から歌っていきましょう。

機種にもよりますが、ログインすると自分の点数が、記録に残る場合は、その形で点数リストを作ります。

もし残らない場合は、手書きやスマホのメモ、エクセル等を使って、自分の点数を管理します。

この時に、可能であれば、平均点高い曲が得点も出やすいので、全国平均も必ずリストに記載するようにしてください。

このリストの中で、高得点順に10曲選びます。

その中から平均点高い曲をチェックし5曲に絞ります。

この5曲をどんどん歌っていきましょう。

同じ歌をうたっていると、身体の筋肉も覚えて、音程やリズムの反応がだんだん良くなっていきます。

あまり何も考えないでも、勝手に歌ってくれる状態になっていきます。

そして同じ曲に飽きてきたら、他の曲も歌って、点数リストの曲を増やしていきます。

意外な曲が、高得点ベスト10に入ってくる場合も多いので、

5曲に飽きたら、まだ採点していない曲や、もう少しでベスト10に入りそうな曲をどんどん歌いましょう。

10曲も歌える曲がない、という意見もあると思います。その通りなので、その場合は1曲でも、3曲でも良いです。歌える曲から採点をはじめましょう。

カラオケ高得点を獲得するためには、一人一人、自分にあった選曲が必要なので、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、選曲が重要です。

2.キー

【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、キーが重要です。
なぜなら、カラオケ高得点では、音程が最重要で、その音程をしっかりと歌うために、自分のキーで歌うことが、やはり最重要だからです。

カラオケ高得点で最重要なのはやはり音程です。

機械で採点するという制約の中で、音程が正しいかどうかが、歌うまの前提となっています。

他の細かいことよりも、最優先するべきは音程です。

そして、この音程が最も重要と考えた場合に、最も大切なことが、キー設定になります。

自分が楽に歌えるキーで歌いましょう。

少しでも苦しくなるようでは、音程は安定しません。

常に楽に、余裕で歌いやすいキーに設定しましょう。

歌唱後の、カラオケ採点画面をしっかり見て、自分がそのキーであっているのか確認しましょう。

高音が出ていない場合は、キーを下げましょう。

低音が出ていない場合は、キーを上げましょう。

アーティストと同じオリジナルキーで歌う必要は全くなく、

むしろ自分のキーで歌うことに誇りを持ちましょう。

カラオケ90点以上をたくさん取っている人ほど、自分のキーを覚えて歌っています。

逆に得点が上がらない人ほど、アーティストのオリジナルキーにこだわっている傾向があります。

他人のキーで歌いにくいのに無理やり出す必要はありません。

自分のキーを設定して、一番歌いやすい状況で、カラオケ採点を楽しみましょう。

低音も高音もきついという意見もあると思います。その通りなので、その場合は、出来るだけ音域の狭い曲を選びましょう。1オクターブ上や、1オクターブ下で歌う等、工夫して、一番楽に歌えるキーを決めましょう。

カラオケ高得点では、音程が最重要で、その音程をしっかりと歌うために、自分のキーで歌うことが、やはり最重要なので、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、キーが重要です。

3.メロディ

【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、メロディを完璧に覚えることが重要です。
なぜなら、正しいメロディを把握せずに歌う事で、点数が上がらない人が多いからです。

カラオケに行くといつも思うのが、メロディを完璧に覚えている人は、とても少ないということです。

音楽を楽しむためにカラオケをやるので、基本的にはそれはそれでありと思います。

しかし、カラオケ採点で90点以上出すためには、メロディを完璧に覚える必要があります。

メロディを覚えられない理由

歌手本人の歌をあまり聴いたことがなく、カラオケで歌っている人の歌を聴いて、その曲を覚えてしまった。

カラオケを歌う方は、自分の好きなように歌うので、正しいメロディでない可能性は高いです。

一番と二番で、伴奏が同じでも、メロディが変わる曲。

言葉やニュアンスをより伝えようと、一番と二番でメロディが変化する曲があります。

この変化についていけず、正しいメロディを覚えていない場合も多いです。

正しいメロディを覚えるやり方とコツ

カラオケ以外の場所では、オリジナル音源をたくさん聴いて一緒に歌う。

カラオケのある場所では、音程バーを見ながら、ガイドメロ・ガイドボーカルを聴いて、正しいメロディを再現できるように覚えます。(ガイドボーカルは音程バーとずれている場合があります。その場合は音程バーを優先させてください)

いつも同じところで間違える、という意見もあると思います。その通りなので、その場合は音程バーを見ながら、ガイドメロやガイドボーカルを最大にし、巻き戻しながら、音が合うまでその部分を繰り返し、練習しましょう。

正しいメロディを把握せずに歌う事で、点数が上がらない人が多いので、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、メロディを完璧に覚えることが重要です。

4.ロングトーン&ビブラート

【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、ロングトーン&ビブラートが重要です。
なぜなら、ロングトーンとビブラートは、カラオケ高得点を獲得するための、ピンチでもあり、チャンスでもあるからです。

ロングトーン得意でしょうか?

ビブラートは苦手でしょうか?

曲の終わりの長いフレーズが来た時、どんな気持ちで迎えますでしょうか。

「やったー」と喜ぶのか、「キャー」と怖がるのか。

「やったー」と喜んで、得意なロングトーンや、ビブラートを披露できるように練習しましょう。

つまり、ロングトーン&ビブラートは、ピンチでもありますが、チャンスでもあります。

ここで、点数の差が、ガクッと広がります。

歌声は、歌いはじめのアタックを重要視する人は多いですが、プロは歌の語尾を重要視します。

歌声の語尾をキレイに歌えるようになることで、本当に歌うまになれます。

細かいリズムを様々な音程で歌うよりも、同じ音をただゆっくり伸ばすだけのビブラートは、簡単でチャンスだと思ってのぞみましょう。

気持ち良くロングトーン&ビブラート出来れば、点数はどんどん上がっていきます。

ビブラートが出来ないという意見もあると思います。その通りなので、こちらの記事をご覧頂き、じっくりとビブラートをマスターしましょう。

ビブラートとは

ビブラートとは
こんにちは、田中直人です。2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイ...

ロングトーンとビブラートは、カラオケ高得点を獲得するための、チャンスでもあり、ピンチでもあるので、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、ロングトーン&ビブラートが重要です。

5.表現力(抑揚・装飾)

【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、表現力(抑揚・装飾)が重要です。
なぜなら、歌うまの基準である90点を出すためには、音程とリズムだけではなく、表現力が求められるからです。

音程とリズムが完璧であれば、人に感動を与えられるでしょうか。

歌うまになれるでしょうか。

それだけですと、機械で作った単なる音になってしまいます。

これを音楽にするため、歌うまになるためには、表現力が必要です。

カラオケ高得点に必要な表現力は2つです。

カラオケ高得点に必要な表現力:①抑揚

抑揚とはここでは声の大きさを言います。

小さい声から大きな声まで、曲の展開や、言葉を伝えるために、抑揚があるかを採点します。

基本的に歌は、Aメロからサビに向かって、大きくなっていきます。

ただ大きくなるだけであれば、伝わらない歌になるので、

言葉が伝わるよう、一つ一つの言葉にも抑揚があります。

一つ一つの言葉の抑揚と、曲全体の抑揚があって、人を感動させる歌が歌えるようになります。

カラオケ高得点に必要な表現力:②装飾

カラオケ高得点獲得のためには、様々なメロディの装飾が必要です。

ただまっすぐ歌うだけではなく、やはり言葉を伝えるため、自分の心にあわせて、しっかりと表現するために、下記のような装飾が必要です。

じっくりと表現していきましょう。

  1. しゃくり:ある音程を出す前に低い音程を出してから本来の音程に戻すこと
  2. こぶし:音を上下に一瞬だけ震わせること
  3. フォール:本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げること
  4. アクセント:はじめの音や強い音を発声するときに音が一瞬大きくなること
  5. ハンマリング:音程が半~全音上がるレガートを表現すること
  6. エッジボイス:声帯を閉じて発声した時に出る声のこと
  7. ヒーカップ:しゃっくりするように語尾をしゃくりあげること
  8. ビブラート:ロングトーン時に音を周期的に揺らすこと

音程とリズムで精一杯、という意見もあると思います。その通りなので、まずは音程とリズムを完璧にしましょう。歌詞があり、言葉があるので、表現力を意識しなくても、勝手に表現力がつくことは多いです。メロディもリズムも動きがあるので、素直にそれにあわせて歌うことによって、表現力がつくことも多いです。まずは、メロディとリズムを大切に、余裕が出ているときに、表現力を考えるようにしていきましょう。

歌うまの基準である90点を出すためには、音程とリズムだけではなく、表現力が求められるので、【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツは、表現力(抑揚・装飾)が重要です。

まとめ

カラオケ90点出し方とコツがわかった
曲の選び方やキーの決め方がわかった
正しいメロディとロングトーン&ビブラート、表現力の上げ方がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【歌うまの基準】カラオケ90点出し方とコツ【平均点高い曲を狙え】をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました