低音を出す方法とは

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは『低音を出す方法とは』です。

  • 魅力的な低音の出し方をしりたい
  • 理想的な地声(チェストボイス)になるボイストレーニングをしりたい
  • 低音をカッコよく聴かせるオススメ楽曲をしりたい

1.【カラオケ低い声】魅力的な低音の出し方【ボイストレーニング】

魅力的な低音を出すには、上半身完全リラックスして、重心を落として、体重を全部足元に落とします。
なぜなら、低音ボイストレーニングは、正しい姿勢・呼吸・支えが重要だからです。

低音ボイストレーニング:①歌う前はストレッチする

短距離走の選手は、いきなり全速力で走りません。そんなことをするとすぐにけがをしてしまいます。歌うことも呼吸と筋肉を使うのでアスリートと同じです。

いきなり思いっきり歌えば喉が壊れます。つまり、まずはストレッチをすることが絶対に必要です。

子どもの頃や、運動をやってる方は、その前の自分に合った準備運動的なもので良いです。
大切なのは、ゆっくりと、リラックスして、大きく呼吸をしながら、身体を大きく伸ばすことです。身体が気持ち良くなるまでやりましょう。

低音ボイストレーニング:②息をMAXまで吸いましょう

息は、声の源であり、声そのものです。
ガソリンがなければ車が走らないように、息がなければ声は出ませんし、歌はうたえません。

「歌は新鮮な息を人に届けること」
「息を吸うことが、歌の9割を決める」
「歌をうたうために息を吸うのではなく、息を吸うために歌をうたうこと」

口を半開きにしながら、鼻を中心に後ろに向かって、口と鼻の両方から息を吸います。
ポイントは鼻7割、口3割です。両方から吸うという経験がない人も多いですが、この機会にマスターしちゃいましょう。

低音ボイストレーニング:③ため息は最高のリラックス発声法

歌手の歌の完成形を聴いていると、いきなり思いっきり歌わなければいけないという気持ちになってしまいますが、そうすると正しい発声はつかみにくくなります。

低音を出すには、リラックスして、どこにも力が入っていない状態が理想的なので、まずは「ため息」からスタートします。

息をマックスまで吸ってから、上半身を脱力しながら「はーー」とため息を出します。この時しっかり息を吐ききってください。息を吐ききる、マックスに吸う、この繰り返しが大事です。

低音ボイストレーニング:④甲状披裂筋(TA)&輪状甲状筋(CT)バランス・ストレッチ

息を大きく吸って、上半身リラックス、あくびの喉で、「ファー」と言いながら、自分の最低音から最高音まで、サイレンのように駆け上がり、そのまま最低音までバランスよく降りていきます。

感覚としては地声(チェストボイス)・ミックスボイス・裏声(ヘッドボイス)が一つに繋がるイメージです。

「ファー」が出来たら次に「フェ―」、「フィー」、「フォー」、「フゥー」と実施していきます。

ミックスボイスについてはこちらもぜひご参考にして下さい。

低音ボイストレーニング:⑤リラックス・ロングトーン

リラックスしながら、自分の低音の限界を少しずつ超えていくトレーニングです。

大きく息を吸って、上半身完全リラックス、喉はあくびの状態で、男性はC3(mid1C)、女性はG3(mid1G)から、「ファー」、「フェ―」、「フィー」、「フォー」、「フゥー」とリラックスしながらロングトーンします。

楽に声が出せれば、半音下げていき、楽ではなけば、半音上げる形で、少しずつ低い音程が出るようになるまで、チェックしながら毎日続けていきます。

『低音を出していると喉が痛くなる』という意見もありますが、その通りであれば、今すぐトレーニングを中止してください。喉が痛くならない、リラックスした発声というのが、低音練習の前提となります。

低音ボイストレーニングは、正しい姿勢・呼吸・支えが重要なので、魅力的な低音を出すには、上半身完全リラックスして、重心を落として、体重を全部足元に落とします。

詳細はこちらです

2.【チェストボイス】理想的な地声になる練習法【ボイストレーニング】

理想的な地声(チェストボイス)になる練習方法は、男女や声の状態によって、真逆になります。
なぜなら、地声(チェストボイス)が強すぎる人と、弱すぎる人がいるためです。

地声と言われているチェストボイス、日本語にすると胸声ですが、このイメージで歌うと混乱する方が多いです。男性の場合は胸への響きが強すぎて、固い場合が多く、女性の場合は逆に響きが弱すぎて、柔らかすぎる場合が多いです。発声はバランスなので、全員の練習方法が変わります。

強くて固すぎるチェストボイスを柔軟でしなやかにする練習法

  1. まず胸で響かせるという感覚を全て抜きます。胸をもって振動していたら、それを全く振動しないように、少し頭の方に響きを持っていきましょう。
  2. たくさん息を吸って、上半身リラックスで、あくびの喉で、息多めで、裏声のようなイメージで地声(チェストボイス)を出します。
  3. 基本太くならないよう、強くならないように発声、つまり細く、弱く、口の中だけで声が軽くなっている状態で歌うようにします。

弱くて柔らかすぎるチェストボイスを柔軟でしなやかにする練習法

  1. まず重心をどっしりと下に下げて、目の前にこぶしを握り、声を出しながらこぶしを下へ下へとおろしていきます。
  2. 声のポジションを後ろから鼻腔まで、ゆっくり移動して、自分にとって一番響きの良い所でキープします。
  3. 大きな壁の前に立って、その壁をずっと前に押し込みながら、発声し上半身の使い方と、お腹の使い方をチェック。壁を押し込まなくても、立ったまま同じことが出来るようになるまで練習します。

『自分の地声(チェストボイス)が、強いのか弱いのか見当つかない』という意見もあると思いますが、その通りなので、オンラインの無料体験レッスンで指導させて頂きます。

地声(チェストボイス)が強すぎる人と、弱すぎる人がいるので、理想的な地声(チェストボイス)になる練習方法は、男女や声の状態によって、真逆になります。

詳細はこちら!

3.【声の低い男女にピッタリ】低音をカッコよく聴かせるオススメ楽曲

声の低い男女にピッタリな、低音をカッコよく聴かせる、オススメ楽曲をご紹介します。
なぜなら、低音をたっぷり魅力的に聴かせることは、歌の醍醐味の一つだからです。

女性のオススメ楽曲

★地上の星 / 中島みゆき [公式]

地上の星 / 中島みゆき [公式]

★あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

★松任谷由実 – 春よ、来い

松任谷由実 – 春よ、来い

男性のオススメ楽曲

★福山雅治 – 桜坂 (Full ver.)

福山雅治 – 桜坂 (Full ver.)

★菅田将暉 『さよならエレジー』

菅田将暉 『さよならエレジー』

★MONGOL800 / 小さな恋のうた

MONGOL800 / 小さな恋のうた

ここにあげた以外の曲も自分が知っている曲は、色々なキーでどんどん挑戦してみましょう。

女性は男性の高音域の曲をそのままのキーで、男性は女性の曲を1オクターブ下で、歌うものおススメです。

たくさん歌って、録音して聴いて、自分の声の低音の魅力を常に磨いていきましょう。

『高音域がある曲は無理』という意見もありますが、その通りなので、その場合は自分のキーにあわせて歌いましょう。

低音をたっぷり魅力的に聴かせることは、歌の醍醐味の一つなので、声の低い男女にピッタリな、低音をカッコよく聴かせる、オススメ楽曲をご紹介します。

もっと魅力的に聴かせる曲が知りたい方はこちらをチェック!

まとめ

  • 魅力的な低音の出し方がわかった
  • 理想的な地声(チェストボイス)になるボイストレーニングがわかった
  • 低音をカッコよく聴かせるオススメ楽曲がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

低音を出す方法とは】をじっくりとお教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました