表現力(音色)とは

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万 人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは『表現力(音色)とは』です。

  • ウイスパーボイスの出し方をしりたい
  • 魅力的なハスキーボイスの出し方をしりたい
  • 究極の超高音ホイッスルボイスの出し方をしりたい

1.【ウィスパーボイスとは】ウイスパーボイスの出し方と素敵な歌手一覧

ウィスパーボイスとは、声門閉鎖を意識的に弱く不完全にし、息を大量に流して気息的な音を多く出す歌声です。
なぜなら、声門閉鎖を弱くすることで、繊細さやセクシーさ、エロティックさを演出することができるからです。

ウィスパーボイスの出し方

ウィスパーボイスは、しっかりした発声法がなければ美しく響きません。

次の5つのポイントであなただけのウィスパーボイスを響かせてください。

  1. ストレッチ 肩甲骨と首回りをリラックスさせるストレッチをします。
  2. 呼吸 鼻70%、口30%で息を限界までゆっくり吸い、背中を通って腰までゆっくりと息を入れます。
  3. 声帯の振動 声帯への空気圧を弱めにし、微量の空気で声帯を振動させます。
  4. 鼻腔共鳴 鼻腔に大きなホールがあることを創造してその方向に共鳴を集中させます。
  5. 子音・母音 子音と母音の息の量やアクセントを変えてより個性を演出します。

録音しながら自分の納得した歌声になるまで、高音域から低音域までリラックスして声を出しましょう。

ウィスパーボイスが素敵な歌手

歌の上達は完コピからと言われています。

まずは自分のこれだという理想のウィスパーボイスを見つけて、一緒に歌って録音して、様々なテクニックを習得していくことをお勧めします。

ここでは素敵なウィスパーボイスの歌手やアーテイストをご紹介します。是非ともじっくり聴いてあなたの理想を見つけてみてください。

ヴァネッサ・パラディ、カヒミ・カリィ、クレモンティーヌ、カーディガンズ、シャノン・ワイズ、他にもたくさんの素晴らしいウィスパーボイスアーティストを聴くことをおススメします。

『自分が上手く出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りなので、まずは録音して魅力的な声になっているかを確認しましょう。段階的に息の量をコントロール出来るようになりましょう。

声門閉鎖を弱くすることで、繊細さやセクシーさ、エロティックさを演出することができるので、ウィスパーボイスとは、声門閉鎖を意識的に弱く不完全にし、息を大量に流して気息的な音を多く出す歌声です。

ウイスパーボイスをもっと掘り下げたい方はこちらをチェック

2.【エッジボイスとは】鼻を使って簡単にできるエッジボイスの出し方

エッジボイスは表現力のテクニックであると共に、様々なボイストレーニングにも不可欠な声です。
なぜなら、声帯閉鎖や高音発声のトレーニングのためにも、エッジボイスが必要だからです。

エッジボイスは、声帯原音もしくはボーカルフライとも呼ばれます。
これを出すことで、声帯の状態が、声が出しやすい状態にリセットされます。

★エッジボイスの出し方

  1. まずはリラックスして、たくさんの息を吸って「ふわーっ」とロングトーンを出しながら、自分の声の最低音まで声を下げていきます。
  2. 最低音まで下げると、声がガラガラとなって「ア゛―」となると思います。この声がエッジボイスです。
  3. まずこの声をメトロノーム80の四分音符で一拍ずつ出せるようになりましょう。
  4. その後、舌を前に出すことで、一拍ずつ順番に「ア゛―」「ン゛―」「ア゛―」「ン゛―」と口の中と鼻の中で交互にエッジボイスしましょう。
  5. この鼻にいる感じを覚えて、高音を発声すると普段より楽な高音が出せるようになります。

『出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りです。様々なエッジボイスを使って歌っているアーティストの真似をして録音し、トレーニングで身につけましょう。

声帯閉鎖や高音発声のトレーニングのためにも、エッジボイスが必要なので、エッジボイスは表現力のテクニックであると共に、様々なボイストレーニングにも不可欠な声です。

エッジボイスについてもっと知りたい方はこちらをチェック

3.【ハスキーボイスとは】魅力的なハスキーボイスの出し方と練習方法

ハスキーボイスとは、声帯閉鎖の不完全さが生み出す、ノイジーでかつ、倍音が多い魅力的な声です。
なぜなら、ハスキーボイスでは、声帯を鳴らしながら息の倍音を出すことが出来るからです。

ハスキーボイスは、声帯閉鎖と、息の倍音を増やす事で、出してきます。

但しこれはかなりの上級テクニックなので、直接プロのボイストレーナーに習うことをおススメします。

まずは声帯閉鎖を不完全にして、息をたくさん出すことがポイントなので、これを実施していきたいと思います。

★ハスキーボイス出し方

  1. まずは話し声の高さで「ふあーっ」とロングトーンの声を出します。
  2. この「ふぁーっ」に段々息を足していきます。
  3. 様々なバランスで声の量・息の量を出します。
  4. これを自分の中で録音しながら何度も聴き返します。
  5. 息に一番倍音成分が乗っていて、魅力的なハスキーボイスになったところを身体で覚えて、様々な音程で出せるようにトレーニングします。

『録音を聴いてもわからない』という意見もありますが、その通りなので、しっかりとハスキーボイスを勉強したい方は、プロのボイストレーナーにみてもらいましょう。

ハスキーボイスでは、声帯を鳴らしながら息の倍音を出すことが出来るので、ハスキーボイスとは、声帯閉鎖の不完全さが生み出す、ノイジーでかつ、倍音が多い魅力的な声です。

ハスキーボイスについてもっと知りたい方はこちらをチェック

4.【シャウトとは】喉を痛めない正しいシャウトの出し方と注意点

「シャウト」とは、叫ぶように歌うことなので、喉を痛めない正しいシャウトの出し方と注意点をマスターしましょう。
なぜなら、間違ったやり方で練習し続けると、喉を痛めてしまう危険性があるからです。

★喉を痛めない正しいシャウトの出し方

  1. まずはハミングで、自分の一番出しやすい音から、徐々に高音を出していきます。
  2. そのままハミングを鼻腔に響かせながら、徐々に口を開けていき「まー」と声を出していきます。
  3. 「まー」を裏声の状態で、鼻に響かせ、そのままの状態で、声帯閉鎖を強く意識し、重心を落として、上半身完全リラックスの状態のまま、軟口蓋に力強く叫ぶように息をぶつけて声を出します。

『上手く出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りなので、とにかく録音して確認しましょう。

注意点は、喉がかすれる、喉が痛いときは絶対にお休みしましょう。

自分が大好きなシャウトのアーティストを聴いて、まずは頭の中で声が出る流れをシュミレーションしてリラックスして行いましょう。

間違ったやり方で練習し続けると、喉を痛めてしまう危険性があるので、「シャウト」とは、叫ぶように歌うことなので、喉を痛めない正しいシャウトの出し方と注意点をマスターしましょう。

シャウトの出し方をもっと知りたい方はこちらをチェック

5.【ホイッスルボイスとは】究極の超高音ホイッスルボイスの出し方解説

ホイッスルボイスとは、笛のように聞こえる、超ハイトーンボイスの高音発声法で、高度な技術が必要です。
なぜなら、発声するには声帯の極わずかな部分だけを振動させて、息を止めているような少ないブレスで発声する特殊な方法だからです。

★ホイッスルボイス・トレーニング:①息を吸いつつ発声する
リラックスして、息を吸いながら、高音を発声します。息を吸いながら出す声は、吐きながら出す声よりはるかに高い声が出ます。

★ホイッスルボイス・トレーニング:②声帯の形を整える
息を吸いながら発声した時の喉の形を意識しておきます。その形のまま、今度は逆に吐くようにします。息の流れだけを逆転させます。

★ホイッスルボイス・トレーニング:③安定して発声する
声帯の形を上手く整え、喉はほぼ閉じて、共鳴腔を小さくします。息が流れにくく、詰まったような感じで、咽頭を微調整し安定させます。

『出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りなので、まずは録音しながら、色々な実験をしていきましょう。

喉が痛かったり、声がかすれてきたらすぐに中止してください。

そのような症状が続く場合は、間違った発声で喉を酷使しているので、専門のボイストレーナーにみてもらいましょう。

発声するには声帯の極わずかな部分だけを振動させて、息を止めているような少ないブレスで発声する特殊な方法なので、ホイッスルボイスとは、笛のように聞こえる、超ハイトーンボイスの高音発声法で、高度な技術が必要です。

ホイッスルボイスを出せるようになりたい方はこちらをチェック

6.【イケボとは】イケボの出し方とイケボになる方法を徹底解説

イケボの出し方とイケボになる方法は、低音ボイスと口角上げです。
なぜなら、イケボは低音で心地良いという特徴があるからです。

イケボの声には5つの特徴があります。

  1. 安定した低音
  2. ゆったりとした落ち着き
  3. 滑舌が良く聴きとりやすい
  4. セクシーな色気がある
  5. もっと聴いていたい心地良さ

次に5秒で出来るイケボの出し方と方法を説明します。

  1. 自分の普段の話し声より少し低音で話す。
  2. 自分の普段の話すスピードよりもゆったりと話す。
  3. そのまま口角を上げ、しっかりと目をあけて笑顔になって話す。

『出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りなので、録音して再生して、理想の声に近づいていきましょう。自分の理想の声を見つけて、完全コピーしましょう。

イケボは低音で心地良いという特徴があるので、イケボの出し方とイケボになる方法は、低音ボイスと口角上げです。

イケボについて掘り下げたい方はこちらをご覧ください

7.【デスボイスとは】喉を痛めないで誰でも出来るデスボイスの出し方

喉を痛めないで誰でも出来るデスボイスの出し方をマスターしましょう。
なぜなら、デスボイスは喉にとても負担をかけてしまう歌い方のため、喉を傷つけてしまうことがあるからです。

デスボイスには大きく2種類あります。フォールス コード スクリームとフライ スクリームです。

★フォールス コード スクリーム

主に低音のデスボイスで、声帯を開き大量の息を吐き出すことで仮声帯を振動させることで出すことができます。
口を○(まる)もしく縦に長い楕円形の形にして、お腹を使って強く息を吐き出します。

「オ゛ォ゛ォ゛ーーーーー」と声はハッキリと出さなくていいので、口の開け方、息の出し方、お腹の使い方の3点を意識するようにしてください。

★フライ スクリーム

声帯を閉じた状態から息を絞り出すようにして声を歪ませるのがフライ スクリームです。

フライ スクリームを出せるようになるにはエッジボイス(ボーカルフライやミックスボイスともいわれます」を出せるようになる必要があります。

エッジボイスが出せるようになったら、裏声と合わせて出すようにします。慣れていないうちはか細い声になってしまったり、上手く声が出せないと思います。

『デスボイスが出来ているかわからない』という意見もありますが、その通りなので、喉が痛かったり、声がかすれてきたらすぐに中止してください。

そのような症状が続く場合は、間違った発声で喉を酷使しているので、専門のボイストレーナーにみてもらいましょう。

デスボイスは喉にとても負担をかけてしまう歌い方のため、喉を傷つけてしまうことがあるので、喉を痛めないで誰でも出来るデスボイスの出し方をマスターしましょう。

デスボイスを出す方法や種類をもっと掘り下げたい方はこちらをチェック

8.【セクシーボイスとは】誰もが魅了されるエロい歌声の歌手を徹底解説

誰もが魅了されるエロい歌声の歌手は、それぞれが個性的なセクシーボイスを持っています。
なぜなら、色気と雰囲気のある歌声は、歌手の世界観から生まれるからです。

★セクシーボイスで歌うための歌唱テクニック

まずは息漏れを交えて声を出すウィスパーボイスを身につけましょう。
ウィスパーボイスを身に着けることによって、セクシー度が一気に上がります。

ただし、ずっとウィスパーボイスで歌を歌ってしまうと抑揚がなくなってしまいますので、エッジボイスを交えて歌ってみたり、シャウトなどを入れて表現してみるのが効果的です。

また、上級者になると、小声でセリフを入れてみたりするとセクシーな表情が一層際立ちます。

★人を惹きつける魅力的なステージング方法

セクシーで魅力的なステージにしたいのであれば、まずは曲選びに気をつけましょう。

また、曲や歌声以外のところにも気を付けましょう。

例えば、ステージ衣装やメイクは曲に合ったものを選びましょう。

歌唱中の表現や色っぽい目線をつくることによって、よりセクシーなステージングになるでしょう。

『私には必要ない』という意見もありますが、その通りなので、自分の歌手としての世界観にあわせて学んでいきましょう。

色気と雰囲気のある歌声は、歌手の世界観から生まれるので、誰もが魅了されるエロい歌声の歌手は、それぞれが個性的なセクシーボイスを持っています。

エロい歌声の歌手をもっと知りたい方はこちらをチェック

まとめ

  • ウイスパーボイスの出し方がわかった
  • 魅力的なハスキーボイスの出し方がわかった
  • 究極の超高音ホイッスルボイスの出し方がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

表現力(音色)とは】をじっくりとお教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました