【解説】歌が上手くなるボイトレ「6つの手順」とは!?【プロ監修】

歌が上手くなるボイトレ ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。

この記事では、ボイトレ専門家の私が、失敗しないボイトレ方法をご紹介します。

  • 歌が上手くなるボイトレを知りたい
  • 音痴を克服する方法を知りたい
  • カラオケで人気の歌うまになりたい

1.歌が上手くなるボイトレ

まずは、ボイストレーニングの基礎をご紹介します。

①身体を楽器にするストレッチ

まずは身体を楽器にするストレッチを行います。
なぜなら、歌うときに必要な、呼吸と声帯振動と共鳴を自由にコントロール出来るようになるからです。

楽な姿勢で立って行いましょう

インストゥルメンタル・ボディストレッチ

  • 肩甲骨をほぐすようにゆっくり大きくクロールのように前に手をまわします。
  • 大胸筋を広げながらゆっくり大きく背泳ぎのように手を後ろにまわします。
  • 首を右斜め前、左斜め前に軽く倒した後、大きくゆっくり1周ずつまわします。
  • 前屈のような姿勢で、上半身を脱力し、肩甲骨の真ん中に息を入れてリラックスします。

息はゆっくり大きく吸って、吐いてリラックスしながら行います。余裕が出てきたら、リップロールや、ハミングをしながら行いましょう。

閉じている身体を開くこと、肩甲骨を入念にほぐす事を特に意識して行って下さい。身体全身が気持ちよく、リラックスしてきたらOKです。

身体が硬くて動きづらい、という意見もあると思いますが、その通りなので、ゆっくり大きく、少しずつ動かしてきましょう。

歌うときに必要な、呼吸と声帯振動と共鳴を自由にコントロール出来るようになるために、身体を楽器にするストレッチを行います。

②息をMAXまで吸うトレーニング

息をMAXまで吸うトレーニングを行います。

なぜなら、息が歌声のガソリンであり源だからです。

MAXブレストレーニング

  • 口を半開きにして、鼻70%・口30%で鼻を中心に身体の後ろの方に息を吸います。
  • その息をまずは腰に入れて、その後背中、肩甲骨、肩、首、顔、目の中までいれます。
  • 口を縦に開けて、「ホッ」と息を1回で吐ききります。

これをまずは6回ゆっくり行います。

腰から段階的に身体を開きながら、息を入れてくという事を身体で覚えて下さい。

しっかり入るようになったら、次は歌で使えるスピードブレストレーニングを実施します。

スピードブレストレーニング

  • スマホアプリ等で、メトロノームを出し、120のテンポを鳴らす。
  • はじめの2拍で息をMAXまで吸う。
  • 終わりの2拍で息を全て吐ききる

全身リラックスして、気持ちよく行ってください。

ブレスコントロールに必要な、肺活量とインナーマッスルをじっくり鍛え上げる事が出来ます。

息がMAXまで吸えているかわからない、という意見もあると思います。その通りなので、まずはしっかり吐ききる事だけにフォーカスして、トレーニングを進めてください。

息は歌声のガソリンであり源なので、息をMAXまで吸うトレーニングを行います。

③ナチュラルボイストレーニング

ナチュラルボイストレーニングを行います。

なぜなら、自分の本当に魅力的な声だからです。

MAXブレストレーニングで息を吸った後。

ナチュラルボイストレーニング

  • 全身の力を抜いて、息の移動だけで「ふわーっ」とため息をします。
  • 「ふわーっ」のため息を声帯を閉じていき、自分の話し声の辺りで、リラックスして発声します。
  • 「ふわーっ」を自分の最低音から最高音まで、サイレンのように楽に声を響かせます。

とにかく、全身リラックスです。特に上半身は絶対に何もしない。どこにも力を入れない。

うまく出来ない時に、気をつける大事なポイントを8つお伝えします。

  1. 大きな声を出そうとしない
  2. 良い声を出そうとしない
  3. 気合を入れてやろうとしない
  4. 前に声を出そうとしない
  5. 吐くという感覚で声を出さない
  6. 顔を前に出さない
  7. 顔を上にあげない
  8. 下顎を下げない

全て力が入るからです。ボイトレの基本はどこにも力の入っていない、自分のニュートラルを知るという作業になります。その時はじめて、ナチュラルボイスが顔を出します。

力を入れないと声は出ません、という意見もあると思います。その通りなので、声は小さくていいです。息が移動しているだけ、他は何もしていない、この感覚を覚えて下さい。

自分の本当に魅力的な声「ナチュラルボイス」をトレーニングします。

関連【保存版】東京のボイトレスクールおすすめ3選【音痴OK/プロ講師】

2.カラオケで人気の歌うまになる方法

次は「カラオケ」に特化したボイストレーニングをご紹介します。

  1. ブレスアピールトレーニング
  2. アクセントトレーニング
  3. ビブラートトレーニング

具体的に解説します。

①ブレスアピールトレーニング

ブレスアピールトレーニングをしましょう。
なぜなら、最近の曲では、ウイスパーボイスやサイ(歌の語尾に吐息を吐く)が、表現力として当たり前に使われているからです。

カラオケで人気の歌うまになりたい曲を決めて、まずはじめは普通に歌います。次にその曲でトレーニングします。

ブレスアピールトレーニング

  • 裏声のような感じで声帯を開ききって、大量の息の中に少し声があるような感覚で歌います。
  • 歌の語尾に吐息を吐く音を情感たっぷりに入れていきます。
  • 吐息の音程をフォール(素早く下げる)、ヒーカップ(素早く上げる)します。
  • 息を吸う音も、軟口蓋に当てて情感たっぷりに発します。

ウイスパーボイスや、歌の語尾、歌の休符の部分でのブレスの音は、とても繊細に人の心に入ってきます。

息継ぎをする場所も、その長さも歌のリズムやグルーヴ、感情が伝わってきます。非常に上級なテクニックですが、まずは意識をするところからはじめてください。

自由に息のコントロールが出来ない、という意見もあると思いますが、その通りなので、まずは好きなアーティストのブレスをヘッドフォン等で、じっくり聴いてみましょう。

最近の曲では、ウイスパーボイスやサイ(歌の語尾に吐息を吐く)が、表現力として当たり前に使われているので、ブレスアピールトレーニングをしましょう。

②アクセントトレーニング

アクセントトレーニングをします。
なぜなら、歌は言葉を大切に届けるものだからです。

歌の中でメロディと詞はどちらが大事だと思いますか?

色々な意見があると思いますが、全ての楽曲で歌詞カードは、「作詞」「作曲」と作詞が先です。

歌は、詞を届ける事が重要で、その詞を伝えるために、メロディがあります。大事な言葉には、アクセントをつけて強調することが必要です。

自分で大事なことを見つけるために、必要なことを解説します。

  • まずは歌詞を朗読する
  • 大事な言葉にチェックを入れる
  • その言葉をしっかり強調して歌う

歌詞はしっかり覚えましょう。そして1本の映画のストーリーのように、その主人公になりきって、詞を語るように歌いましょう。

スマホ等で動画を撮影して、自分らしく自然に歌を届けられているか確認して、歌が上手くなる努力をしましょう!

歌詞が覚えられない、という意見もあると思います。その通りなので、カラオケの画面でずっと歌詞を追うのではなくて、確認程度に見て、自分の言葉で歌えるようになりましょう。

歌は言葉を大切に届けるものなので、伝えたい言葉にしっかりと、アクセントをつけましょう。

③ビブラートトレーニング

ビブラートトレーニングで表現を豊かにします。
なぜなら、歌の語尾の余韻が、人が魅力を感じる大きな要因だからです。

カラオケで人気の歌うまになりたい曲を決めて、まずはじめは普通に歌います。次にその曲でトレーニングします。

ビブラートトレーニング

  • 全てのロングトーンをビブラートで歌います。
  • サビの最後にある長めのロングトーンは、まずロングトーンした後にゆっくりビブラートします。
  • 歌手のオリジナル音源を聴きながら、全く同じようにビブラートが出来るよう完コピします。

ビブラートは、声をより遠くまで響かせ、歌の表現をさらに豊かにします。しっかりと自分のものにしていきましょう。

なお、ビブラートの上達法【簡単】自宅でOK!超おすすめの、ボイトレ方法3選【ビブラート】で解説しています。

歌の語尾の余韻が、人が魅力を感じる大きな要因なので、しっかりとビブラートトレーニングしましょう。

ここまで紹介した6つの手順通りにボイトレをすれば、ワンランク上の声が手に入ります。

レベルアップしませんか?

もっともっと、効率よくキレイな歌声をGETするために、オンラインスクールに通うのもいいかもしれません。

»ボイトレスクールおすすめ3選【音痴OK/プロ講師】

業界No.1のATOボーカルスクールでしたら、プロ歌手を教えるボイストレーナーのレッスンが無料で体験できます。

これでカラオケを100倍楽しんじゃってください!

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました