【シャウトとは】喉を痛めない正しいシャウトの出し方と注意点

ボイストレーニング

今日はシャウトの出し方です。

シャウトはロックやメタルに雰囲気を加えることができます。

今日はそんなシャウトの喉を痛めないで発声する方法をご紹介します。

結論から、シャウトは仮声帯を使ってロングトーンで発声します。

  • シャウトをマスターしたい
  • シャウトをすると喉が痛くなる
  • 仮声帯ってなに?
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

本日もこちらの記事は田中のマネージャーが担当致します。

1.シャウトってなに?

前回「デスボイスの出し方」をテーマに記事を書きました。

そこでは「デスボイス」も「シャウト」も全部同じ『スクリーム』の一つと説明しました。

つまり全てが『スクリーム』なので、例えば「デスボイスはできるけど、シャウトができない。」と言うことを言っている方がいるとすると、それはちょっと解釈が間違っているんですよね。

ちなみにシャウトの英語での意味は“大声で叫ぶ、叫ぶ、大声を出す、(…を)どなりつける、どなる、(…が)叫ぶ”です。

なので、「シャウトの出し方=スクリームのやり方、叫び方」となります。

2.スクリームの種類

前回の記事「【デスボイスとは】喉を痛めないで誰でも出来るデスボイスの出し方」でも書きましたが、復習としてこちらにも書きます。

シャウト(叫び方)の種類

フライコードスクリーム(喉を絞るような発声。少し乾いたような声。苦しそうに聞こえる)

フォールズコードスクリーム(仮声帯に声をあてて喉を開いて発声。響いた声)

また、叫ぶときの喉の絞り方、開き方、などで聞こえ方が変わります。

聞こえ方の種類

グロウル(喉うがいの様な声)

ガテラル(排水溝やトイレなどが流れる時の様な下水感のある声。音の中にゴロゴロ感がある。)

ピッグスクイール(豚の鳴き声の様な声。口を特徴的な開き方をして音を出す。)

ホイッスル(女性の悲鳴の様な、馬の鳴き声の様な声。)など

聞こえ方などは、前回代表的なアーティストのMVなどでご説明してあるのでこちらを参考にしてみてください。

3.シャウト(スクリーム)の出し方

以下2種のどちらかをまず習得する必要があります。

フライコードスクリーム(喉を絞るような発声。少し乾いたような声。苦しそうに聞こえる)

フォールズコードスクリーム(仮声帯に声をあてて喉を開いて発声。響いた声)

フライスクリーム

  1. まずエッジボイスを出します
  2. 少しずつエッジボイスを「あ、あ、あ、あ」となるようにとにかく少しずつ出しながらため息を混ぜていきます
  3. そして喉の奥で鳴らすことを意識して音域を下げます
  4. そして一気に空気を過度にはきます
  5. 響きをそのままに大きな口を開けて、空気を吐き切りましょう

フォールズコードスクリーム

  1. まずものすごく大きいため息をつく
  2. そしていびきのような鳴りをしながまたすごく大きなため息をつく
  3. そして口をすぼめる。大きく開けない

どちらでも、自分がやりやすい方でいいと思います。

どちらもわかりにくい。と言う意見もあると思います。その通りです。次にフォールズコードスクリームのもう一つのやり方を説明します。

フォールズコードスクリームのやり方

私個人的に、いろんなアーティストのシャウトを聴き比べたり、プロのスクリームトレーナーの方の動画などを見た所感としては、フォールズコードスクリームだったら一番習得の難易度は高いけれど、喉を傷めにくいのではないかと思いました。(個人差はもちろんあります)

自分でも何度も試しましたが、フライコードスクリームは喉が締まって、とにかく苦しいです。

正直、喉も傷めそうになりました。

しかし、これから説明するフォールズコードスクリームの出し方を試したところ、スクリームっぽい鳴りがやっと出せそうになりました。

なので、フォールズコードスクリームのよりやりやすいかも?な出し方をご説明します。

  1. たんを切る様な声、咳払いの様な音を仮声帯で出す。「ゴホン、ゴホン、ゴホン(若干車のエンジン音の様なイメージの発声)」
  2. そのままその「ゴホンゴホン」を伸ばす。「ゴホーーーーーーーン」の様な唸るような感じ
  3. その「ゴホンゴホン」の鳴りに、声を少しずつ混ぜてみる「ゴホーーーーーーーン、あ゛―――、ん゛――――――」のような感じ
  4. そしてバランスをとってみる

以上です。

習得のカギは「仮声帯に音を当てる感覚」を掴むことです。

ボイスパーカッションなどをしてる方にとっては、仮声帯で音を作ることに慣れているのできっとこの意味もわかるかもですし、スクリームも余裕でできる方が多いですが、基本、普通の生活をしていて仮声帯は使う機会がないので、一般的にはわかりにくいと思います。

とにかく少しずつでいいので仮声帯で音を作る感覚を鍛えていきましょう。

4.仮声帯が習得のカギ

フォールズコードスクリームは仮声帯で作るというお話をしてきました。

仮声帯。全然聞き慣れない言葉ですよね。

実は、仮声帯は「エッジボイス」「がなり声」こんな発声をしたい時にも使う重要な部分です。

仮声帯は、声帯の奥にあるヒダの様なところをさします。

仮声帯についてはまだまだ科学的に証明されていないことが多く、諸説あるので言い切れないことが多いのですが、以下の様な説があります。

  • 食物や飲料が気道に入らないようにすることがある
  • 大量の空気が喉を通って声帯がかたくなる時に、仮声帯が声帯をアシストする

また発声についてもわかってることとしては、仮声帯を使いこなすとノイズまで行かないような絶妙な「二重の音」を作ることができて、歌を演出して凄味を加えたり、雰囲気を持たせることができるみたいなんですね。

また、仮声帯を自分のベストな状態で使いこなせる人は、スクリームやがなり声を出しても声帯を傷つけることなく長い時間歌い続けることができます。

フォールズコードスクリームのやり方でご紹介したように、まずは、たんを切る様な声、「エヘンエヘン」「ゴホンゴホン」の様な声をやって見ましょう。

その時、声と同時にもう一つ声が混じって二重の声になっていませんか?

それは仮声帯がおそらく反応しています。

まずは無理矢理練習に持ち込むのではなく、感覚を知りましょう。

仮声帯を使える様になると、様々な曲でできるようになりますし、がなりやシャウトを使う曲もアーティストの様に歌えます。

5.仮声帯を使っている歌

短時間でも仮声帯を使える様になると歌える曲

ここでは短時間でも仮声帯を使える様になったら歌える曲の例を挙げます。

東京事変 – 幕ノ内サディスティック

東京事変 – 幕ノ内サディスティック

皆さんが憧れる曲ですね。ストレートに歌っても素敵ですが、聴かせる音楽にするためには、この様に世界観にマッチした歌い方が必要です。

短時間でも仮声帯を使える様になれば、椎名林檎さんのようにこういうがなり声を少し出せる様になるかもです。

【Ado】うっせぇわ

【Ado】うっせぇわ

話題の曲です。こちらもサビの前にがなり声が入っています。

慣れてくれば同じようにできると思います。

だいぶ仮声帯を使えるようになったら歌える曲

Lady Gaga-Do What U Want

Do What U Want

こちらはレディーガガの曲の中でも一番くらいにがなり声が使われています。

難易度は結構高いです。それなりに歌唱力もなければ歌いきれません。

わかりやすいので参考によく聴いてみてもいいと思います。

Dragon Ash「百合の咲く場所で (Live) -2014.5.31 NIPPON BUDOKAN-」

Dragon Ash「百合の咲く場所で (Live) -2014.5.31 NIPPON BUDOKAN-」

Dragon Ashさんは、歌っている時恐らく、常に仮声帯を使いながら歌ってるんじゃないかなと思います。

常に声が二重に聴こえます。特にサビや盛り上がりの時にはスクリーム感が増します。

男性は特に参考になると思います。

以上おすすめの参考例でした。

シャウトする、がなる、これらを早く習得しようとするとかならずと言っていいほど声帯に負担がかかります。

多くのアーティストは努力して仮声帯を習得できた方も多いと思いますが、素質的に仮声帯を使うことを知っていたり、丈夫な声帯を持っていたりする方も多く、到底真似はできないことも多かったりします。

それじゃ一般の私たちじゃ無理ってことじゃん。って意見もあると思いますが、仮声帯は使っていないだけで、実は全然できた!喉も大丈夫!って方も少なくありません。

声帯も人それぞれ持って生まれた特性があるので、喉が繊細すぎてできない人もいることは確かです。

とにかく無理をせず3〜5分だけとか、週2くらいなどで練習してみてもいいかもです。

くれぐれも喉を壊すことがないように喉を労り、気をつけて練習しましょう。

疲れたらすぐにお水を飲んで休憩をたっぷり挟んでください。

仮声帯を上手く使える様になれば、喉を傷つけることなくシャウトできる様になるでしょう。

まとめ

本日はシャウトの出し方について書きました。

  • 一番響いて、喉に負担がかかりすぎない方法はフォールズコード
  • フォールズコードでシャウトするためには仮声帯を使う
  • 仮声帯は諸説あり、まだまだ謎が多い体の機能
  • 仮声帯が使えるようになればスクリーム、がなり声などもできる様になる
  • 仮声帯シャウトの長時間練習は喉に負担がかかり、壊す恐れあり
  • 仮声帯を使ってシャウトを慣れるためには、長期間、週2回ほど、一回3〜5分くらいの短さの練習量がおすすめ
  • 水分をよく取りましょう

以上、シャウトの出し方まとめでした。

皆さん、まずは超短時間だけ、練習をしてみてください。

コツを掴むことが上手な人は、すぐできちゃいますよ。

とにかく、声帯に負担がかかりやすい練習です。

間違って喉を締めて強く声を出してがなり声っぽい発声をしている人もいるかもですが、きっと喉に違和感を感じているはずです。

少しでも不調を感じたらやめておきましょう。

とにかく、このフォールズコードの練習。は長期的にみましょう。

焦らずじっくり積み上げて行くことがスクリーム習得のキモです。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ATOオンラインボイトレでも毎日レッスンを受け付けています。

無料体験レッスンも30ふん受けることができるので声のお悩み抱えている方はぜひ一度カウンセリングを受けてみてください。

下のページからご予約できますよ。

本日もこちらの記事を読んで頂きありがとうございました。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました