【ビジネスボイストレーニング】ビジネスで活かす声をつくるボイトレ

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【ビジネスボイストレーニング】ビジネスで活かす声をつくるボイトレです。

  • ビジネスで成功する声を知りたい
  • 魅力的な声を作るビジネスボイトレを知りたい
  • 説得力や安心感を与える声の出し方を知りたい

1.声の高さ(音程トレーニング)

ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の高さを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

なぜなら、音程トレーニングで、声の高さをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは、必須の技術だからです。

ビジネスで活かす声をつくるボイトレは、声の高さ(音程)×声の速さ(リズム)×声の大きさ(声量)を自由にコントロールできる事で実現できます。

人に言葉を伝えるためには、声の高さ・速さ・大きさが最も重要だからです。

まずは、声の高さを自由自在に操る事で、どのような効果があるか、考えてみましょう。

声の高さによる効果:1.高い声で話す

高い声で話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。

また電話の声や挨拶も、普段の声よりも少し高い声で行うと好印象になります。

朝の挨拶や、はじめましての挨拶、低い声でどんよりされたらどのような気分でしょうか。

ビジネスの現場では、挨拶は最重要です。

その時声の高さが、低いか、高いかによって、元気でハキハキな感じと、元気がなくモタモタな感じが、伝わってしまいます。

もちろん元気でハキハキとが正解なので、声の高さを上げることが重要です。

この時にただ上げればよいというわけではなく、ナチュラルボイスで、時間や相手に合わせた、最適な音程があります。

普段の自分の声よりも、2度、3度、5度程度高い声を出します。

自然体でこのような高い声が出せるようになるためのトレーニングを行いましょう。

声の高さによる効果:2.低い声で話す

低い声で話すことは、安心感や説得力が増します。

重要な話や相手に安心感を与えるためには、安定した低い声が必要です。

興奮している相手に安心感を与える。

話の中で特に重要な部分で説得力を持つ。

このような時に高い声は逆効果です。

低い声で話すことで、安心感や説得力を作ります。

この場合も、舌根が下がってしまったり、無理やり低い声を出すことは厳禁です。

自然体のナチュラルな声で、低い声を出す必要があります。

音域が広ければ広いほど、倍音も鳴り、同じ音程でも説得力が増します。

しっかりとトレーニングしていきましょう。

声の高さ【音程トレーニング】1.リップロール

  1. 鼻を中心に息を吸います。
  2. 唇を軽く閉じて、少し突き出します。(上唇より下唇の方が気持ち前に出る感じです)
  3. 閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させます。
  4. 続くようになったら、音程を自由に上下させながらリップロールを行います。
  5. 自分の好きな曲のメロディを様々な音域でリップロールします。

詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。リップロール&タングトリルとは

声の高さ【音程トレーニング】2.ハミング

  1. 鼻を中心に息をゆっくり大きく吸います。
  2. 唇を軽く閉じて、上半身と喉をリラックスします。
  3. 鼻で息を吐きながら、鼻から音を出す感じで、口の中を響かせます。
  4. 続くようになったら、音程を自由に上下させながらハミングします。
  5. 自分の好きな曲のメロディを様々な音域でハミングしてみましょう。

声の高さ【音程トレーニング】3五十音発声

  1. 全身の力を抜いて、息の移動だけで「ふわーっ」とため息をします。
  2. 「ふわーっ」のため息を声帯を閉じていき、自分の話し声の音程で発声します。
  3. 「ふわーっ」を自分の最低音から最高音まで、サイレンのように楽に声を響かせます。
  4. 50音順にこの感覚で、「あいうえお」、「かきくけこ」と発声していきます。
  5. 上半身完全リラックス、下半身にしっかり重心を落として行ってください。

力を抜いて高音を出すのが難しい、という意見もあると思います。まずは自分の出る範囲で、低い音と高い音を出しましょう。力を入れてしまうと、トレーニングとして意味がありません。力を抜いて楽に出る音域でトレーニングする事で、段階的に音域も広がっていきます。
音程トレーニングで、声の高さをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは必須の技術なので、ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の高さを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

2.声の速さ(リズムトレーニング)

ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の速さを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

なぜなら、リズムトレーニングで、声の速さをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは、必須の技術だからです。

声の速さによる効果:1.はやく話す

すばやく話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。

またスピードが求められる仕事上でも、はやく的確に話せることは重要です。

はやく話す時に、最も重要なのは、言葉がしっかり伝わるように話すという事です。

どれだけはやく話せても、言葉が良く分からず、聴き返されていたら、何の意味もありません。

一言、一言を丁寧にはやく話せるようになることが重要です。

声の速さによる効果:2.ゆっくり話す

ゆっくりと話すことは、安心感や説得力が増します。

重要な話や相手に安心感を与えるためには、ゆっくりと話せる力が必要です。

また大事な話や、重要な言葉の前では、適切な間を取るという事も大切です。

ゆっくり話す時は、とにかく間のとり方が重要です。

良い間を取って、話が出来ることで、ゆっくりと話す話に説得力が生まれます。

やはり一言、一言を丁寧に、言葉を心でかみしめながら、話せるようになりましょう。

声の速さ【リズムトレーニング】

トレーニング方法は、スマホアプリのメトロノームを使って、文章を読むことです。

ここでは「外郎売(ういろううり)」をご紹介します。

http://www.saikoenren.com/index.php?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=43&metadata_id=9
  1. まずはスマホ等で録音しながら外郎売を読みます。
  2. それを再生し出来ていない所に線を引っ張って、普通に読めるようになります。
  3. その後メトロノーム60を設定し、それを聴きながら外郎売を読んで録音します。
  4. これも再生しながら、出来ていない所を確認し、出来るまで実施します。
  5. 出来るようになったら、メトロノーム80、100、120、140とテンポを上げていきながら読んでいきます。

テンポにあわせて読むという事がどのようにしていいかわからない、という意見もあると思います。その通りなので、まずはメトロノームをかけながら、手を叩いたり、ステップを踏んで、その調子に合わせて、自分なりに読んでもらえれば大丈夫です。録音して、再生してを繰り返し、魅力的になるように何度も読んでいると、自然とリズムトレーニングをマスターしていきます。
リズムトレーニングで、声の速さをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは、必須の技術なので、ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の速さを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

3.声の大きさ(声量トレーニング)

ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の大きさを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

なぜなら、声量トレーニングで、声の大きさをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは、必須の技術だからです。

声の大きさによる効果:1.大きな声で話す

大きな声で話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。

また朝や終業の挨拶、場面転換としてメリハリをつけたいタイミングでも、普段の声よりも少し大きな声で行うと好印象になります。

大きな声と言っても、叫んだり、どなったり、うるさい声ではありません。

魅力的な良く通る、響きのある声ということになります。

通る声は、ビジネスボイトレでは必須の技術になります。

声の大きさによる効果:2.小さな声で話す

小さな声で話すことは、相手の注意を惹くことが出来ます。

あまり大きな声で言えない話や、話全体に抑揚が必要な時は小さな声からはじめ、ストーリーのクライマックスに近づくにつれて大きな声で話すようにするという事も重要です。

声の大きさも、相手や環境、話す内容によって、最適な声量があります。

これを自由自在にコントロール出来るようになることが、最も重要な技術になります。

声の大きさ【声量トレーニング】1.ロングトーン

  1. 「あー」から50音全ての音を自分のいつも話している音程で伸ばします。
  2. まずは自分の中で一番小さな声ではじめます。
  3. 1秒ごとに声のボリュームを上げていきます。
  4. 10秒まで10段階大きなボリュームまで出来たら次の言葉に行きます。
  5. とにかく上半身の力を抜いてリラックスして行い、喉が痛い場合は終了してください。

声の大きさ【声量トレーニング】2.スタッカート

  1. 「あいうえお」という言葉をいつも話している音程で、最大限短く発声します。
  2. まずは自分の中で一番小さな声ではじめ、1秒ごとに声のボリュームを上げていきます。
  3. 10秒まで10段階大きなボリュームまで出来たら次の「かきくけこ」に行きます。
  4. これも出来れば、50音全ての音でトレーニングします。
  5. とにかく上半身の力を抜いてリラックスして行い、喉が痛い場合は終了してください。

10段階も声のボリュームがない、という意見もあると思います。まずはイメージで良いです。小さな声を聴こえないくらい出来るだけ小さく、大きな声は怒鳴るのではなくて、響かせるように、上半身リラックス、下半身しっかりで行いましょう。段階的に声量が広がっていきます。
声量トレーニングで、声の大きさをコントロールすることが、ビジネスボイトレでは、必須の技術なので、ビジネスで活かす声をつくるボイトレ【ビジネスボイストレーニング】は、声の大きさを自由に、コントロール出来るようになることが必要です。

まとめ

  • ビジネスで成功する声がわかった
  • 魅力的な声を作るビジネスボイトレがわかった
  • 説得力や安心感を与える声の出し方がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【ビジネスボイストレーニング】ビジネスで活かす声をつくるボイトレをじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました