リップロール&タングトリルとは

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは『リップロール&タングトリルとは』です。

  • リップロールの効果をしりたい
  • リップロールのやり方しりたい
  • 巻き舌(タングトリル)効果のやり方と出来ない場合の練習方法コツをしりたい

1.【リップロールの効果】ボイストレーニングのウォーミングUPに最適

リップロールは、ボイストレーニングのウォーミングUPに最適です。
なぜなら、腹式呼吸のトレーニングと、上半身のリラックス、正確な音程と音域を広げるトレーニングになるからです。

①腹式呼吸のトレーニング

リップロールは、息の吐き出す量をしっかりコントロールすることが必要です。
そのためには、腹式呼吸により横隔膜を使い、スムーズに空気量を調節します。
リップロールは、唇を閉じて行うため、通常の発声時より空気の流れがゆっくりで、息の量を調整する、横隔膜に負荷がかかります。これにより、横隔膜が鍛えられ、滑らかな呼吸が可能となり、腹式呼吸のトレーニングになります。

②上半身のリラックス

歌をうたうときに、呼吸と共に重要なのが、上半身リラックスです。
喉や首周辺だけではなく、特に唇周辺の表情筋を最大限リラックスさせる必要があります。
リップロールは、唇の力を全部抜かなければ、震わせることが出来ません。これをすることで唇と表情筋から上半身全体の力を抜いて、リラックスできるようになります。
また、声帯のマッサージにもなり、声帯周辺の血流がよくなるので、声を出す前に行うと大変なめらかに発声することができます。

③音程を正しく取るトレーニング

リップロールは、声帯だけで音程を作る基礎的なトレーニングになります。リップロールを維持しながら、音程の上下を繰り返すことで、声帯の開け閉めを通して、音程の細かいコントロールが出来る様になります。また、リップロールは唇が閉じている分、大きな声が出ず、自然なボリュームに収まるため、地声から裏声へのチェンジが滑らかに行えます。無理なく滑らかにチェンジを繰り返す事で、性格な音程で、音域を広げる事が出来ます。

『リップロールが上手く出来ない』という意見もありますが、その通りなので、次の章で、【リップロールのやり方】できない人が何秒でも出来るようになる方法を解説します。

腹式呼吸のトレーニングと、上半身のリラックス、正確な音程と音域を広げるトレーニングになるので、リップロールは、ボイストレーニングのウォーミングUPに最適です。

リップロールでのウォーミングアップ方法をもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

2.【リップロールのやり方】できない人が何秒でも出来るようになる方法

リップロールのやり方と、できない人が何秒でも出来るようになる方法を解説します。
なぜなら、リップロールが出来ないのは、次の3つの理由に絞られるからです。

リップロールができない理由

・息の量が多すぎる
・頬や口角が下がっている
・唇が硬くなっている

できない人が何秒でも出来るようになる方法

1.息の量が多すぎる→まっすぐに細く息を出す
2.頬や口角が下がっている→手の指で左右の口角を寄せたり上げながら行う
3.唇が硬くなっている→滑りをよくするために少し唇をぬらしてみる

リップロールのやり方

1.鼻を中心に息を吸う
2.唇を軽く閉じて、少し突き出す。(上唇より下唇の方が気持ち前に出る感じ)
3.閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させる。
4.続くようになったら、音程を自由に上下させながらリップロールを行う。
5.自分の好きな曲のメロディを様々な音域でリップロールする。

振動は緩やかに細かくならないように。良い状態のときは「プルプル」とゆったりと軽やかに回転して聞こえます。できるだけ長い時間続けられること。もし途中で切れてしまう場合は上手くできていません。口周りをリラックスさせましょう。

リップロール出来ているか判断できないという意見もありますが、その通りなので、どうしても気になる方は、無料体験レッスンで、一度プロのボイストレーナーにみてもらいましょう。

リップロールが出来ないのは、次の3つの理由に絞られるので、リップロールのやり方と、できない人が何秒でも出来るようになる方法を解説します。

リップロールの方法をもっと掘り下げたい方はこちらをご覧ください。

3.【巻き舌(タングトリル)効果】やり方とできない場合の練習方法コツ

巻き舌(タングトリル)は、歌やボイストレーニングのウォーミングアップに必須のスキルです。
なぜなら、舌のストレッチや筋トレになり、呼吸法のトレーニングにもなるからです。

①巻き舌(タングトリル)が歌やボイストレーニングに必要な3つの効果

1.舌のストレッチ
歌やボイストレーニングの時に、舌のリラックスは必須条件です。そのためには舌を伸ばしたり曲げたりとストレッチして、柔らかく自由に動ける状態にしておく必要があります。巻き舌(タングトリル)は、舌の力を全部抜けないと出来ないので、これが出来るようになると、舌がしっかりリラックスして、ストレッチ出来るようになります。

2.舌の筋力トレーニング
歌やボイストレーニングの時に、舌は様々な動きや形を作る必要があります。その動きや形に柔軟に対応できるよう、舌の筋力トレーニングが必要です。

3.呼吸法のトレーニング
歌やボイストレーニングの時に、呼吸法のトレーニングは不可欠です。巻き舌(タングトリル)をするためには、しっかりとした呼吸法が必要で、これを練習するだけで、呼吸法のトレーニングになります。

②巻き舌(タングトリル)のやり方

1.舌根ほぐしエクササイズ
・きれいなティッシュで舌を持ちます
・ゆっくり気持ちの良い所まで前に伸ばします
・15秒キープを3セット行います

2.舌ストレッチエクササイズ
・舌を最大まで前に出します。
・音楽に合わせて舌を30秒ほど上下させます。
・舌を「上」「右上」「右」「右下」「下」「左下」「左」「左上」「上」とリズムに合わせて時計回りにまわします。

3.巻き舌発声法
・「らりるれろ」を上の歯の上に舌を当てながら発声します。
・「とぅら・とぅり・とぅる・とぅれ・とぅろ」を上の歯の上に舌を当てながら発声します。
・息を同時に吐きながら、上記を発声し巻き舌にしていきます。

③できない場合の練習方法とコツ

1.舌の筋力の低下
舌ストレッチエクササイズを毎日して筋力をつけていきましょう。

2.不十分な呼吸法
腹筋を使って、「ハッ・ハッ・ハッ・ハッ」と強い呼吸で発声できるようにトレーニングしましょう。

3.舌に力が入りすぎている
舌根ほぐしエクササイズを毎日して筋力をつけていきましょう。

『巻き舌(タングトリル)が、上手く出来ない』という意見もありますが、その通りなので、毎日じっくり少しずつ、練習を積み重ねていきましょう。

舌のストレッチや筋トレになり、呼吸法のトレーニングにもなるので、巻き舌(タングトリル)は、歌やボイストレーニングのウォーミングアップに必須のスキルです。

タングトリルのやり方をもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

  • リップロールの効果がわかった
  • リップロールのやり方がわかった
  • 巻き舌(タングトリル)効果のやり方と出来ない場合の練習方法コツがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

リップロール&タングトリルとはをじっくりとお教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました