【歌うま】音域が広がる!【リップロール】

リップロール ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人のマネージャーです。
この記事では、ボイトレ歴25年間で、1万人以上のレッスンをさせて頂いている、田中マネージャーの私が、【歌うま】音域が広がる!【リップロール】をご紹介します。

皆さんはリップロールを知ってますか?そして、やってみたことはありますか?
実はリップロールは広くボイトレで用いられています。
今回はこのリップロールから得られるボイトレ効果を紹介します!

1.リップロールの方法

これがまずリップロールの方法です。

  1. 唇を湿らす
  2. 口角を軽く指で上に上げる
  3. 唇に力を入れずに閉じた状態で空気を細く吐き出し唇をブルブルブルと震わせる

そして慣れたら、以下のことをしてみましょう。

  1. 声を出さずに鼻歌だけでリップロール
  2. 音階をつけながらリップロール

これらのことをできるようになると、どんなメリットがあるのでしょうか。

2.リップロールのメリット

リップロールから得られる効果はかなり多くありますが、とくに強調したいのは、

リップロール自体、口周りを脱力しないとできないので、自然と意識しなくてもリラックスした状態になれる。

ということです。

リラックスした状態を保てるようになると、喉に力みをつけて話したり、歌ったりするような喉に負担をかける動作をしなくなります。そうなると、声が枯れにくくなったり声の濁りも少なくなります。
喉に負担がかからなくなるということは、喉に関する病気の予防にもなりますし、声のアンチエイジングにも繋がるので健康にもいいですよね。

そして最大の強味は、

音域が広がる

ということです。

トレーニングを重ねることが大前提ではありますが、リップロールで一曲歌ったり、音階をつけることができるようになると、リップロールを始める前よりも音域が広くなります。

継続するポイント

始めは慣れていないとなかなか唇を震わせることができなくて、絶望するかもしれませんが、とにかく唇に力を入れないで細く息を吐いて、辛抱強く練習してみてください。

そして、なかなか息が続かなくて唇を震わせ続けることができない、途中で途切れてしまう場合は、前回紹介したようなペットボトルで呼吸法をトレーニングしたり、ロングブレスもプラスで練習してみてください。
ちなみにロングブレスについても前回記事に書かせて頂いてます。
ぜひお時間ある方はちょっと読んでみて試してくださいね。

呼吸が深くできるようになると、このリップロールのみで一曲鳴らし続けられるようなります。
とにかく感覚をつかみましょう。感覚さえつかめればすぐにリップロールは上達します。

リップロールもペットボトルやロングブレスの呼吸法も多くの時間を要しません。
1分からできる簡単なトレーニングです。
ぜひ、家で、お風呂で、車の中で、歩いてるときなど、ぜひトライしてみてください。

そしてATOボーカルスクールでも、リップロールを用いたボイトレをしています!
力んで歌っていた生徒さんがリラックスしてうたえるようになったり、音域が広くなったりしています。
今日から毎日自分一人でもできるような、ボイトレも体験レッスンから指導させて頂いてます。
音域を広げて歌唱力アップしませんか?

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

まずは無料体験レッスンしてみて下さい。
この記事が参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました