【歌唱力UP】ボイトレで鍛えるべき、3つの筋トレ【自宅OK】

ボイトレ筋トレ自宅 ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。

筋トレで、ボイトレを激変させる裏技をご紹介します。

「ボイトレで一番大事な筋トレは、腹筋です」
という情報を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

実は、ウソなんです。

この記事では、歌唱力UPに直結する筋トレ方法を解説します。

  • 歌上達のためのボイトレに筋トレが必要なのか知りたい人
  • どこの筋肉を鍛えるのか知りたい人
  • ボイトレ筋トレの練習方法が知りたい人

ボイトレで鍛えるべき、3つの筋トレ【自宅OK】

ボイトレ筋トレ自宅

歌唱力UPを劇的にサポートする筋肉は、たった3つしかありません。

まずは、「インナーマッスル」「表情筋」「声筋」を集中的に鍛えましょう!

筋トレ①:インナーマッスル

インナーマッスルは呼吸をコントロールしているので大切です。

歌声は、呼吸と声帯と共鳴で作られます。

・呼吸で息が作られる
・声帯で音が作られる
・共鳴で歌声が作られる

このように積み上げ式なので、正しい呼吸法で、しっかりした息を声帯に送り込まなければ、魅力的な歌声は完成しません。

息を吸う、息を吐く事のコントロールは、喉ではなく、インナーマッスルで行います。

インナーマッスルって何?という意見もあると思いますが、特にわからなくても大丈夫です。筋トレで、自然に鍛える事が出来ます。

呼吸のコントロールが、歌声のスタートなので、しっかりとインナーマッスルを鍛えましょう。

筋トレ②:表情筋

表情筋も歌にとって、とても大事な筋肉の一つです。
なぜなら、表情筋を使うことにって、声が豊かに共鳴するからです。

繰り返しになりますが、歌声は、呼吸と声帯と共鳴で作られます。

実は、声帯はとても小さく、声筋から発声される音量も、とても小さいのです。これを歌声にするために、表情筋を使って、声を共鳴させ、歌声として、響かせていきます。声の音色や表現力も、表情筋により豊かになっていきます。

表情筋で声が良くなるの?という意見もあると思います。はじめはわかりづらいと思いますが、しっかりと鍛えていくと、圧倒的に歌声が魅力的になりますので、諦めずに頑張って行きましょう。

表情筋で声が豊かに共鳴するので、表情筋を鍛えましょう。

筋トレ③:声筋

ボイトレで鍛える筋トレで、最も大事な筋肉は「声筋」です。

なぜなら、発声で最も大事な、「声の高さ」「声の大きさ」「地声」「裏声の調節」を行っているからです。

声帯は筋肉と、粘膜で出来ています。声帯は、声の高さ、声の大きさ、地声、裏声の調節という、声に関する司令塔のような役割を担っています。また、声帯筋肉だけでなく、声帯周辺筋肉の活動で、発声しています。これを鍛える事が、ボイトレ自体でも、最も大切なポイントとなっています。

声帯も周辺筋肉も、見えないから分からない、という意見もあると思いますので、分からなくても問題ない、トレーニング方法を今回はレクチャーします。

声筋が、発声で最も大事な、声の高さ、声の大きさ、地声、裏声の調節を行っているので、まずは声筋を鍛えましょう!

ボイトレ筋トレ×インナーマッスル

ボイトレ筋トレ自宅

筋トレは、大きな筋肉からトレーニングする事が基本なので、まずはインナーマッスルから、鍛えていきましょう。

ボイトレに必須の「インナーマッスル」を鍛える方法は3つあります。

①プランク

・よつんばいになって、両ひじと両足の4点で身体を支え、一枚の板のように固めて20秒キープします
・お腹を凹ませて、腹筋とお尻を締めます
・太もも裏を緊張させながら、20秒キープします

②バックブリッジ

・仰向けに寝て、膝を上げながら、両肩と両かかとの4点で、身体を支えます
・かかとは、ひざの真下に近づくように、お尻を浮かせた状態で、20秒キープします
・両手を上にあげ、片足を左右順番に、真っすぐ上げて20秒キープします

③サイドブリッジ

・横向きに寝て、身体を浮かしながら、ひじと足の外側で身体を支えます
・ひじは肩の真下に、体と床で三角形を作るイメージです
・20秒キープして、反対側も行います

次に表情筋を鍛えていきます。小顔等の美容効果もあるので、毎日コツコツ鍛えていきましょう。

ボイトレ筋トレ×表情筋

ボイトレに必須の「表情筋」を鍛える方法は3つあります。

④ボートエクササイズ

音楽を聴きながらリズムに乗ってトレーニングしましょう

・ボートを漕ぐように、手を前に出しながら、上唇をアヒルのように出して「う」の発声をします
・前に出した手を身体に戻しながら「い」の発声をしながら口も戻します
・上記4回を4セット繰り返します

⑤タングトレーニング

音楽を聴きながらリズムに乗ってトレーニングしましょう

・軽く「あー」と発声しながら、舌を前に8回出しましょう
・軽く「あー」と発声しながら、舌を上下に8回動かしましょう
・軽く「あー」と発声しながら、舌を左右に8回動かしましょう

⑥フェイシャルグルーヴ

音楽を聴きながらリズムに乗ってトレーニングしましょう

・軽く「あー」と発声しながら、口と鼻を出来るだけ上下交互に、8回動かしましょう
・軽く「あー」と発声しながら、唇を出来るだけ大きく左右交互に、8回動しましょう
・軽く「あー」と発声しながら、下顎を下げずに、上顎だけ「ニコッ」と、8回上げましょう

最後に一番繊細な、声筋を筋トレしていきます。

ボイトレ筋トレ×声筋

ボイトレ筋トレ自宅

ボイトレに必須の「声筋」を鍛える方法は3つあります。

⑦リップロールパッサージョ

・軽く口を閉じます
・唇をほんの少し突き出します
・閉じた唇の間から、息を出して唇を「ブルブル」と振動させます
・自分の声の最低音と、最高音を何度も行き来きして、声筋をストレッチします

⑧声帯開閉エクササイズ

・スタッカートで、「あっ」「あっ」「あっ」「あっ」と短い音程を行き来します
・慣れてきたら、1回目の「あっ」を低く、2回目の「あっ」を高く、段々音程差をつけながら、「あっ」「あっ」を続けていきます
・途中から1回目の「あっ」が地声、2回目の「あっ」が裏声になっていきます。そのまま自分の最低音と、最高音まで到達し、地声、裏声、地声、裏声と声帯を開閉してきます

⑨ロングトーンパッサージョ

・まずは、裏声の最低音から最高音まで、「あ~」と柔らかく発声します
・次に、地声の最低音から最高音まで、「あ~」と柔らかく発声します
・最後に、地声の最低音から、裏声の最高音まで「あ~」と繋げて、そのまま地声の最低音まで、途切れずにロングトーンします

ボイトレ筋トレまとめ

  • 歌上達のためのボイトレに、筋トレは必要です
  • 声筋・インナーマッスル・表情筋を鍛えます
  • ボイトレ筋トレの練習方法は9つ

「ボイトレに効果バツグンの筋トレが、しっかりできているのか確認したい」
という方のために、今回ボイトレ筋トレが理解できる、無料体験レッスンをご用意しました。

専門家に習って、しっかり鍛えたい方は、是非とも体験レッスンにお越しください。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました