【カラオケ採点】音程バーが合わない人へ【音程正解率UPのコツ】

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。
今回のタイトルは、【カラオケ採点】音程バーが合わない人へ【音程正解率UPのコツ】です。

  • 音程正解率UPのコツを知りたい
  • 音程バーが合わない理由を知りたい
  • 音程の千本ノックを知りたい

1.ガイドメロディをスマホに録音

カラオケ採点で、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、ガイドメロディをスマホに録音して、毎日聴いて覚えることです。なぜなら、ガイドメロディが、音程バーの正解だからです。

音程をあわせる事って、本当に難しいです。

声帯を1秒間に440回振動させて、「ラ」(A4)という音を出しています。

そのオクターブ上の「ラ」(A5)を出すためには、倍の880回、1秒間に声帯を振動させる必要があります。

まずは、この音程をあわせる事は、身体にとっても、かけがえのない技術で。難しいことだと覚えてください。

そして、それに挑戦できることに、感謝と喜びを感じましょう。

音程バーが合わない理由の一番は、正しい音程を覚えていないということになります。

ポップスは言葉重視の音楽なので、正しい音程(メロディ)を覚える事は大変です。

正しいメロディを覚える事が難しい理由を3つ解説します。

アーティスト本人の原曲ではなく、カラオケを歌っている人の曲を聴いて、メロディを覚えている。

これはとても多いことで、人が歌うカラオケを聴いて、曲を覚える事は多いです。

そうすると、アーティスト本人とは違う、その歌った人のメロディで、覚えてしまいます。

必ずアーティスト本人の原曲を聴くようにしましょう。

アーティスト本人の原曲ではなく、YouTube等の動画で、ライブ映像を観て、メロディを覚えている。

これもとても多いことで、YouTubeでライブ映像を観て、曲を覚える事は多いです。

そうしてしまうと、アーティストは、ライブごとに原曲とは違うメロディで歌っていることも多く、原曲とは違うメロディで覚えてしまいます。

必ずアーティスト本人の原曲を聴くようにしましょう。

歌は、言葉をメロディに乗せるので、一番と二番でコード進行や伴奏が同じでも、メロディが違う場合がある。

これもとても多いことで、ずっと一番と同じメロディで、歌っている方が多いです。

そうしてしまうと、二番で言葉にあわせて、メロディが変わることも多いので、間違ったメロディで、覚えて歌ってしまいます。

必ずアーティスト本人の原曲を聴くようにしましょう。

音程バーとガイドメロディの覚え方

1.カラオケ機能のガイドメロディを最大にして、これをスマホに録音して、毎日聴いて歌うという練習方で、正しいメロディを身体で覚えます。

2.音程バーと、ガイドメロディを最大にして、スマホで動画もとります。音程バーと、ガイドメロディだけに集中して、動画をみる事によって、正しいメロディを把握できるようになります。

何度やってもあわないところがある、という意見もあると思います。その通りであれば、一度頭で覚えているメロディを真っ白にしてください。そして、音程バーと、ガイドメロディを最大にしながら、「ら」でその通りに歌ってみてください。歌詞だと中々難しい場合もあるので、まずは巻き戻し練習しながら「ら」で、音程バーにしっかりあうまで、反復トレーニングしましょう。
ガイドメロディが、音程バーの正解なので、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、ガイドメロディをスマホに録音して、毎日聴いて覚えることです。

2.歌詞を覚えて音程バーに集中

カラオケ採点で、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、歌詞を覚えて、視覚は音程バーのみに、集中することです。なぜなら、視覚を音程バーのみに集中できれば、音程正解率はUPするからです。

音程バーが合わない人は、音程バーをしっかり見ていないことが多いです。

音程バーをしっかり見るためには、歌詞を覚える必要があります。

歌詞の覚え方:1.ライティング

歌詞の覚え方で最も大切で、最も心に残るのが、歌詞を書き出すことです。

歌を聴きながら、歌詞を書き出してみましょう。

この時に、漢字で書くものの他に、子音と母音を全てひらがなで書いた、歌詞カードも作りましょう。
例えば「愛してる」であれば、「あいしいてえるう」です。

これがあると、子音と母音を分けてとらえる事ができ、表現力もつけやすくなります。

このライティングをしながら、Aメロ、Bメロ、サビ、大サビなど曲の構成を確認し、1番と2番で歌詞の違う所、ポイントなどにアンダーラインを引き、大きな字で自分が見やすい、自分だけの歌詞カードを完成させます。

そして、それをワープロや、スマホのメモでも、改めて工夫して、打ち込み、さも自分がこの歌詞を書いたかのように、心と頭にインプットします。

歌詞の覚え方:2.リスニング

まずは原曲を何度も何度も聴きます。

先程の歌詞カードを見て聴くのと、見ないで聴くのを順番に繰り返します。

ワープロ打ちで、10部ほど歌詞カードをコピーして、これにブレスや、声の大きさ、表現、ニュアンスなどを書き込みます。

大きな歌詞カードのプリントを部屋中に貼って、寝る前と起きた瞬間も見るようにします。

言葉の音と、文字を頭の中に焼き付ける事によって、何もしていなくても、頭の中がカラオケの画面になっていて、歌詞が頭の中の画面に浮かんでくる所まで、これを繰り返します。

歌詞の覚え方:3.シンギング

まずは原曲をかけて、歌詞を見ながら、口ずさみます。

次に歌詞を見ないで、口ずさみます。

先程のたくさんコピーした紙を用意して、覚えていなかったところに、赤線を引きます。

そしてまた、歌詞を見ないで歌い、出来ていなかったところに、赤線を引いて目立たせます。

苦手な所は、どんどん赤線が増えていくので、強調され、覚えられるようになっていきます。

たまに、改めて歌詞を見ながら、歌ったりも繰り返し、赤線を引くことがなくなるまで、これを繰り返します。

次にこれをカラオケで行います。

カラオケで出来るようになれば、最後はアカペラで歌います。

アカペラで、歌詞を全く間違えずに、フルコーラス歌えるようになったら完成です。

いつも同じところを間違える、という意見もあると思います。その通りなので、間違えたところをどんどん目立つように、色々な色で線を引いて行きましょう。そこだけ大きく書いて、部屋に貼ったりもOKです。むしろそこだけは、絶対忘れないという状況まで、歌い続けましょう。

視覚を音程バーのみに集中できれば、音程正解率はUPするので、カラオケ採点で、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、歌詞を覚えて、視覚は音程バーのみに、集中することです。

3.音程の千本ノック

カラオケ採点で、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、音程の千本ノックです。

なぜなら、音程の千本ノックをすれば、苦手な所がなくなり、音程正解率がUPするからです。

音程バーが合わない人は、苦手な音程があることが多いです。

これを解決するために、野球の千本ノックをイメージして、私が命名した「音程の千本ノック」があります。

音程の千本ノック

  1. まずは普通に音程バーの出る採点機能で、カラオケを歌いはじめます。
  2. 自分の歌が、全て音程バーとあっていれば、次のページに進めます。
  3. 1か所でも音程バーと、自分の歌が外れた場合、巻き戻して、そのページの頭から歌いなおします。
  4. そのページの全ての音程が、音程バーとあえば、次のページに行きます。
  5. 最後のページが終わるまで、この作業を繰り返すことにより、1曲全てを完璧な音程になるまで、トレーニング出来ます。

1曲に30分や、1時間かかる場合もありますが、苦手な音程がなくなるので、音程正解率のUPには、圧倒的な効果があります。

ぜひトライしてみてください。

音程の千本ノック注意点

  1. 全くページが進まない場合は、ガイドメロディを上げたり、ガイドボーカルを聴いたり、原曲を聴いたりして、喉を休みながら行いましょう。
  2. 何度やっても同じところでつまずく場合は、一度歌詞で歌うのをやめて、「ら」で歌って、音程をあわせる所からはじめましょう。
  3. それでも出来ない場合は、一度そこは飛ばして、最後まで歌い切り、その後その部分だけ、出来るまで徹底的に練習しましょう。

音程の千本ノックを自分でするが難しい、という意見もあると思います。その通りなので、まずは自分の感覚で、苦手な所を何度も巻き戻して、練習できるようになりましょう。苦手な所を把握し、克服することができれば、音程正解率は、自然にUPしていきます。音程の千本ノックをすれば、苦手な所がなくなり、音程正解率がUPするので、カラオケ採点で、音程バーが合わない人へ、音程正解率UPのコツは、音程の千本ノックです。

まとめ

  • 音程正解率UPのコツがわかった
  • 音程バーが合わない理由がわかった
  • 音程の千本ノックがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【カラオケ採点】音程バーが合わない人へ【音程正解率UPのコツ】をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました