ボイトレ独学の3ステップ【120%失敗しない方法、を解説!】

ボイトレ独学 ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。

この記事では、ボイトレ専門家の私が、失敗しない独学方法をご紹介します。

  • ボイトレを独学でマスターする方法を知りたい人
  • 独学のメリット・デメリットを知りたい人
  • ボイトレを学ぶベストな方法を知りたい人

1.ボイトレ独学の3ステップ

ボイトレ独学

独学でボイストレーニングをするなら、下記の3ステップで進めましょう。

  1. 「4つの記事」を実践
  2. YouTubeでトレーニング
  3. カラオケアプリ

それぞれ、具体的な独学方法を解説します。

STEP1. 「4つの記事」を実践

まずは当ブログで紹介した4つの記事をサクサク読んで、自分なりに実践してみてください。

1万人の生徒へレッスンする中で導き出した「業界トップのノウハウ」を無料で学ぶことができます。

必読の4記事はコチラ。

1記事目

「身体を楽器にする」「呼吸法」「ナチュラルボイス」「ブレスアピール」「アクセント」「ビブラート」について学びます。

【解説】歌が上手くなるボイトレ「6つの手順」とは!?【プロ監修】
こんにちは、田中直人です。2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。この記事では、ボイトレ専門家の私が、失敗しないボイトレ方法をご紹介します。...

2記事目

ボイトレで必須の「高音」「ビブラート」「滑舌」を学びます。

【簡単】自宅でOK!超おすすめの、ボイトレ方法3選【ビブラート】
こんにちは、田中直人です。2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。ボイトレ専門家の私が、今すぐ自宅でできるボイトレ方法をご紹介します。...

3記事目

自宅で声が出せない場合は、「インナーマッスル」「ドッグブレス」「表情筋」「舌根」「リズム」を学びます。

【解決】家でできる!ボイトレ5選【無料:シンプル練習法】
こんにちは、田中直人です。2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。この記事では、ボイトレ専門家の私が、声を出さなくても効果バツグンの、家でで...

4記事目

最後に、ボイトレを毎日続けるコツを学べば完璧です。

【プロ監修】ボイトレを「毎日」継続させるコツ【脱!3日坊主】
こんにちは、田中直人です。2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。質問です。「ボイトレを、毎日していますか?」理想の声を手に...

「読むだけでは覚えられない…」と最初は苦戦するかもしれません。

まずは、大事なところだけをコピペして、自分なりの理論書を作り、常に持ち歩きましょう。

ボイトレに必要な全ての内容を網羅しているので、このブログのトレーニング内容を実践しましょう!

STEP2. YouTubeでトレーニング

理論書が完成したら、次はYouTubeで、声を出しながらトレーニングしましょう。

動画では目と耳で、情報をインプットできるのでオススメです。

今回は私がプロデュースする「カラオケ大学YouTubeチャンネル」から動画をピックアップしました。

動画①

まずは、男女ともに比較的歌いやすい「マリーゴールド」を学びましょう。
母音、アクセント、裏声、こぶし、フォール、区切り、ディストーションが学べます。

【歌い方】マリーゴールド/あいみょん【歌うまボイトレ音痴克服カラオケで上手く歌うコツ】

動画②

次に初心者でもジャズが歌える講座に挑戦してみましょう。
一緒に歌うだけで、発音、ビブラート、リズム、抑揚、フェイクが学べます。

初心者でもジャズが歌えるようになる講座「FLY ME TO THE MOON」フランク・シナトラ宇多田ヒカル

動画③

「カラオケが上手くなる3つのヒケツ」では、歌うまの簡単なコツが理解できます。
高音、歌詞の朗読、曲の構成の知識が学べます。

現役JKが教える「カラオケが上手くなる3つのヒケツ」【歌うまボイトレ音痴克服カラオケで上手く歌うコツ】

動画④

小学生でも出来るビブラートのやり方では、ビブラートを理解できます。
動画と一緒に、まねして歌うことで、段々とビブラートが、出来るようになります。

小学生でも出来るビブラートのやり方「アイノカタチ/MISIA」カラオケバトル2020年U-18新人王伊沢有香

これ以外でもYouTubeには、ボイトレ動画がたくさんあるので、良いと思った動画を再生リストに加え、再生リストを自分のボイトレ教材としましょう。

自分の声がわからない、という意見もあると思います。その通りなので、スマホ等で録音して、何度も自分の声を確認しながら、行いましょう。

動画では目と耳で、情報をインプットできるので、YouTubeで声を出しながら学びましょう。

なお、↑の動画で講師を務めている伊沢有香さんのテレビ東京「カラオケ☆バトル」優勝インタビュー記事【祝】ボイトレ体験談を、20人に聞いた【カラオケバトルで優勝!】をどうぞ。

STEP3. カラオケアプリ

カラオケアプリなら、自分の歌を客観的に聴けますよね。

理論書が出来て、YouTubeで教材を作ったあとは、実践です。

カラオケアプリで録音→再生→歌をチェック→良い部分を残して悪い部分を改善していきましょう。

特にオススメのアプリは「歌っちゃ王」です。

自分の歌を客観的に分析したいので、カラオケアプリで歌いましょう。

2.ボイトレ独学のデメリット

ボイトレ独学

独学でボイストレーニングすると、意外なデメリットがあるのをご存知でしょうか?

メリットと併せてご紹介します。

ボイトレ独学のメリット:「無料」

ボイトレ独学のメリットは無料ということです。
なぜなら、自分で全て出来るからです。

このブログや、インターネットで、情報を収集し、自分なりの理論書を作る事。そしてYouTubeで、声や歌を聴きながら学ぶこと。カラオケアプリで歌うこと、これはすべて無料です。

  • ブログやサイトをコピペして理論書作成
  • YouTube再生リストでボイトレ教材作成
  • カラオケ無料アプリで自分の歌を分析

無料で出来る範囲で、最高の歌声を作り上げましょう。

サイトやYouTube、アプリのどれがいのかわからない、という意見もあると思います。その通りなので、もし見つからなければ、ここまで説明した、当ブログ・カラオケ大学のYouTube・歌っちゃ王で大丈夫です。

ボイトレ独学の最大で、唯一のメリットは無料ということです。

独学のデメリットは「喉を壊す」こと

ボイトレ独学のデメリットは、中々うまくならず、喉を壊すという事です。

なぜなら、自己流になってしまうからです。

ボイトレを独学で学んでも、それが本当に正しい発声法なのかは、専門家にしか分かりません。

声や身体は、1万人いたら1万人違うので、自己流では、悪い癖や、発声を磨けない可能性があります。その結果、中々上手くならないだけでなく、喉を壊してしまう事も、良くあります。

喉を壊してしまうリスクには耐えられない、と思います。その通りなので、出来れば最初は、プロ講師によるボイストレーナーのレッスンをオススメしています。

自己流では上手くならずに、喉を壊す危険があります。

3.ボイトレを学ぶベストな方法

ボイトレ独学

効率的にボイストレーニングしたいなら、独学+レッスンがオススメです、という話をします。

1ヶ月独学で準備

まずは、1ヶ月独学します。
なぜなら、投資へ向けて、最大限の準備が必要だからです。

  1. 理論書
  2. 教材
  3. アプリ

で知識も経験も積み、日々試行錯誤で日記をつけて、1か月後のレッスンへ向けて、最大限準備します。

先生に聴きたい事、課題曲の歌詞を覚えて、目的の明確化、レッスン終了後のゴールイメージも持ちます。

喉を壊してしまうリスクには耐えられない、という意見もあると思います。その通りなので、出来れば、15分ごとに休憩で、1日30分程度、喉が痛い、調子悪い日は、中止してください。

投資に向けて最大の準備のために1ヶ月程独学します。

3ヶ月~半年間プロのレッスン

1ヶ月の独学で、しっかり準備して、プロのボイトレレッスンを3ヶ月から半年間受講します。

基礎を全部吸収するためです。

ある程度歌えている人で3ヶ月、音痴克服であれば半年間で基礎を全部吸収し、自分で出来て、家族や友人に教えられるレベルまで、レッスンします。人に教えるという、アウトプット前提のインプットだと、成長が早いです。理論書も教材も、どんどん改善し、カラオケアプリでビフォー、アフターをしっかり分析し、磨きます。

レッスン受講時の心構え

  • しっかり準備と予習をする
  • 先生と最大限楽しくレッスンをする
  • 録音録画して復習を徹底する

講師との相性がわからない、という意見もあると思います。その通りなので、ピンとこない場合は、ピンと来るまで、色々な先生を受けましょう。

自分で出来るように、基礎を全部吸収したいので、プロのボイトレを3~6ヶ月習いましょう。

独学メインで確認レッスン

その後は、独学をメインとして、ピンポイントで確認のためのレッスンを行います。
なぜなら、身体や環境は、常に変化していくからです。

私の周りのボイトレ講師も、プロ歌手も、月1回程度は、ボイトレを受けています。

何故かというと、自分だけではベストな状態が把握できない場合が多いからです。

ただ、趣味や上達を目標としている人は、数ヶ月に1回でも良いと思います。ピンポイントで、単発レッスンすることによって、新しい発見があり、歌が深まります。

もっとじっくりプロから学びたい、という意見もあると思います。その通りなので、自分の成長にあわせて、レッスンを最大限活用しましょう。

身体や環境は、常に変化していくので、独学をメインとして、ピンポイントで、確認のためのレッスンを行います。

ボイトレ独学のまとめ

  • ブログ+YouTube+アプリで独学
  • 独学のメリットは無料・デメリットは喉を壊す
  • 独学とレッスンの融合がベスト!

喉を壊さないためにも、まずは一度無料でプロのボイトレを受ける事が賢明です。

1度であれば無料ですので。

ボイトレを独学でマスターするためにも、是非一度無料体験レッスンをご受講ください。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました