【解説】ボイトレには、8つの効果アリ【おすすめの教室もご紹介】

ボイトレ効果 ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。

この記事では、ボイトレ専門家の私が、わかりやすくボイトレの効果をご紹介します。

【解説】ボイトレには、8つの効果アリ

①声質が良くなる(世界に一つだけの魅力的な本当の自分の声に出会う)

ボイトレをすると、世界に一つだけの魅力的な、本当の自分の声に出会うことが出来ます。
なぜなら、正しい発声法をはじめて習うからです。

声の出し方、歌の歌い方、とても大事なことなのに、子どもの頃から教わることなく、皆さん独学で試行錯誤しています。あまり声に興味のない人や、不規則な生活習慣を送っている人は、どんどん声が枯れていきます。ボイストレーニングでは、世界に一つだけの魅力的な、本当の自分の声に出会うことをはじめの目的としています。

本当の自分の声とは、いつも出している声ではないのか、という意見もあると思いますが、その通りなのですが、正しい発声をすると魅力的な声に生まれ変わります。

ボイトレで正しい発声法をはじめて習うことによって、世界に一つだけの魅力的な、本当の自分の声に出会うことが出来ます。

②音域(音域が圧倒的に広がる)

ボイトレをすると、音域が圧倒的に広がります。
なぜなら、高音域と低音域を正しく発声練習するからです。

ボイトレでは、裏声、ミックスボイス、地声という3つの声で、常に本人の音域の限界を超えることに、チャレンジしていきます。

  • 裏声の最低音から最高音まで、優しく発声してチェックシートに記入
  • 地声の最低音から最高音まで、優しく発声してチェックシートに記入
  • 全ての最低音から最高音まで、ミックスボイスで発声出来るようにトレーニング

ボイトレでは、上記のトレーニングを行いながら、日々音域を広げることに、挑戦していきます。

ミックスボイスが、どのような声かわからない、という意見を良く聴きます。その通りなので、ミックスボイスを知りたい方は、是非一度無料レッスンをお申し込みください。

高音域と低音域を正しく発声練習するので、音域が圧倒的に広がります。

③安定性(倍音成分がしっかり響き、声の安定性が向上する)

ボイトレをすると、倍音成分がしっかり響き、声の安定性が向上します。
なぜなら、正しい発声で、高音から低音まで音域拡大に、常にチャレンジしているからです。

倍音とは、簡単に言うと、一つの音を発声した時に、2つ以上の様々な音が、同時に発生することです。正しい発声で、音域が拡大すると、たくさんの倍音が鳴るようになります。そうすると声が安定し、理想的な太さになって、安定性が向上します。声が震えたり、不安定な状態では、良い歌は歌えないので、安定性はとても重要なボイトレ効果になります。

倍音なんて全く聞き取れない、という意見もあると思いますが、その通りなので、自分の声を録音して、再生して聴きながら、安定性が向上するように、努力していきましょう。

高音から低音まで、音域が飛躍的に広がるので、倍音成分がしっかり響き、声の安定性が向上します。

④音程(音程が飛躍的に良くなる)

ボイトレをすると、音程が飛躍的に良くなります。
なぜなら、苦手な音程がなくなるスケールトレーニングを実施して、音感が良くなるからです。

基本的なスケールトレーニング(下線部分は1オクターブ上で発声します)

  • ドレミファソファミレド
  • ドミソドドドドソミド
  • ドミソドミソファレシソファレドミソドミソファレシソファレド

基本的なスケールトレーニングと共に、歌を聴かせて頂き、苦手な音程を徹底的にトレーニングします。ボイトレでは、12音どの音でも、問題なく歌いこなせる音感を見につけていきます。

スケールトレーニングが上手く出来ない、という意見もあると思いますが、その通りなので、まずはスマホアプリ等で、同じ音がすぐに出せるように練習しましょう。

苦手な音程がなくなる、スケールトレーニングを実施して、音感が良くなるので、音程が飛躍的に良くなります。

⑤声量(自由自在に声量をコントロールできるようになります)

ボイトレをすると、自由自在に声量をコントロールできるようになります。
なぜなら、息の量とスピード、共鳴腔を使えるようになるからです。

声量は、息の量とスピードで作られて、口や鼻、咽頭での共鳴腔を使って響かせます。ボイトレでは、息の量とスピードを呼吸法や、インナーマッスルで鍛え上げ、各共鳴腔での響かせ方を学びます。これを自由自在にコントロールできることにより、8段階の声量を使い分けて、歌うことが出来るようになります。

8段階の声量一覧

  • ppp  pianississimo pp より弱く
  • pp  pianissimo きわめて弱く
  • p   piano     弱く
  • mp  mezzo piano やや弱く
  • mf  mezzo forte  やや強く
  • f   forte     強く
  • ff  fortissimo   とても強く
  • fff  fortississimo ff よりも強く

大きい声と小さい声の2段階しかできない、という意見もあると思いますが、その通りなので、ボイトレをすることで、8段階の声量を身につけましょう。

息の量とスピードと、共鳴腔を使って、自由自在に、8段階の声量をコントロールできるようになります。

⑥リズム(抜群のリズム感で、歌がうたえるようになる)

ボイトレをすると、抜群のリズム感で、歌をうたえるようになります。
なぜなら、リズムを楽しみながら、身体で感じる方法が身につくからです。

音楽には様々なジャンルがあります。ジャズ、ロック、ボサノバ、カントリー、バラード、R&B等、必要な全てのリズムを楽しみながら、身体で感じられるレッスンをしています。音楽をじっくり聴いて、音にあわせて、身体を動かしながら楽しみます。歌い手の声のリズムに合わせた、完全コピーもしていきます。歌い手も、聴き手も、ノリノリになるような、リズム感がつくように、トレーニングしていきます。

どうしても、テンポの速い曲についていけない、という意見もあると思いますが、はじめはその通りなので、カラオケなどでは、テンポコントロールで、テンポを下げて、練習を重ねていきましょう。

リズムを楽しみながら、身体で感じる方法が身につくので、抜群のリズム感で、歌をうたえるようになります。

⑦滑舌(滑舌がとてもきれいになります)

ボイトレをすると、滑舌がとてもきれいになります。
なぜなら、苦手な発音を徹底的に改善し、全ての発音でスケールトレーニングをするからです。

発音は50音だけでなく、濁音、鼻濁音、拗音等あわせて、130音以上の発音を徹底的に改善していきます。皆さん誰でも、苦手な音があります。普通のスピードでは出来ても、高速ではしっかりと、発声出来ない音もあるので、苦手な発音を徹底的に改善し、全ての発音で、スケールトレーニングをしていきます。

滑舌が根本的に悪く、自分ではどうにも出来ない、という意見もあると思いますが、その通りなので、滑舌がとてもきれいになるレッスンを無料で1回行わせて頂きます。

苦手な発音を徹底的に改善し、全ての発音でスケールトレーニングをするので、滑舌がとてもきれいになります。

⑧レパートリー(カラオケで自信を持って歌えるレパートリーが広がる)

ボイトレをすると、カラオケで自信を持って歌える、レパートリーが広がります。
なぜなら、1曲1曲レッスンで、じっくりと形にしていくからです。

歌詞カードに書き込む歌のポイント

  • ブレスポイント(自分の歌唱法にあわせた、息継ぎの場所決めます)
  • アクセント(歌詞を朗読して、強く伝えたいアクセントポイントを決めます)
  • ビブラート&ロングトーン(歌の語尾をビブラートにするか、ロングトーンにするか決めます)

歌うたび毎回違う歌い方になってしまう、という意見もあると思いますが、その通りなので、上記のようにポイントを設定して、歌詞カードに書き込んでいきます。

1曲1曲レッスンで、じっくりと形にしていくので、カラオケで自信を持って歌える、レパートリーが広がります。

まとめ

ボイトレをしっかり学べる教室は、ここで紹介した、全てを系統的なカリキュラムで学べる、ATOボーカルスクールがおすすめです。

今なら無料で、1レッスン受講できるので、是非とも、ボイトレの効果を感じてみてください。

ありがとうございました。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました