【しゃくりとは】しゃくりの仕組みと説明・カラオケで歌う簡単出し方

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

私はプロのボイストレーナーとして、25年間で1万人以上の歌唱指導(ボイトレ)をしてきました。

今回は、しゃくりの仕組みと説明をして、カラオケで歌う簡単なしゃくりの出し方を解説します。

しゃくりが出来るようになると、本当に歌の幅が広がります。

カラオケ採点でも高得点を出せるようになります。

しかし、レッスンをやっていて感じるのは、しゃくりを入れるのが苦手な人が多いです。

音程が悪く、勝手に入ってしまう人もいます。

しゃくりをマスターする事で、あなたの歌が格段に魅力的になります。

今まで、25年間たくさんの生徒さんに、しゃくりを教えてきたノウハウを集結して、誰もが簡単に出来るよう、お話していきます。

今回のタイトルは、【しゃくりとは】しゃくりの仕組みと説明・カラオケで歌う簡単出し方です。

  • しゃくりとは何かを知りたい
  • カラオケで歌う簡単なしゃくりの出し方を知りたい
  • カラオケ採点で使えるしゃくりを知りたい

1.しゃくりとは

しゃくりとは、ある音程を出す前に、低い音程を出してから、本来の音程に戻すテクニックです。

なぜなら、本来の音程より、少し遅れて音を下からしゃくり上げることで、しゃくりと呼ばれるようになったからです。

「しゃくり」

カラオケではよく聞く言葉です。

何となくわかるようでわからない人も、多いのではないでしょうか。

また出来ているのか、出来ていないのかも分かりにくいのがしゃくりです。

なぜなら、音程が悪いと、勝手にしゃくりが入ってしまうからです。

カラオケの採点機能で、意図してなくてもどんどんしゃくりが入る人がいます。

こういう人は、いつも歌いだしの音程が低く、そこから少しずつしゃくりあげて、正しい音程に持っていきます。

このような場合でも、しゃくりがカウントされてしまうのです。

私の生徒さんでも、レッスン開始時点では、ほとんどすべての音をしゃくって出すなんて人もいました。

ですので、「しゃくり」は何も考えなくても出来ているから、という人ほど要注意です。

それは、音程が悪いだけですので泣。

しゃくりは、本来の音程を分かっていながら、表現力として、半音や、一音、5度や、オクターブ下から声をしゃくりあげて、歌うのです。

それが歌の節になります。

音程を全てそのまま正確に歌うと、抑揚のないコンピューターのような歌になります。

そうすると言葉も伝わってきませんし、何が言いたいかわかりません。

更には音楽的にも平坦で、面白みがありません。

ですので、表現力として、自分で意図してしゃくりが出来るようになりましょう。

歌の基本のような部分なので、じっくりと練習して身に着けていきましょう。

しゃくりが良く分からず、上手く出来ない、という意見もありますが、その通りです。

次の章で、映像を観ながらしゃくりを解説していきます。

まず音でしゃくりを理解し、それを自分で実践して録音、最後に自分の声を聴いて、しっかり出来ているか確認する、この工程でしゃくりが出来るようになります。

本来の音程より、少し遅れて音を下からしゃくり上げることで、しゃくりと呼ばれるようになったので、しゃくりとは、ある音程を出す前に、低い音程を出してから、本来の音程に戻すテクニックです。

2.カラオケで歌う簡単しゃくりの出し方

カラオケで簡単に歌えるしゃくりの出し方は、カラオケ採点機能を使って、視覚的にしゃくりを習得する方法です。

なぜなら、しゃくりは聴くだけでは、出来ているかの判断が難しい場合があるからです。

しゃくりは、耳が良くないと、聴き取れない場合が多いです。

なぜなら、メロディではなく、装飾音だからです。

まずは、耳でしゃくりを聴きとれるようになることが必要です。

そのために最高の教材をご用意しました。

レッスン生の伊沢有香ちゃんの100点動画です。

これをしっかり聴いて、まずはしゃくりを聴きとれるようになることで、耳を鍛えていきます。

それでは一緒に動画をみていきましょう。

参考動画:【カラオケバトル公式】伊沢有香:AKB48「恋するフォーチュンクッキー」/2021.3.28 OA(テレビ未公開部分含むフルバージョン動画)

【カラオケバトル公式】伊沢有香:AKB48「恋するフォーチュンクッキー」/2021.3.28 OA(テレビ未公開部分含むフルバージョン動画)

「あなたのことが好きなのに」

あ  な  た  の  こ と が  好 き な  の  に

ミ♭ ミ♭ ファ ファ ソ ソ シ♭ ド ド ミ♭ ミ♭ ド

これが歌詞とメロディの関係です。

そして、ここで有香ちゃんは、「あなたのことが」の「あ」にいきなりしゃくりを入れています。

それはまるで、野球の先頭打者ホームランのようです笑。

しかも半音下の「レ」でも1音下「レ♭」でもありません。

何と大胆に3度下からしゃくりあげています。

本来「ミ♭」を出すことろを「ド」の音からしゃくりあげています。

あれだけ踊っているのに、確実に頭を取りに行ってます。

ぁー あ  な  た  の  こ と が  好 き な ぁ  の  に

ド↗ ミ♭ ミ♭ ファ ファ ソ ソ シ♭ ド ド レ ミ♭ ミ♭ ド

「えーと」

「天才ですか?」

と聴こえてきそうですが、偶然ではありません。

意識的にこれをやっています。

次のフレーズに行ってみましょう。

「わたしにまるできょうみない」

わ  た  し  に  ま る で  きょ う み  な  い

ミ♭ ミ♭ ファ ファ ソ ソ シ♭ ド  ド ミ♭ ミ♭ ド

これが歌詞とメロディです。

ここではしゃくりを畳みかけ作戦に出ています。

「わたしに」の「わ」、「まるで」の「ま」、「きょうみ」の「きょう」です。

1行目は、序奏という感じで、この2行目で3回転ジャンプを達成しています。

さすが「天才ゆーか先生」です笑。

音を見ていきましょう。

わー  ぁ  た  し  に  

レ↗  ミ♭ ミ♭ ファ ファ 

まずここで凄いのは、同じメロディでも、「あなたのことが」の「あ」の時は、3度下の「ド」からの安定したジャンプで、今回の「わたしに」の「わ」の時は、半音下の「レ」からのしゃくりを果たしていることです。

言葉によって、しゃくりの音を変える事で、見事に表現歌唱と採点歌唱を融合しています。

次です。

まー  ぁ る で  

ファ↗ ソ ソ シ♭ 

今度は1音下からのしゃくりです。

凄くないですか!

はじめは3度下、次に半音、ここで1音下のしゃくりを披露しています。

実はここには深いポイントがあります。

それは何かと言いますと。

この曲のキーがE♭Major(イーフラットメジャー)だからです!!

E♭Major(イーフラットメジャー)メジャースケール

ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド レ ミ♭

皆さんが一般的なのはCMajorスケールの

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

だと思います。

ですが、この曲はキーがE♭メジャーなので、下記のようになります。

ド  レ  ミ ファ ソ  ラ シ ド

ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭ ド レ ミ♭

そしてなんと、有香ちゃんはこのスケールにあわせてしゃくらせているのです!!!

「あなたの」「あ」は「ミ♭」です。

この時に例えば一音下の「レ♭」から歌うと、スケールにない音なので、調和性が低いのです。

そこで、有香ちゃんは、歌いだしという事もあり、きっちりと3度下からしゃくりあげています。

更に「わたしに」の「わ」です。

今度は、3回転ジャンプが必要なのと、歌いだしのようなゆったりとした発声のスタートではないので、無難にメジャースケールの中の半音下の「レ」を選択しています。

そして、「まるで」の「ま」です。

この「ま」の音は「ソ」の音で、本来は、無難に半音下の「ソ♭」の音からしゃくりあげればよいのですが、メジャースケールの中に「ソ♭」がありません。

なので、一音下げて「ファ」で歌っています。

ここまで歌がはじまってから5秒。

この5秒間の中で、これだけの情報をこなしているのです。

まとめますと、

  1. 歌いだしは3度下から大きくしゃくり
  2. 3回転ジャンプのはじめのしゃくりは一番小さく半音
  3. しゃくりはじめの音は、必ずこの曲のキーのE♭メジャースケール

中学1年生で既に神の領域に達しています(笑)

次に「きょうみない」を見ていきましょう。

きょー  おー う み  な  い

シ♭↗  ド  ド ミ♭ ミ♭ ド

「きょう」を「ド」の所をしっかりとメジャースケールの中で、一音下の「シ♭」を入れて、3回転ジャンプを成功させています。

本当に素晴らしいですね。

更に最後に高速3回転ジャンプで締めます。

たった6文字の中に3回のしゃくりをいれていきます。

「何度目かの」です。

な ん ど め か  の

ド ド レ レ ミ♭ ド

これが正しい音程と歌詞です。

ここから高速3回転ジャンプに入ります。

なー  ぁ ん どー ぉ め かー ぁ  の

シ♭↗ ド ド ド↗ レ レ レ↗ ミ♭ ド

一音・一音・半音のジャンプ!

更にE♭メジャースケールを下から順番に「シ♭」、「ド」、「レ」の音からジャンプ!

美しさも芸術点も満点です。

まさに100点にふさわしい歌唱なりました。

皆さまもこのように、美しく、丁寧に、様々な音程から、表現力豊かなしゃくりを実現出来るようになりましょう。

いまだにしゃくりが良く分からず、上手く出来ない、という意見もありますが、その通りです。

なぜなら、しゃくりは高等なテクニックであるからです。

呼吸がしっかりして、下半身に支えが出来て、上半身がリラックスしなければしゃくりは出来ません。

また声帯周辺の筋肉がしっかりと覚醒して、音程をしっかりとコントロール出来るようにならなければ、しゃくりが上手く出来るようになりません。

まずはマネから入ってください。

そして、録音再生を繰り返して下さい。

継続的な努力でしゃくりは出来るようになります。

しゃくりは聴くだけでは、出来ているかの判断が難しい場合があるので、カラオケで簡単に歌えるしゃくりの出し方は、カラオケ採点機能を使って、視覚的にしゃくりを習得する方法です。

まとめ

  • しゃくりとは何かがわかった
  • カラオケで歌う簡単なしゃくりの出し方がわかた
  • カラオケ採点で使えるしゃくりがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【しゃくりとは】しゃくりの仕組みと説明・カラオケで歌う簡単出し方をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました