【プロ監修】ボイトレを「毎日」継続させるコツ【脱!3日坊主】

ボイトレ毎日 ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上をレッスンさせて頂いております。

質問です。

「ボイトレを、毎日していますか?」

理想の声を手に入れるためには、「1日も欠かさずボイトレをする」ことが大切です。

この記事では、ボイトレを継続するコツをご紹介します。

ボイトレを「毎日」継続させるコツ

ボイトレを「毎日」継続させるコツ

ボイトレは毎日楽しくやりましょう!

なぜなら、声を出すための筋肉(群)は、身体の中で最も小さな一つだからです。

とても繊細な筋肉なので、1回で数時間強いトレーニングをするよりも、1回15分を朝・昼・夜1日3回に分けて実施しましょう。

喉が痛い時、身体の調子が悪い時、気分が乗らない時は思い切って、好きな音楽でも聴いて休みましょう。それ以外の日は自分の理想の声を常に頭に描きながら、明るく楽しく笑顔でボイトレしましょう。

『1日3回も出来ません』という意見もあると思いますが、その通りなので、1日1回でも問題ありません。隙間時間に呼吸やハミングを楽しみましょう。

ボイトレは毎日の積み重ねで身体が覚えていきます。毎日楽しくやりましょう。

ボイトレに必要な準備とは?

ボイトレをやる際には準備が必要です。
なぜなら、声帯を中心に、身体全体を使うトレーニングだからです。

まずは「うがい」をして、お水を飲んでからはじめます。

うがいは喉周辺のホコリやイガイガを取り潤します。お水を飲むことは、身体全体へのスタートの合図です。

できれば常温の水をボイトレ中は、ずっと手元に用意しておいてください。そして着るものですが、全身を締め付けず、リラックスしたものでのぞみましょう。

ベルトやネクタイ、首回りの締め付けがあれば脱いだり外したり。

ヒールの高い靴や歩きにくい靴であれば、裸足になったり。喉を最大限潤し、身体を最大限自由にして、ボイトレをはじめましょう。

『仕事中なんで着替える事が出来ません』という意見もあると思います。その通りなので、上記を参考に、出来るだけリラックスしてのぞんでください。

ボイトレは準備万端で、ワクワクしながら楽しみましょう。

続けるコツ=「ルーティン化」

ボイトレを続けるコツは、毎日のルーティン化です。

なぜなら、毎日の生活の中で、声も身体もリラックスして、理想の声をつかめる、最高のルーティンだからです。

皆さんは「メラビアンの法則」を知っていますか?
初対面の人を判断する割合です。

  • 視覚情報(見た目やしぐさ)55%
  • 聴覚情報(声質や声の情報)38%
  • 言語情報(話している内容) 7%

何と約40%は声質や声の情報で人は相手の印象を判断します。ボイトレで理想の声を求める理由は様々なのですが、日常生活においてもボイトレは、ルーティーン化するべきなんです。

忙しくて毎日は無理、という意見もあると思います。その通りなので、出来るとき、出来る時間だけで良いです。何もしていないのと、意識しているのだけでも全く違います。

ボイトレは日常生活においても、理想の声を手に入れるためにも、ルーティーン化に最適です。

ボイトレの方法

なお、ボイトレを効率的に行う方法は【簡単】自宅でOK!超おすすめの、ボイトレ方法3選【ビブラート】で解説しました。

毎日3回のボイトレ習慣。私のルーティーンを公開します

毎日3回のボイトレ習慣。私のルーティーンを公開します

効率的なボイトレをするには、次の3つを習慣化する必要があります。

  1. モーニング・ルーティーン
  2. アフタヌーン・ルーティーン
  3. イブニング・ルーティーン

それぞれ解説しますね。

①モーニング・ルーティーン

モーニング・ルーティーンは、声帯の負担をさける時間帯です。

なぜなら、寝ている間に声帯がむくんでいるからです。

朝起きてからゆっくりうがいをしましょう。
(うがい中に音程を上下させながらゴロゴロする)

モーニング・ルーティーン

  • お水を飲んで身体全身に、綺麗なお水が入ったことを想像して、深呼吸してスタートする
  • ラジオ体操や、肩甲骨をほぐすストレッチをしながら、リップロールする
  • 音楽をかけながら、聴こえてくる音に合わせてハミングする

コツはリラックスして、楽しく笑顔でやることです。

音楽に合わせてステップを踏んだり、軽く踊ったりしながら、身体を動かすと尚良いです。

近くに鏡があれば、すっぱい顔や、びっくりした顔、大きな笑顔をつくって、顔の筋肉もゆるめていきましょう。

朝は声が出ないという意見もあると思います。その通りなので、声は出さなくても良いです。出来る範囲のリップロールとハミングで、音楽を楽しみながら心地良くやってみましょう。

モーニング・ルーティーンは、声帯の負担をさけて、心地よく身体を起こしていきます。

②アフタヌーン・ルーティーン

アフタヌーン・ルーティーンは、声を磨いていく時間帯です。

なぜなら、社会的に声がしっかりと出ている時間だからです。

喉リセットでゆっくりうがいをしましょう。
(自分の最高音から最低音をゴロゴロする)

アフタヌーン・ルーティーン

  • 音楽をかけて、自由に身体でリズムを感じながら、自分のマックスまで息を吸って「ハー」や「ラー」の小さな裏声で歌う
  • 地声、ミックス、裏声を繋げて全ての母音で、最高音から最低音の声を出す
  • 練習中の歌を歌詞や好きな言葉で、抑揚をつけたり、語尾を切ったり、ビブラートをかけながら歌う

コツは息をマックスまで吸って、上半身は完全リラックス、楽しく笑顔でやることです。

大きな声を出そうとしない、良い声を出そうとしない、声を前に出そうとしない事も、力まずリラックス発声できるポイントです。

音楽に合わせて自由に身体を動かしながら、楽しく歌いましょう。

職場なので出来ない、という意見もあると思います。その通りなので、ランチカラオケに行ったり、屋上や公園でまずは小さな声で、はじめてみると良いと思います。

アフタヌーン・ルーティーンは、社会的に声がしっかりと出ている時間なので、声を磨いていく時間帯になります。

③イブニング・ルーティーン

イブニング・ルーティーンは、声の疲れを癒す時間帯です。
なぜなら、声帯は小さく繊細で疲労しやすいからです。

疲れたのどを潤すためのゆっくりうがいをしましょう。
(優しくゴロゴロする)

イブニング・ルーティーン

  • 音楽をかけて、自由に身体でリズムを感じながら、ハミングして色々な響きを感じる
  • 練習中の歌を言葉を大切に歌詞で歌って録音し、再生して自分の声の現在の状況を確認する
  • 1日の最後に、自分の好きなアーテイストと一緒に、優しく柔らかく1曲口ずさむ

コツは深呼吸と、全身リラックス。優しくゆっくりやることです。

今日1日頑張ってくれた声帯をはじめ、身体全体に感謝しながら、息だけの移動で全身をフワフワしながらやります。

喉が疲れていたり痛い場合は、お休みしても良いルーティーンです。

夜はご飯やお風呂の時間もあるので、何時にやったらいいかわからない、という意見もあると思いますが、ご飯前、ご飯後、お風呂前、お風呂後、睡眠前と試して頂き、自分が一番継続しやすい時間帯で続けていきましょう。

イブニング・ルーティーンは、声帯の疲れを癒す時間です。

関連【プロ直伝】高音が出る!ボイトレの極意【たった5分】

【無料】継続のお手伝いします

ということで、今日から早速はじめてみましょう!

声帯は繊細なので、喉をつぶしてしまうか心配という意見もあると思います。

そんな方のために1レッスン無料で、ボイトレのルーティーン化を教えています。

是非一度、無料体験レッスンで、安心できる毎日のボイトレを教わりに来てください。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました