【高音が出ない+高音がかすれる】カラオケで高い声が出せる練習方法

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【高音が出ない+高音がかすれる】カラオケで高い声が出せる練習方法です。

  • 高音が出ない理由を知りたい
  • 高音がかすれる理由を知りたい
  • カラオケで高い声が出せる練習方法を知りたい

1.高音が出ない理由:心(こころ)

高音が出ない理由は、心(こころ)が整っていないからです。

なぜなら、心(こころ)が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるからです。

高音が出ない理由:心(こころ)

高音が苦手という心を持っている人は、得意と思っている人よりも高音が出ません。

苦手意識は心から生まれますが、まずはここから変えて行かないといけません。

なぜ苦手と思うだけで出なくなるのでしょうか。

苦手意識を持つことで2つの状況が起きます。

1.苦手だから嫌い→嫌いだからやりたくない→やりたくないからやらない

このループで、そもそも高音を出さなくなります。

高音は出さなければ、どんどん衰えて良き、全く出なくなります。

苦手意識を持つことで、本当に苦手に自分を教育していくのです。

2.苦手意識を持つことで、緊張し、身体が固くなって、力で何とかしようとする。

高音を出す時に、やってはいけない3点セットが、緊張、固い、力みです。

高音を出す時は、リラックス、柔らかく、無駄な力を全て抜くです。

これは、苦手意識を持つことで、出来なくなります。

それでは、得意な意識を持つことで、どのように変わるでしょうか。

1.得意だから好き→得意だからやりたい→やりたいからやる

このループで、常に高音を出すことに挑戦するようになります。

高音は出すことによって、段階的に出るようになり、鍛えられます。

得意意識を持つことで、本当に得意に自分を教育していくのです。

2.得意意識を持つことで、楽しいので、リラックスし、身体が柔らかくて、無駄な力が抜けるようになります

高音を出す時の、リラックス、柔らかく、無駄な力を全て抜くが実践できています。

これは、得意意識を持つことで、飛躍的に高音は出るようになります。

つまり、高音が出ない理由の心編は、まずは高音を得意とする心を持つところからはじめましょう。

心が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるので、高音が出ない理由は、心が整っていないからです。

2.高音が出ない理由:技(わざ)

高音が出ない理由は、技(わざ)が整っていないからです。

なぜなら、技(わざ)が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるからです。

高音が出ない理由:技(わざ)

高音が出ない理由の技編ですが、まずいくつか技が原因で出ない理由を羅列します。

  1. 裏声(ヘッドボイス)を出すことが出来ない
  2. ミックスボイスをバランスよく出すことが出来ない
  3. アップテンポの曲や、リズムが細かいと出すことが出来ない
  4. 自分の苦手な子音や母音になると出すことが出来ない
  5. 音程の幅が広いと出すことが出来ない
  6. ロングトーンで出すことが出来ない

これらの技術がないと、高音は出せるようになりません。

それぞれについて、解説していきます。

1.裏声(ヘッドボイス)を出すことが出来ない

裏声を出すことが出来ない人は、結構います。

ボイストレーニングでは、まずはじめに裏声を出せるようにトレーニングしていきます。

なぜなら、例えば、裏声が出せずに、地声だけという状況は、わかりやすく言うと

足はあるけど手がない状態です。

分かりやすかったでしょうか。。

つまり、地声だけでは、歌声として、半分の役割しか、果たしていない状況になります。

地声と裏声があって、歌声になると考えてください。

裏声がないと高音は出ません。

2.ミックスボイスをバランスよく出すことが出来ない

さて、裏声が出るようになったとして、地声と裏声で歌うとします。

低い音は全部地声、高い音は全部裏声、で歌ったとします。

先程の例で、足は地声、手は裏声と考えてみましょう。

例えばスポーツをしたり、運動をしたりする時に、足(地声)だけ、動かしているときは、手(裏声)は、全く動かさないことや、手(裏声)だけ動かして、足(地声)は全く動かさないなんてことはありますでしょうか。

ほとんどの動きが連動して動くと思います。

どちらかがメインとしても、それを補完した動きを取っています。

これは、足と手と同様に、地声と裏声にも当てはまります。

この連動が、ミックスボイスです。

歌をうたうこともスポーツと一緒です。

足と手が連動するように、地声と裏声が連動して、ミックスボイスで歌をうたいます。

このミックスボイスを収録することで、技として高音が出せるようになります。

3.アップテンポの曲や、リズムが細かいと出すことが出来ない

バラードは歌えるけど、アップテンポの高音が出せないという人は多いです。

ここには以下の問題が起こっています。

  1. 瞬発力
  2. リズム感
  3. 呼吸

これらの連動により、アップテンポの曲や、細かいリズムで高音が出せるようになります。

これを鍛える方法は、リラックスしながら、テンポコントロールを使って、まずは、自分の出来るスピードで、歌って録音して、再生というのがあります。

再生して問題泣ければ、テンポを段階的に上げていき、最終的に原曲より早いテンポでも、歌えるようにトレーニングします。

そうすると、加圧トレーニングになり、原曲のテンポでは、余裕で歌えるようになります。

このことにより、瞬発力・リズム感・呼吸・舌が鍛えられます。

この技術を習得することにより、高音が出るようになります。

4.自分の苦手な子音や母音になると出すことが出来ない

こちらも3と似た状況です。

滑舌つまり舌をしっかりとトレーニングしましょう。

舌のストレッチや筋トレ等、私のブログ記事のタングトリルで、ご紹介したいトレーニングを実施することにより、解消していきます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

この技術を習得することにより、高音が出るようになります。

5.音程の幅が広いと出すことが出来ない

これは、ほとんどの人が出来ていません。

自分の得意な音程と苦手な音程があります。

1度、2度、3度、5度、は得意だけど、4度が苦手、7度は全く出来ないということも多いです。

オクターブも、頭では分かっているが、技術的に届かないという人も多いです。

これには理由があります!

それは、なだらかな音程の変化に対しては、輪状甲状筋の斜部を使うのですが、音程幅が広い場合は、輪状甲状筋の垂部を使って、発声するからです。

つまり、発声時に、ほとんどの人は、輪状甲状筋の斜部は鍛えられていますが、垂部が鍛えられていないのです。

「がーんっ!!!!」

でも安心してください。

私のボイストレーニングで、両方鍛えていますので!

良かったですね。

この技術を習得することにより、高音が出るようになります。

6.ロングトーンで出すことが出来ない

ロングトーンで、高音を出せるようになりましょう。

楽曲によっては、ビブラートもつけてあげましょう。

発声の基本である、呼吸・姿勢・支えがしっかりと出来ていれば、実現できます。

もしロングトーンが難しい場合は、発声の基礎をしっかりと学びましょう。

この技術を習得することにより、高音が出るようになります。

技(わざ)が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるので、高音が出ない理由は、技(わざ)が整っていないからです。

3.高音が出ない理由:体(からだ)

高音が出ない理由は、体(からだ)が整っていないからです。

なぜなら、体(からだ)が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるからです。

高音が出ない理由:体(からだ)

高音が出ない理由は、体にあります。

どのような体だと、高音が出ないのか、お伝えいたします。

  1. 呼吸が浅い
  2. 全身が閉じていて固い
  3. 姿勢が悪い
  4. 表情筋が硬い
  5. 声帯周辺筋肉が衰えている
  6. 不規則な生活習慣で体が疲れ切っている

それぞれ解説していきましょう。

1.呼吸が浅い

日本人は日常生活の中で、基本的に浅い呼吸をして生活しています。

普段の生活でしている、浅い呼吸では、高音を出すことは出来ません。

口を中心に、胸に前に入れる、浅い呼吸ではなく、鼻を中心に、背中に後ろに入れていく、深い呼吸の身体になりましょう。

普段から深呼吸をしておくと、身体にも良いです。

このような呼吸になることにより、高音が出るようになります。

2.全身が閉じていて固い

起床時や、移動時、身体は閉じて固くなります。

この体では、高音は出ません。

全身を開いて、柔らかくする必要があります。

自分なりで良いので、ストレッチやラジオ体操、ゆっくり湯船につかる等、体を開いて、柔らかくしていきましょう。

寒い所でも体は閉じるので、肩こり等にも気をつけて、常に柔らかい体を心がけましょう。

このような開いた体になることにより、高音が出るようになります。

3.姿勢が悪い

姿勢が悪いと高音は出ません。

姿勢の良さが、そのまま声の良さに繋がります。

姿勢が良いというのは、まっすぐのことです。

猫背や、ふんぞり返っている姿勢はNGです。

良い姿勢を作る方法は2つあります。

  1. 壁にかかとから、背中、頭までを全部つけます。そのまま前に歩きます。
  2. 肩とつま先をぎゅっと上げて、ポンッと落とします。

このような姿勢になることにより、高音が出るようになります。

4.表情筋が硬い

以外と硬い人が多いのが表情筋です。

これが動かないと、高音は出ません。

動かない人が多いのです。

普段から、良い表情を心がけましょう。

また、両手で、頬をさすって、表情筋をマッサージしましょう。

これだけで、高音が出るようになります。

5.声帯周辺筋肉が衰えている

声を出す機会が少ない人、ほとんど歌わない人は、声帯周辺筋肉が衰えてきています。

段々と高い声が出なくなり、声がかすれてきて、いずれ声が出なくなります。

声を使わなければ、歩いたりしないと同じことなので、足の筋肉が衰えて、歩けなくなるのと同じで、声が出なくなります。

これを防ぐためには、とにかく1日1曲で良いので、歌いましょう。

何もしないことに比べると、これだけで十分です。

これだけで、段階的に高音が出るようになっていきます。

6.不規則な生活習慣で体が疲れ切っている

睡眠不足、栄養不足、飲みすぎ、食べ過ぎ、疲れ。

このような体では、高音は出ません。

睡眠をしっかりとって、栄養をしっかり取って、飲み過ぎず、食べ過ぎず、適量な食事で、体と心の疲れを取った状態の身体作りをしましょう。

このような身体になることにより、高音が出るようになります。

体(からだ)が整うことにより、正しく発声でき、高音が出るようになるので、高音が出ない理由は、体(からだ)が整っていないからです。

まとめ

  • 高音が出ない理由がわかった
  • 高音がかすれる理由がわかった
  • カラオケで高い声が出せる練習方法がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【高音が出ない+高音がかすれる】カラオケで高い声が出せる練習方法をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました