【高音をきれいに出す方法】ボイストレーニングで綺麗な高音の出し方

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【高音をきれいに出す方法】ボイストレーニングで綺麗な高音の出し方です。

  • 高音をきれいに出す方法を知りたい
  • ボイストレーニングで綺麗な高音の出し方を知りたい
  • 高音ボイトレを知りたい

1.ストレッチ

ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ストレッチです。

なぜなら、ストレッチで、閉じている身体を開くことで、きれいな高音が出るからです。

歌をうたう前、声を出す前、ボイストレーニングをする前には、必ず閉じている身体を開きましょう。

寝起きや、移動時、デスクワーク、会議の後、日常のほとんどの状態は、身体が閉じています。

身体が閉じているというのは、身体が縮こまって、固くい状態です。

声を出す時には、身体全体を使う必要があります。

このためには、閉じている身体を開いて、縮こまっている身体を伸ばして、固い身体を柔らかくする必要があります。

そのためにストレッチは必須です。

自分にあったストレッチで構いません。

肩甲骨、胸筋、背筋、首筋、出来るだけ大きく、出来るだけゆっくり伸ばして、開いていきましょう。

ラジオ体操でも良いです。

この時に、とにかく息は止めずに、ゆっくり吸って吐いての深呼吸は忘れないようにしてください。

ストレッチ出来ているかわからない、という意見もありますが、その場合はラジオ体操で十分です。気持ち良いレベルで、身体を開いて、伸ばして、柔らかくしていきましょう。
ストレッチで、閉じている身体を開くことで、きれいな高音が出るので、ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ストレッチです。

2.ブレス

ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ブレスです。

なぜなら、ブレスで、安定した息を供給することで、きれいな高音が出るからです。

息は声の全てと言っても過言ではありません。

実際息が声になります。

レッスンでも、声は息(呼吸)です、と教えています。

しっかりと新鮮な呼吸を安定して、口の中に供給する必要があります。

人は、普段の生活では、呼吸が浅くなります。

日常生活では、浅い呼吸の方が便利だからです。

但し、声を出す時、歌をうたう時、ボイストレーニングをするときは、深い呼吸が必要です。

つまり、呼吸を変える必要があります。

深い呼吸が出来るだけで、声はほぼ完成と言えるかもしれません。

呼吸法に関しては、このブログ内にたくさん書いていますので、詳しくはそちらをご覧ください。

とにかく、身体全身で息を吸うという事です。

このためには、吐くことが最も重要で、全て吐ききるという事です。

息は全て吐ききれば、新鮮な空気が、ドバっと身体に入ってきます。

これをインナーマッスルでコントロールして、口の中に安定的した息を供給します。

これにより、きれいな高音が実現出来ます。

呼吸の練習すると息が苦しい、という意見もありますが、呼吸の練習で、救急車が呼ばれたこともあるほどです。ですので無理をせず、ゆっくりじっくりやりましょう。とにかく力を抜いて、リラックスして、気持ち良く行いましょう。気分が良くない場合は、座ったり、お水を飲んだりで、お休みしましょう。段階的に呼吸量が増大していきます。
ブレスで、安定した息を供給することで、きれいな高音が出るので、ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ブレスです。

3.ニュートラルボイス

ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ニュートラルボイスです。

なぜなら、ニュートラルボイスで、上半身完全リラックスの声を出すことで、きれいな高音が出るからです。

ボイストレーニングにいらっしゃる生徒さん。

一番やるべきことは何でしょうか。

ボイトレでなくても、全てのことはここから始まるかもしれません。

ニュートラルになることです。

声を出す時に、ニュートラルになる。

簡単に感じますでしょうか。

これが一番難しいのです。

皆さん、既に生まれた時から声を出しています。

歌も歌っています。

しゃべっています。

自分の形が出来ています。

でもこれは自分の形で、正しい形ではないのです。

そして、いきなり自分の形から、正しい形に進むことはできません。

一度ニュートラル、つまり0に戻す必要があるのです。

真っ白の状態。

生まれたときの状態まで、戻す必要があるのです。

ボイトレで最も重要なことで、最も難しいことがこれです。

普通に息を吸って、普通に声を出すことです。

どこにも力を入れずに!

皆さんは、出来ますでしょうか。

ポイントは3つあります。

呼吸・姿勢・支え です。

身体の中の息を全て吐ききった後に、自然に入ってくる呼吸。

上半身完全リラックスのまっすぐな姿勢。

重心をしっかり落とした、下半身の支え。

この時にニュートラルな声が出ます。

この声を出すことで、きれいな高音を出せるようになります。

自分のニュートラルが分からない、という意見もありますが、まずは録音して、再生して、とにかく試行錯誤を繰り返しましょう。重要なのは、呼吸・姿勢・支えです。色々とこの3つのポイントを駆使して、録音・再生を繰り返し、これだという声をみつけていきましょう。
ニュートラルボイスで、上半身完全リラックスの声を出すことで、きれいな高音が出るので、ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、ニュートラルボイスです。

4.マッスルサイレン

ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、マッスルサイレンです。

なぜなら、マッスルサイレンで、地声と裏声を繋げる事で、きれいな高音が出るからです。

マッスルサイレンとは何でしょうか。

それは、サイレンのような声を出して、声帯周辺の筋肉のトレーニングをする事です。

  1. ストレッチ
  2. ブレス
  3. ニュートラルボイスで土台が出来てから、このトレーニングにのぞんでください。

ニュートラルボイスで、自分の最低音から、最高音まで、ロングトーンで繋げて、その後また最低音まで、声を出し続けます。

言葉は、何でも良いですが、全ての母音で行いたく、おススメなのは「ファー」・「フェ―」・「フィー」・「フォー」・「フゥー」です。

この時に最低音はもちろん、ほぼ地声(チェストボイス)からはじまりますし、最高音は、ほぼ裏声(ヘッドボイス)になると思います。

つまり、途中地声と裏声が、切り替わる瞬間が出て来ます。

この瞬間を何もなかったように、きれいに繋げていく練習が、マッスルサイレンです。

チェストボイス→ミドルボイス→ヘッドボイス→ミドルボイス→チェストボイス

の流れで、ミックスボイスのバランスを作っていきます。

地声と裏声の喚声点、つまり、チェストボイスとヘッドボイスのチェンジをなくすことが、このトレーニングのゴールです。

やり方のコツは、自分の身体の中で行おうとせず、自分より3m後ろのイメージで行います。

そうすると自然とリラックスして、上手くチェンジをなくすことが出来ます。

高音になると力が入ってしまう人が多いです。

高音になればなるほど、力を抜いていきます。

この感覚が分かるようになると、あと一歩で出来るようになります。

これによりきれいな高音が出せるようになります。

出来ているのかわからない、という意見もありますが、力を抜いて、最低音から最高音まで、まずは出せるようになりましょう。これをロングトーンで繋げられるようになったら、毎日いろんな言葉で、反復練習しましょう。練習はうそをつきません。正しいトレーニングを続けることによって、きれいなサイレンが出来るようになります。
マッスルサイレンで、地声と裏声を繋げる事で、きれいな高音が出るので、ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、マッスルサイレンです。

5.エッジボイス

ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、エッジボイスです。

なぜなら、エッジボイスで、声帯の筋肉を鍛えることで、きれいな高音が出るからです。

エッジボイスとは何でしょうか。

声帯原音もしくはボーカルフライとも言われます。

これをする事で、輪状軟骨と披裂軟骨の間にある、外側輪状披裂筋(以下LCA)のバランスが向上します。

平井堅さん等が、歌唱時に良く行う、「あ゙ぁ゛ー」という声です。

このトレーニングは、喉に負担がかかるので、自分でやる場合は、最低限にしておきましょう。

全身の力を抜いて「あ゙ぁ゛ー」と発声します。

上手くいくと、その後の声が出しやすくなります。

もし出しにくくなった場合は、間違った発声なので、注意してください。

上手く出来るようになったら、そのテンションのまま、まっすぐに柔らかく声を出してみましょう。

この筋肉が鍛えられれば、きれいな高音が出るようになります。

上手く出来ているかわからない、という意見もありますが、このトレーニングは、声帯に負担がかかります。更に間違った練習方法を繰り返すと、喉の病気になってしまうので、1日に数秒程度からはじめて、声の調子が良くなってきていたら、続けていくようにしましょう。
エッジボイスで、声帯の筋肉を鍛えることで、きれいな高音が出るので、ボイストレーニングで、綺麗な高音を出す方法は、エッジボイスです。

まとめ

  • 高音をきれいに出す方法がわかった
  • ボイストレーニングで綺麗な高音の出し方がわかった
  • 高音ボイトレがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【高音をきれいに出す方法】ボイストレーニングで綺麗な高音の出し方をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました