歌うまとは

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは『歌うまとは』です。

  • 歌が上手くなるボイトレを知りたい
  • 歌が上手い人に共通する特徴を知りたい
  • 歌いやすい課題曲の見つけ方を知りたい

1.【解説】歌が上手くなるボイトレ「6つの手順」とは!?【プロ監修】

歌が上手くなるボイストレーニングには「6つの手順」があります。
なぜなら、正しいボイストレーニングでフィジカルを鍛え、歌唱力アップのトレーニングでテクニックを磨く必要があるからです。

「歌がうまくなりたい人」、「歌うまくなる方法」、「うたうまい人」、「うた上手くなるには」ネット上には様々な情報が溢れています。

『歌が上手い』歌うまの本質は何なんでしょうか?
それは一言で言うと聴いている人が楽しいということになります。

聴いている人がその人の歌に魅力を感じて、音楽を楽しむことが出来るうたが歌える人。
それが歌うまの本質です。

そのためにはフィジカルトレーニングとして、

①インストゥルメンタル・ボディストレッチ

②MAXブレストレーニング

③ナチュラルボイストレーニング

が必要です。

またテクニックトレーニングとして、

④ブレスアピールトレーニング

⑤アクセントトレーニング

⑥ビブラートトレーニング

が必要になります。

以上、歌が上手くなるボイストレーニング「6つの手順」で磨いていきましょう。

詳しいトレーニング内容を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

『自分が歌うまか知りたい』という意見もあると思いますが、その通りです。自分ではなく聴いている人にとって、魅力的な歌をうたえる人が歌うまなので、たくさんの人に聴いてもらって評価してもらってください。

正しいボイストレーニングでフィジカルを鍛え、歌唱力アップのトレーニングでテクニックを磨く必要があるので、歌が上手くなるボイストレーニングには「6つの手順」があります。

2.【徹底解説】歌が上手い人に共通する特徴【人前でうまく歌うコツ】

歌が上手い人には、共通する特徴が5つあります。
なぜなら、歌がうまい人は、人前で歌う時に魅力が最大限発揮できるよう、準備が出来ている人だからです。

歌が上手い人に共通する特徴とは何でしょうか?
まずは自分が本当に歌がうまい人を思い出して、じっくり考えてみてください。
実際には、歌が上手い人には、共通する5つの特徴があります。

①音域(音程)
音域が広くどの音程でも歌詞を丁寧に発音できる。

②リズム
アップテンポの曲で人を楽しませたり、バラードで人の心を打ったりのキレッキレのリズム感がある。

③表現力(声色・装飾・抑揚)
メロディや歌詞を、声色や装飾、抑揚を通して美しくダイナミックに表現できる。

④安定性(フィジカル・呼吸)
姿勢・呼吸・支えがしっかり出来ており、身体が楽器として機能している。

⑤選曲の共感性が高い(人間性・価値観)
その人が等身大で、周りが共感できる歌を選曲し、聴いている人に言葉が自然に届く歌をうたっている。

『共感性のある選曲が難しい』という意見もあると思います。その通りです。まずは人前で歌うこと、歌を聴いてもらってアドバイスをもらいながら自分を知る事を続けましょう。

歌をうたうことは自分探しの旅のようなものです。じっくりと歌いながら自分を探して成長していきましょう。

歌がうまい人は、人前で歌う時に魅力が最大限発揮できるよう、準備が出来ている人であり、歌が上手い人には、共通する特徴が5つあります。

もっと歌うまな人に共通する特徴が知りたい方はこちらをご覧ください。

3.【ボイトレ練習曲】歌いやすい課題曲の見つけ方歌いかた【男女別】

歌いやすい課題曲の見つけ方には、3つの重要なポイントがあります。
なぜなら、しっかりとリストを作って戦略的にレパートリーを増やしていくことが重要だからです。

「歌いやすい曲」、「歌いやすい歌」、「歌の練習曲」、「歌の歌い方」、「歌い方のコツ」をしっかりと学びたい方へ、歌いやすい課題曲の見つけ方を解説します。

①自分がよく聴いている・歌っている曲のリスト化

まずは自分の大好きな曲、良く聴いている曲、歌っている曲をリスト化します。歌詞を覚えている、細かい表現やブレスまでものまね出来る曲は大歓迎です。

②音域が自分に無理がなくフルコーラス歌いやすい

①のリストの中の曲を片っ端から歌って、自分が全く無理のない状態で歌える曲をリストアップします。キーは原曲キーである必要はなく、自分の歌いやすいキーに変更して、スマホ等に録音。一番歌いやすく聴きやすいキーを設定しリストに書き込みます。

③出来上がったリストから3曲選んでじっくり練習

②のリストからアップテンポ、バラード、ミドルテンポでそれぞれ一番歌いやすい、覚えやすい、楽しい曲を3曲選びます。まずはじっくりこの3曲を仕上げていきます。原曲を100回聴いて、完全コピーできるほど分析し、100回歌って録音し、100回聴いて改善点を常に磨いていきます。楽曲のテーマも歌詞も、イメージも全て身体に沁み込んで、自然に表現できるまで歌い込みましょう。

『そんなに時間がない』という意見もあると思います。その通りです。この方法から自分が歌に使える時間によって、やり方をアレンジしていくようにしてください。

しっかりとリストを作って戦略的にレパートリーを増やしていくことが重要なので、歌いやすい課題曲の見つけ方には、3つの重要なポイントがあります。

自分に合った課題曲を見つけてみたい方、もっと歌いやすい曲が知りたい方はこちらをご覧ください。

4.【正しいボイトレ練習方法】歌が上手くなりたい【カラオケ上達のコツ】

正しいボイストレーニングをすれば、初心者でも歌うまになれます。
なぜなら、ボイトレには、歌うまの全ての要素が備わっているからです。

歌が上手くなる練習方法や上達法、うまく歌うコツには正しいボイストレーニングが必要不可欠です。歌声を発する仕組を理解せずに間違ったトレーニングを行うことは、上達が妨げられるだけでなく、喉を壊したり病気になる恐れもあります。まずは仕組を理解していきましょう。

①肺から空気を押し出す

②声道を通過し声帯を狭まり通過する空気が振動する

③声道(口腔・鼻腔)を変化させ、共鳴音を作り出す

①②③に続いて、その共鳴音が口や鼻から放射させることにより歌声になります。
つまり、呼吸、声帯、共鳴腔のコントロールを通して、やっと歌声になるのです。

歌の中では約5分間も、繰り返しこの工程を通して、正しい音程とリズムで、安定した呼吸で、表現にあわせた声量で、、、声を出し続けます。

正しいボイストレーニングが、必要不可欠なことが理解出来ますよね。

より詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

『間違ったトレーニングで、喉を壊したり病気になるのは絶対にイヤ!』という意見もあると思います。その通りです。ボイストレーニングの専門家にまずは教えてもらいましょう。

ボイトレには、歌うまの全ての要素が備わっているので、正しいボイストレーニングをすれば、初心者でも歌うまになれます。

5.【ボイトレアプリ】音程の確認・練習・テストができる【チューナー】

歌うまになるには、アプリを有効活用することが最短距離です。
なぜなら、場所を気にせずにいつでもどこでも、歌の練習が出来るのが、ボイストレーニングにオススメののアプリだからです。

歌うまに必要なアプリは、音程(音域)、リズム(体内時計)、録音(リスニング力向上)です。これらを有機的に使いながらボイトレの効率を上げていきましょう。

チューナー n-Track Tuner

チューナー n-Track Tuner
開発元:n-Track S.r.l.
無料
posted withアプリーチ
GarageBand

GarageBand
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
ボイスメモ

ボイスメモ
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
歌っちゃ王 カラオケアプリ

歌っちゃ王 カラオケアプリ
開発元:TOMO MUSIC,INC.
無料
posted withアプリーチ

『アンドロイドのスマホしかない』という意見もあると思います。その場合は、同じ機能のものを検索して有効活用しましょう。

場所を気にせずにいつでもどこでも、歌の練習が出来るのが、ボイストレーニングにオススメのアプリなので、歌うまになるには、ボイトレアプリを有効活用することが最短距離です。

もっとボイトレに使えるアプリを知りたい方はこちらをご覧ください。

6.【徹底解説】歌が下手な人に共通する特徴【歌が上手くならない理由】

歌が下手な人にも、共通する特徴が5つあります。
なぜなら、歌がうまい人に共通する特徴の逆を考えていけばよいからです。

歌が下手な人に共通する特徴とは何でしょうか?
まずは自分が歌が下手な人を思い出して、じっくり考えてみてください。
実際には、歌が下手な人、上手くならない人には、共通する5つの特徴があります。

①音域(音程)
音域が狭くどの音程でも歌詞を丁寧に発音できない。

②リズム
アップテンポの曲で人を悲しませたり、バラードで人の心を離してしまうほどリズム感がない。

③表現力(声色・装飾・抑揚)
メロディや歌詞に対して、声色や装飾、抑揚が一切なく棒歌になっている。

④安定性(フィジカル・呼吸)
姿勢・呼吸・支えが出来ていない。

⑤選曲の共感性が低い(人間性・価値観)
周りが共感できない歌を選曲し、自己満足で歌っている。

『厳しい』という意見もあると思います。その通りですが、これらは全て正しいボイストレーニングで解決することが出来ます。勇気をもってボイトレの世界に飛び込んでください。

歌がうまい人に共通する特徴の逆を考えていけばよいので、歌が下手な人にも、共通する特徴が5つあります。

歌が下手な人の共通点をもっと掘り下げたい方はこちらをご覧ください。

7.【歌唱力UP】ボイトレで鍛えるべき、3つの筋トレ【自宅OK】

筋トレで、あっという間に歌うまになれます。
なぜなら、歌唱力アップを劇的にサポートする筋肉は、たった3つしかないからです。

筋トレ①:インナーマッスル

インナーマッスルは呼吸をコントロールしているので大切です。
息を吸う、息を吐く事のコントロールは、喉ではなく、インナーマッスルで行います。

筋トレ②:表情筋

表情筋を使うことにって、声が豊かに共鳴します。
声の音色や表現力も、表情筋により豊かになっていきます。

筋トレ③:声筋

ボイトレで鍛える筋トレで、最も大事な筋肉は「声筋」です。
発声で最も大事な、声の高さ、声の大きさ、地声、裏声の調節を行っているので、声筋をしっかりと鍛えましょう。

トレーニング方法を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

『筋トレは苦手という意見もある』と思います。その通りですが、まずは段階的にゆっくりじっくり自分のペースでやっていきましょう。はじめは一番きついですが、1ヶ月も続けるとあっという間に楽しくなります。

歌唱力UPを劇的にサポートする筋肉は、たった3つしかないので、筋トレで、あっという間に歌うまになれます。

8.【プロのような綺麗な歌声】歌うまになるための練習方法を解説

プロのような綺麗な歌声になるための練習方法は、メンタル×フィジカル×テクニックの掛け算で実現できます。
なぜなら、プロはこのメソッドで綺麗な歌声を出せるようになっているからです。

①綺麗な歌声:メンタル

歌をうたうためには、小さなことにもしあわせを感じて、感受性を豊かにして、常に感謝の気持ちで、キレイな心であり続けましょう。人にしあわせを与えられるメンタルを持ちましょう。

②綺麗な歌声:フィジカル

呼吸・姿勢・支えを大切に身体を楽器にしていきましょう。プロ歌手はアスリートです。規則的な生活を通して、健康的な身体を維持し続けましょう。

③綺麗な歌声:テクニック

プロの歌を楽しむこと・音楽を楽しむことにより、大好きな1曲をみつけて、集中して分析する中で、そこにある全ての素敵なテクニックを完全コピー出来るようになりましょう。

以上のメンタル×フィジカル×テクニックによる掛け算で、プロのような綺麗な歌声が完成します。

『メンタルの鍛え方がわからない』という意見もあると思います。その通りです。素敵な音楽にたくさん触れて、音を楽しみしあわせを感じる事からゆっくり始めてみましょう。

プロはこのメソッドで綺麗な歌声を出せるようになっているので、プロのような綺麗な歌声になるための練習方法は、メンタル×フィジカル×テクニックの掛け算で実現できます。

もっと歌うまになりたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

  • 歌が上手くなるボイトレがわかった
  • 歌が上手い人に共通する特徴がわかった
  • 歌いやすい課題曲の見つけ方がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、私のボイストレーニングを受けてみてください。

『歌うまとは』をじっくりとお教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました