【高音完全マニュアル】地声から裏声まで高い声が自由自在【男女OK】

ボイストレーニング
ボイトレたーなー先生『田中直人』

日本テレビ「ZIP!」、テレビ東京「おはスタ!」など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
『田中直人(たーなー先生)』(プロフィール)
最新のボイトレ情報が満載のtwitterをフォローTwitter

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【高音完全マニュアル】地声から裏声まで高い声が自由自在【男女OK】です。

  • 高音完全マニュアルを知りたい
  • 地声から裏声まで高い声が自由自在を知りたい
  • ファルセットを知りたい

1.裏声(ヘッドボイス)マスター

地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、裏声(ヘッドボイス)をマスターしましょう。

なぜなら、裏声(ヘッドボイス)が、高い声を出すためのマスターキーだからです。

裏声(ヘッドボイス)について、皆さんはどのようなイメージがあるでしょう。

私には出せない、という事を言う人も多いでしょう。

歌には使えない、という事を言う人も多いです。

好きではない、地声で歌いたいという人も多いです。

何か反則なんじゃないかと思っている人も多いです。

でもそれは、全て間違いです。

プロで、裏声(ヘッドボイス)を使えない人なんていません。

プロ歌手は、みんな裏声(ヘッドボイス)を上手く使って、歌を表現しています。

高い声を出すための、マスターキー、最も重要なことが、裏声(ヘッドボイス)です。

このヘッドボイスをマスターするためには、3つの段階があります。

これを解説していきます。

裏声(ヘッドボイス)マスターのための2ステップ

1.ファルセットマスター

裏声=ファルセットと考えている人が多いです。

これは間違いです。

現在のボイストレーニングでの考え方は、裏声=ヘッドボイスです。

それでは、ファルセットとヘッドボイスの違いは何でしょうか。

ファルセットは芯のない裏声です。

逆に、ヘッドボイスは芯のある裏声です。

ファルセットは、歌で使う場合は、特殊な表現力の場合のみです。

なぜなら、芯のない裏声だからです。

芯のない裏声はどのように作るか。

これは、声門を開き、呼気を多く含んだ裏声ということになります。

いわゆる息漏れ声です。

歌詞や言葉はほとんど聴こえてきませんが、独特の音色になります。

力を抜いて、あくびの喉で、息を漏らした裏声、これがファルセットです。

この声で、様々なスケールを歌えるようになって、まずはファルセットを身につけましょう。

2.ヘッドボイスマスター

次に、ヘッドボイスをマスターします。

こちらは、芯のある裏声です。

先程のファルセットでは、声門を開きましたが、こちらのヘッドボイスは、閉鎖筋によって、声帯を伸展させながら、声門を狭小します。

このことで、芯のある裏声が完成し、ヘッドボイスになるのです。

ファルセットとの違いは、呼気を多く含んでいない裏声です。

息が漏れていない、はっきりした裏声です。

この声で、様々なスケールを歌えるようになって、ヘッドボイスを身につけましょう。

そんな簡単にマスターできない、という意見もありますが、まずは裏声を出せるようになりましょう。最初は芯のない裏声になると思います。この声をトレーニングしているうちに、ファルセットが完成し、段階的にヘッドボイスが完成します。力を抜いて、プロ歌手の裏声をどんどん完コピしていきましょう。

裏声(ヘッドボイス)が、高い声を出すためのマスターキーなので、地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、裏声(ヘッドボイス)をマスターしましょう。

2.地声(チェストボイス)マスター

地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、地声(チェストボイス)をマスターしましょう。

なぜなら、正しい地声(チェストボイス)をマスターすることが、高い声を出すためには、必須だからです。

正しい地声(チェストボイス)をマスターするために最も重要な事。

それはなんと!

しゃべり声を変えることです。

最近、SNSの「Clubhouse」が流行っていますね。

これを聴いていると、しゃべっている人の約半分が、ボイストレーニング的には、間違った発声でしゃべっています。

喉にひっかかった地声(チェストボイス)で話しているのです。

ビックリしますよね。

世の中の50%の人が、間違った発声でしゃべっているのですから。

この声でしゃべっていると、大変喉が疲れます。

喉の体力がある人はまだ良いのですが、この声で1時間以上離していると、喉が枯れたり、痛くなったりします。

そして、実は、地声(チェストボイス)を鍛える、最高のボイトレが、正しい発声でしゃべる事なんです。

皆さん、周りの人の声を良く聴いてください。

しっかりと深い呼吸で、軟口蓋に息が十分当たって、口の中が響いて、喉にひっかからずに、透明感のあるきれいな声で、しゃべっている人はどれくらいいるでしょうか。

やはり、世の中の半分の人は、ちょっと中低音にノイズのある声で、話しているのを思い出してください。

簡単に言うと喉声みたいな症状です。

これでしゃべると、しゃべればしゃべるほど、歌は下手になります。

高音は出なくなります。

これは衝撃的な事実です。

ですので、私は生徒さんにいつも言います。

しゃべり声を変えてください。

正しい発声でしゃべったら、それだけでボイストレーニングになって、声が良くなります。

高音も出るようになりますし、歌も上手くなります。

これが分かっただけでも、超優良記事ですね!

じゃあどのようにしゃべれば良いのでしょうか。

実は、先ほど既に答えを書いてます。

注意深く読んでいる人は、既にもう実践しているかもしれませんね。

改めて、説明しますね。

まずは、呼吸、姿勢、支えの3点セットです。

  1. しっかりとした深い呼吸
  2. 息をお腹から直に軟口蓋に当てるイメージ(息を吸った時にヒヤッとする場所)
  3. 顔は最奥で、顎を引く体制で声を出しはじめる
  4. 声を出しはじめる瞬間に、重心を下に落として支える
  5. 軟口蓋に音が当たったら、顔を後ろに引きながら、口は上顎だけを縦に上げて、口角を上げて笑顔になる

このブログでいつも言っている、上半身完全リラックスは、説明がなくても必須ですからね!

顔のどこにも力を入れない。

喉で話すのではなく、軟口蓋で話す。

大きな声は出さない、声を前に出さない、口の中、後ろに、むしろ吸い込むように声を出す。

これで、様々な音程で、様々なスピードで声を出せるようになりましょう。

地声(チェストボイス)をマスターできます。

良い声が出来ているのか自分では判断できない、という意見もありますが、まずは、録音してみましょう。その声は喉にひっかかっていたり、ノイズ成分が乗っていたり、固かったり、聴きずらかったりしませんか。そして、1~2時間しゃべったら声の調子は良くなりましたか?それとも悪くなりましたか?1~2時間しゃべったときに、声の調子が良くなるようであれば、それが正しいチェストボイスの発声法です。

正しい地声(チェストボイス)をマスターすることが、高い声を出すためには、必須なので、地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、地声(チェストボイス)をマスターしましょう。

3.ミックスボイスマスター

地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、ミックスボイスをマスターしましょう。

なぜなら、ミックスボイスが、高い声を出すために、最も重要だからです。

ミックスボイスとは何でしょうか。

詳しくは私のミックスボイスの記事を参考にしてください。

簡単に言うと、文字通り、地声と裏声を混ぜた(ミックスした)声です。

地声と裏声を混ぜるなんて難しそう、と考えるかもしれませんが、以外とほとんどの人は、ミックスボイスが出来ています。

しかし、ミックスのバランスが悪いんです。

声を出すことは、バランスが最も重要だと言われています。

これは、そのままミックスボイスに当てはまります。

なぜバランスが難しいかというと、1人1人全員、ミックスボイスのバランスは変わるからです。

人はみな、地声(チェストボイス)と裏声(ヘッドボイス)の最低音と、最高音が違います。

この最低音と、最高音、そして換声点といわれる、地声と裏声の境目のポイントが違います。

この喚声点の時に地声:裏声が、50:50になるように、低い声から、高い声まで、地声と裏声をバランスよく混ぜていく必要があります。

つまり、自分の最低音から、最高音まで、常にミックスボイスで、バランスを整えていく必要があるのです。

これをマスター出来れば当然、高い声を自由自在に出すことが出来ます。

ボイストレーニング=ミックスボイス習得

と言われることもある理由がこれです。

マスターすれば、自由自在に声を出すことが出来るようになります。

ミックスボイスが出来ているかわからない、という意見もありますが、それならプロのボイストレーナーに見てもらうことが一番と思います。とにかくバランスが大事です。録音して、再生して、バランスの良い声が出せていれば、問題ないです。良いアーティストにたくさん触れて、耳も鍛えていきましょう。
ミックスボイスが、高い声を出すために、最も重要なので、地声から裏声まで、高い声を自由自在に出すためには、ミックスボイスをマスターしましょう。

まとめ

  • 高音完全マニュアルがわかった
  • 地声から裏声まで高い声が自由自在がわかった
  • ファルセットがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【高音完全マニュアル】地声から裏声まで高い声が自由自在【男女OK】をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

最先端ボイトレ無料アプリ|毎日ボイトレ
1日たったの3分から!アプリで歌が上手くなる! ボーカルスクールのトップランナーATOボーカルスクールが、1万人指導の実績に基づいたボイトレアプリをリリース。 手軽にボイトレを実施することで、理想の歌声を手に入れることができるアプリです。
美声アンチエイジング|週末ボイトレ
週末にボイトレを行う事で、あなたの週末が「特別な週末」になります!週末にボイトレを行う事で、疲労回復・ストレス発散になります!しかも、ボイトレは美容と健康・声のアンチエイジングに最適です。誰もが笑顔になれるこのレッスンは、週末の午前中に行う
好きを仕事に|ボイストレーナー
大好きな音楽の仕事で、活躍する人気ボイストレーナーを育てます。ボイストレーニングで1万人以上の笑顔を作ってきたATOボーカルスクール。「もっとボイトレでたくさんの人を笑顔にしたい!」という思いを込めて新しいコースが誕生しました。1日16レッ
タイトルとURLをコピーしました