【滑舌ボイトレ】滑舌の悩みを全て解決!ビジネスボイストレーニング

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは、【滑舌ボイトレ】滑舌の悩みを全て解決!ビジネスボイストレーニングです。

  • 滑舌の悩みを全て解決を知りたい
  • 50音を超える127音を知りたい
  • 滑舌ボイトレを知りたい

1.50音を超える127音全てをうまく発音出来るようになる

滑舌の悩みを全て解決するためには、50音を超える127音全てをうまく発音出来るようになることが必要です。

なぜなら、人には必ず、得意な発音と、苦手な発音があるからです。

まずは、簡単にできそうに感じますが、50音全ての音をゆっくり発音してみましょう。

そして、濁音や拗音を加えた、127音にも挑戦してみましょう。

ひらがなとローマ字、両方発音してみてください。

<清音>

  • あ い う え おa i u e o
  • か き く け こka ki ku ke ko
  • さ し す せ そsa shi su se so
  • た ち つ て とta chi tsu te to
  • な に ぬ ね のna ni nu ne no
  • は ひ ふ へ ほha hi fu he ho
  • ま み む め もma mi mu me mo
  • や - ゆ - よya – yu – yo
  • ら り る れ ろra ri ru re ro
  • わ - - - をwa – – – o (wo)
  • ん n

<濁音>

  • が ぎ ぐ げ ごga gi gu ge go
  • ざ じ ず ぜ ぞza ji (zi) zu ze zo
  • だ ぢ づ で どda ji (di) zu (du) de do
  • ば び ぶ べ ぼba bi bu be bo
  • ぱ ぴ ぷ ぺ ぽpa pi pu pe po

<拗音>

  • きゃ きゅ きょkya kyu kyo
  • しゃ しゅ しょsha shu sho
  • ちゃ ちゅ ちょcha chu cho
  • にゃ にゅ にょnya nyu nyo
  • ひゃ ひゅ ひょhya hyu hyo
  • みゃ みゅ みょmya myu myo
  • りゃ りゅ りょrya ryu ryo
  • ぎゃ ぎゅ ぎょgya gyu gyo
  • じゃ じゅ じょja ju jo
  • びゃ びゅ びょbya byu byo
  • ぴゃ ぴゅ ぴょpya pyu pyo

<カタカナ外来語>

  • ファ フィ フェ フォ フュfa fi   fe  fo  fyu
  • ウィ ウェ ウォ ヴァ ヴィ ヴェ ヴォ Wi  we  wo  va  vi   ve  vo
  • ツァ ツィ ツェ ツォ Tsa  tsi  tse  tso
  • チェ シェ ジェChe  she  je
  • ティ ディ デュ トゥ Ti  di  du  tu

ひらがなとローマ字、カタカナをゆっくり読み終わったら、次はスマホ等で録音してみましょう。

そして、再生して、上手く出来ているか、苦手なのかをチェックします。

苦手な言葉は、様々なスピードで10回繰り返して発音し、楽に出せるまで練習しましょう。

自分だけではなく、人にも聴いてもらえたら更に成長できるので、お願いしてみましょう。

得意なのか苦手なのかわからない、という意見もあると思います。まずは、楽に発音できていればそれは得意という事でOKです。上手く出来ない、聞き取れない、発音できない言葉をじっくり反復トレーニングしていきましょう。
人には必ず、得意な発音と、苦手な発音があるので、滑舌の悩みを全て解決するためには、50音を超える127音全てをうまく発音出来るようになることが必要です。

2.語尾がしっかりするスタッカートトレーニング

滑舌の悩みを全て解決するためには、語尾がしっかりするスタッカートトレーニングが必要です。

なぜなら、アタックはしっかりしていても、語尾は出来ていない人が多いからです。

次に、先ほどの127音をスタッカートで発音します。

スタッカートとは音を短く切って発声することで、長さの基準は1/2程度となります。

ひらがなとローマ字、カタカナ全て、スタッカートで発音してみてください。

<清音>

  • あ い う え おa i u e o
  • か き く け こka ki ku ke ko
  • さ し す せ そsa shi su se so
  • た ち つ て とta chi tsu te to
  • な に ぬ ね のna ni nu ne no
  • は ひ ふ へ ほha hi fu he ho
  • ま み む め もma mi mu me mo
  • や - ゆ - よya – yu – yo
  • ら り る れ ろra ri ru re ro
  • わ - - - をwa – – – o (wo)
  • ん n

<濁音>

  • が ぎ ぐ げ ごga gi gu ge go
  • ざ じ ず ぜ ぞza ji (zi) zu ze zo
  • だ ぢ づ で どda ji (di) zu (du) de do
  • ば び ぶ べ ぼba bi bu be bo
  • ぱ ぴ ぷ ぺ ぽpa pi pu pe po

<拗音>

  • きゃ きゅ きょkya kyu kyo
  • しゃ しゅ しょsha shu sho
  • ちゃ ちゅ ちょcha chu cho
  • にゃ にゅ にょnya nyu nyo
  • ひゃ ひゅ ひょhya hyu hyo
  • みゃ みゅ みょmya myu myo
  • りゃ りゅ りょrya ryu ryo
  • ぎゃ ぎゅ ぎょgya gyu gyo
  • じゃ じゅ じょja ju jo
  • びゃ びゅ びょbya byu byo
  • ぴゃ ぴゅ ぴょpya pyu pyo

<カタカナ外来語>

  • ファ フィ フェ フォ フュfa fi   fe  fo  fyu
  • ウィ ウェ ウォ ヴァ ヴィ ヴェ ヴォ Wi  we  wo  va  vi   ve  vo
  • ツァ ツィ ツェ ツォ Tsa  tsi  tse  tso
  • チェ シェ ジェChe  she  je
  • ティ ディ デュ トゥ Ti  di  du  tu

一通りできたら、次にスマホ等で録音してみましょう。

そして、再生して、上手く出来ているか、苦手なのかをチェックします。

得意な言葉は、スタッカートよりも短い、スタッカティッシモという、1/4の長さでも出来るようにトレーニングします。

苦手な言葉は、まずはゆっくり、段々早く10回繰り返して発音し、楽に出せるまで練習しましょう。

自分だけではなく、人にも聴いてもらえたら更に成長できるので、お願いしてみましょう。

上手くスタッカートにならない、という意見もあると思います。まずはゆっくりでいいので、少しずつ短く切れるように練習しましょう。出来た発音と、出来ていない発音をノートにまとめて、まずは出来た発音を練習して、良い気分で、出来ていない方をトレーニングしましょう。一つ一つ出来るようになったごとに、その発音を消していって、最後には苦手な発音のノートが何もなくなるように、頑張りましょう。
アタックはしっかりしていても、語尾は出来ていない人が多いので、滑舌の悩みを全て解決するためには、語尾がしっかりするスタッカートトレーニングが必要です。

3.滑舌高速マスターメトロノームトレーニング

滑舌の悩みを全て解決するためには、滑舌高速マスターメトロノームトレーニングが必要です。

なぜなら、テンポが速くなると滑舌が悪くなる人が多いからです。

最後に、127音を自由自在なスピードで発音できるようになります。

滑舌高速マスターメトロノームトレーニングです。

人はゆっくりであれば、どんな発音でも上手く出来ることが多いです。

しかし、言葉を話す時には、ゆっくり話せばよい環境と、テンポよく話さなければいけない場合があります。

仕事場やプレゼン、緊張する場面で、テンポアップして話をしなければならない時に、そのようなシュミレーションをしていないため、滑舌が乱れます。

つまり、常に通常よりも、速いスピードでトレーニングしておくことによって、このような時にも対応できる発音が身につくのです。

まずは、メトロノームを120にならして、そのテンポで読んでみましょう。

少し早いなあと思ったら80くらいからはじめてみてもOKです。

ひらがなとローマ字、カタカナ全て、スタッカートで発音してみてください。

<清音>

  • あ い う え おa i u e o
  • か き く け こka ki ku ke ko
  • さ し す せ そsa shi su se so
  • た ち つ て とta chi tsu te to
  • な に ぬ ね のna ni nu ne no
  • は ひ ふ へ ほha hi fu he ho
  • ま み む め もma mi mu me mo
  • や - ゆ - よya – yu – yo
  • ら り る れ ろra ri ru re ro
  • わ - - - をwa – – – o (wo)
  • ん n

<濁音>

  • が ぎ ぐ げ ごga gi gu ge go
  • ざ じ ず ぜ ぞza ji (zi) zu ze zo
  • だ ぢ づ で どda ji (di) zu (du) de do
  • ば び ぶ べ ぼba bi bu be bo
  • ぱ ぴ ぷ ぺ ぽpa pi pu pe po

<拗音>

  • きゃ きゅ きょkya kyu kyo
  • しゃ しゅ しょsha shu sho
  • ちゃ ちゅ ちょcha chu cho
  • にゃ にゅ にょnya nyu nyo
  • ひゃ ひゅ ひょhya hyu hyo
  • みゃ みゅ みょmya myu myo
  • りゃ りゅ りょrya ryu ryo
  • ぎゃ ぎゅ ぎょgya gyu gyo
  • じゃ じゅ じょja ju jo
  • びゃ びゅ びょbya byu byo
  • ぴゃ ぴゅ ぴょpya pyu pyo

<カタカナ外来語>

  • ファ フィ フェ フォ フュfa fi fe fo fyu
  • ウィ ウェ ウォ ヴァ ヴィ ヴェ ヴォ wi we wo va vi  ve vo
  • ツァ ツィ ツェ ツォ tsa tsi tse tso
  • チェ シェ ジェ che she je
  • ティ ディ デュ トゥ ti di du tu

一通りできたら、次にスマホ等で録音してみましょう。

そして、再生して、上手く出来ているか、苦手なのかをチェックします。

苦手な言葉は、まずはゆっくり、段々早く10回繰り返して発音し、楽に出せるまで練習しましょう。

自分だけではなく、人にも聴いてもらえたら更に成長できるので、お願いしてみましょう。

テンポ120が出来るようになったら、どんどんテンポを上げていきます。

140、160、180、200、220、240と上げていき、メトロノームの、マックスまでチャレンジしていきましょう。

また、出来るようになったら、様々な音程でトライしてみましょう。

まずはしゃべり声の音程からスタートして、高音や低音、裏声や、ミックスボイスでも出来るようになっていきましょう。

テンポにしっかりあって発音できているかわからない、という意見もあると思います。まずは録音して聴いてみて、違和感がないかを確認しましょう。1拍に一つの言葉を入れていくのが基本ですが、改行ごとに休んだり、難しい所は止まったりしながら、自分なりに段階的に出来るように、努力していきましょう。中々出来ない時は、伸びしろがあると思って、喜びましょう。出来るようになれば、どんどん滑舌が良くなって、素敵な発音を身につけることが出来ます。頑張りましょう!
テンポが速くなると滑舌が悪くなる人が多いので、滑舌の悩みを全て解決するためには、滑舌高速マスターメトロノームトレーニングが必要です。

まとめ

  • 滑舌の悩みを全て解決がわかった
  • 50音を超える127音がわかった
  • 滑舌ボイトレがわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。【滑舌ボイトレ】滑舌の悩みを全て解決!ビジネスボイストレーニングをじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました