相手に「伝わる声」の出し方【自分の声を好きになる】ボイストレーニング本

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

私はプロのボイストレーナーとして、25年間で1万人以上の歌唱指導(ボイトレ)をしてきました。

今回は、2021年6月に発売された、私の最新刊『相手に「伝わる声」の出し方』をたっぷりと解説します。

この本の目的は、自分の声を大好きになる事です。

自分の声を大好きになれば、相手に「伝わる声」の出し方が、しっかりと身に付きます。

しかし、ほとんどの人は自分の声が大嫌いです泣。

この原因と解決方法が、読み進めるだけで、どんどん心と身体に浸透していきます。

今まで、25年間たくさんの生徒さんに、教えてきたノウハウを集結して、じっくりと相手に「伝わる声」の出し方を解説していきます。

今回のタイトルは、相手に「伝わる声」の出し方【自分の声を好きになる】ボイストレーニング本です。

  • 相手に「伝わる声」の出し方を知りたい
  • 伝わる声になる心・技・体を知りたい
  • 自分の声を大好きになる方法を知りたい

1.心(メンタル)=感謝×自信×笑顔

声の悩みは、心(メンタル)トレーニングで、解決できます。

なぜなら、声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った心(メンタル)で、引き起こされているからです。

私のレッスンは、まずはお医者さんのように声の悩みをじっくりと聴いて、その悩みに寄り添います。

声の悩みを50以上、25年間全て解決してきました。

ここで、大事なことは、心技体つまり、メンタル、フィジカル、テクニックの順番にバランス良く解決していくという事です。

まずは、心(メンタル)を解説していきます。

心(メンタル)=感謝×自信×笑顔

感謝

相手に「伝わる声」の出し方で一番重要なのは、相手に感謝の気持ちを持って声を出すかということです。

相手に感謝の気持ちがなければ、何も伝わる事はありません。

心からの感謝の気持ちがあるから、言葉がしっかりと届くのです。

そのような言葉には、心技体が自然に調和して、ナチュラルボイスが生まれます。

自信

自分に自信がないと、どんなことでも逃げる人は多いです。

そんな人の言葉を相手は聴きたいでしょうか?

自信のない言葉、自信のない声、自信のない表情で、話をされた時、相手の言葉は伝わりますでしょうか。

それでは何も伝わりません。

自信を持って声を出しましょう。

何も「声を張り上げて」とか、「大きな声で」と言っているわけではありません。

等身大の自分で、素直に正直に、相手を気遣って、ありのままの自分で、自信を持って声を出せばよいのです。

誰でも出来るようになります。

笑顔

私は、25年間ボーカルスクールで、最も大切にしてきたことは、生徒さんの笑顔をつくる事です。

笑顔にならなければ、相手に伝わる声を出すことはできません。

不機嫌な顔、ふてくされた顔、意地悪な顔、怒った顔で、声を出されたらどう思いますか?

言葉は伝わってきますか。

何かが伝わったとしても、本書【相手に「伝わる声」の出し方】としては、本質的にNGです。

それは、心技体がつながらず、自分も相手も、大きく消耗してしまうからです。

心(メンタル)が大事だという事、わかって頂けましたでしょうか。

心(メンタル)が一番難しいという意見もありますが、その通りかもしれません。

でも、このブログを読んでいる、相手に「伝わる声」の出し方を手に取ったあなたであれば、絶対に解決に向けて、前向きに進めて行けるはずです。

心(メンタル)は、気持ち次第ですから、まずは一歩踏み出していきましょう。

声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った心(メンタル)で、引き起こされているので、声の悩みは、心(メンタル)トレーニングで、解決できます。

2.体(フィジカル)=呼吸×姿勢×支え

声の悩みは、体(フィジカル)トレーニングで、解決できます。

なぜなら、声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った体(フィジカル)で、引き起こされているからです。

★体(フィジカル)=呼吸×姿勢×支え

呼吸

皆さん生きるために呼吸しています。

何も考えなくても勝手に身体がしてくれています。

とても素敵なことですよね。

しかし、何も考えてないので、伝わる声を出すために必要な呼吸は出来ていないのです。

私ははじめのレッスンでこう言います。

「声を出す時に最も重要なこと、それは普段と呼吸を変えます」

「えーーーーっ!」

全員驚きの声が上がります。

驚きの声を上げてもらうために、このような説明をあえてしています。

衝撃をインパクトを与えたいのです。

なぜなら、当たり前にしている事なので、改善してもらうためには大きなインパクトが必要だからです。

日常生活では、浅い呼吸で十分です。

しかし、声を出す時は深い呼吸に変える必要があるのです。

ラジオ体操や、寝ているときの深呼吸で良いです。

これを相手に伝わる声を出す時は、いつも行いましょう。

姿勢

「姿勢」、こちらも皆さん普段意識しない部分ですね。

声を出す時に姿勢なんてどうでも良いと思っている事でしょう。

実は、姿勢が1ミリ違うだけで、声は全く変わります。

声は、身体全体を使って鳴ります。

身体が楽器のようなものです。

姿勢が悪いと、そのまま姿勢の悪い声となって、発声されます。

スピーカーや楽器で、姿勢の悪いものはありますでしょうか。

とても素敵なフォルムで、最高の響きになるようデザインされています。

最高の響きになる姿勢をマスターしていきましょう。

支え

支えとは何でしょうか。

簡単そうで一番難しい部分かもしれません。

支えは、声を出す時にもっとも重要な三要素の要になります。

簡単に説明すると・・・

  1. 呼吸をMAXまで吸うために、深呼吸する
  2. 姿勢を良くするために、上半身完全リラックス
  3. 上半身完全リラックスのために、下半身を支える

となります。

つまり、呼吸と姿勢のための支えです。

相手に「伝わる声」を出すためには、重力に逆らわずに、どっしりと重心を下にして、尻尾があるような、足元から根っこが生えるような、下半身の支えが必要です。

ここまでが、体(フィジカル)です。

体(フィジカル)は、自分では出来ているのかわからないという意見もありますが、その通りです。

まずは、息をMAXまで吸って、上半身完全リラックス、下半身しっかりを自分なりに挑戦してみましょう。

スマホ等に声を録音再生して、納得いくような声が出せるよう、色々と工夫して取り組みましょう。

声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った体(フィジカル)で、引き起こされているので、声の悩みは、体(フィジカル)トレーニングで、解決できます。

3.技(テクニック)=音程×リズム×音量

声の悩みは、技(テクニック)トレーニングで、解決できます。

なぜなら、声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った技(テクニック)で、引き起こされているからです。

技(テクニック)=音程×リズム×音量

音程

相手に「伝わる声」の出し方は、歌以上に音程が大事になってきます。

なぜなら、あなたの最も出しやすい基音から、低い音や、高い音を出すことで、相手にその感情や、表情、表現力が伝わるからです。

落ち着いて説得力を増すためには、奥行きのある低い声で。

明るくハキハキと、相手を笑顔にさせるためには、元気な高い声で。

音程の変化がない声は、無機質で機械のような声です。

言葉が変わっても、何も伝わりません。

何も届きません。

究極は、相手の声にあわせて、ハモる事です。

これが出来れば、声は必ず伝わります。

相手に「伝わる声」の出し方は、音程が最重要です。

リズム

言葉にはリズムがあります。

言葉が伝わらない人、コミュニケーションが苦手な人は、ほとんどリズムが悪いことが原因です。

相手のリズムに合わせて話さなければ、相手に「伝わる声」の出し方は失格です。

また、ゆっくりと話すことで、落ち着いて、優しくあたたかい印象を与え、素早く話すことで、知的で、スマートで、場面にあった気遣いのある印象を与えます。

相手のリズムと自分のリズムが、同じ旋律を奏でた時、必ず、相手に「伝わる声」の出し方が、実現します。

音量

声の大きさ。

小さすぎても聴こえません。

大きすぎてもうるさいだけです。

自分の適切な声量を把握しましょう。

そして、環境や内容、相手の表情にあわせて、標準の声量を決めましょう。

さらに、話のストーリーにあわせて、声量の抑揚をつけて行きます。

前置きや、背景、説明は標準的な声量で。

オフレコ話や、大事な話の前、相手の耳を引き寄せたい時は、少し小さめに。

物語のクライマックス、結論、大事な部分は、大きめに話します。

この小ささや、大きさで言葉の意味がどんどん相手に伝わっていきます。

逆に音量の差が何もないと、何を伝えたいのかが分からず、相手が眠くなってしまいます泣。

ですので、しっかりとストーリーにあわせて、音量に抑揚を持って話していきましょう。

歌ではわかるが、トークでは音程、リズム、音量の感覚がないという意見もありますが、その通りだと思います。

今までこのような概念がなかったので、相手に「伝わる声」が出せなかったのだと思います。

これからはこの考え方を基準に出来ますので、一歩ずつ自分のペースで磨いて行きましょう。

意識するだけで、格段の成果が出て来ます。

声の悩みは、生まれてから今まで生きてきた中での、間違った技(テクニック)で、引き起こされているので、声の悩みは、技(テクニック)トレーニングで、解決できます。

4.著者田中直人による【読者限定】特別レッスンのお知らせ

本の内容が120%身体にインストールされる、著者田中直人による、特別レッスンを行います。

合計3時間のレッスンを最短1日、じっくり学びたい方は1回30分で月2回、3ヶ月間で学ぶことも可能です。

本で紹介した30のトレーニングメニューで、あなたの声が、生まれ変わり、相手に「伝わる声」の出し方になります。

相手に「伝わる声」の出し方特別レッスン

30分×6回 合計3時間のZOOMによるオンライン個人レッスン

料金¥33,000(税込)¥29,800(税込)期間限定スペシャル価格

内容

  1. 今の自分の声レコーディング
  2. 肩甲骨剥がしトレーニング
  3. 肩甲骨寄せトレーニング
  4. 首筋伸ばし・首回しトレーニング
  5. 上半身脱力トレーニング
  6. 300%ブレスアウトトレーニング
  7. ディープブレストレーニング
  8. スピードディープブレストレーニング
  9. 正しい顔の位置確認
  10. 小顔美声マッサージ
  11. 小顔大顔体操
  12. タントレーニング
  13. ビッグマウス体操
  14. わはははトレーニング
  15. ナチュラルボイストレーニング
  16. リップロールトレーニング
  17. ハミングトレーニング
  18. 50音トレーニング
  19. 濁音トレーニング
  20. 自己紹介レコーディング
  21. スタンダードリズムトレーニング
  22. スローリズムトレーニング
  23. スピードリズムトレーニング
  24. メトロノームトレーニング
  25. ロングトーン・ダイナミクストレーニング
  26. 3段階ダイナミクストレーニング
  27. クレッシエンド&デクレッシエンドトレーニング
  28. 5段階ダイナミクストレーニング
  29. 滑舌トレーニング
  30. 相手に「伝わる声」の出し方インストール

こちらよりお申込ください。

ボイトレであなたを笑顔に!ATOボーカルスクール(オンラインボイトレ)
ボイトレをオンラインで受ける生徒さん25年間で10000人以上を笑顔に!ATOボーカルスクールの生徒さんが、テレビ東京『THEカラオケ★バトル』に出演し、AI採点史上初の100点満点を叩き出し見事優勝!!1995年11月22日にエレベーター

まとめ

  • 相手に「伝わる声」の出し方がわかった
  • 伝わる声になる心・技・体がわかった
  • 自分の声を大好きになる方法がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。相手に「伝わる声」の出し方【自分の声を好きになる】ボイストレーニング本をじっくりと、お教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・カウンセリングのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました