ビジネス・話し方ボイストレーニング(ボイトレ)とは

ボイストレーニング
田中直人

日本テレビ「ZIP!」 など多数出演
ATOボーカルスクール 代表
田中直人(プロフィール)

こんにちは、田中直人です。

2020年テレビ東京『THEカラオケ★バトル』優勝者をはじめ、25年間で1万人以上のボイストレーニング(ボイトレ)をしてきました。

今回『ATOボーカルスクール』25周年を記念して、プロボイストレーナーの私のキャリアの集大成として、ボイストレーニング(ボイトレ)の全知識をまとめました。

「声の全ての悩みを解決したい」、「歌が上手くなりたい」、「ボイストレーニングをとことん究めたい」全ての人へ、本当に必要な情報を提供させて頂きます。

是非ボイストレーニング(ボイトレ)のバイブルとして、末永くご活用ください。

今回のタイトルは『ビジネス・話し方ボイストレーニング(ボイトレ)とは』です。

  • ビジネス・話し方ボイストレーニング(ボイトレ)とは何かしりたい
  • 圧倒的な魅力がつく話すためのボイトレがしりたい
  • 滑舌の悩みを全て解決がしりたい

1.【ビジネスボイストレーニング】ビジネスで活かす声をつくるボイトレ

ビジネスで活かす声をつくるボイトレは、声の高さ(音程)×声の速さ(リズム)×声の大きさ(声量)を自由にコントロールできる事で実現できます。
なぜなら、人に言葉を伝えるためには、声の高さ・速さ・大きさが最も重要だからです。

①声の高さ(音程トレーニング)

高い声で話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。また明るく電話の声や挨拶も、普段の声よりも少し高い声で行うと好印象になります。

また低い声で話すことは、安心感や説得力が増します。重要な話や相手に安心感を与えるためには、安定した低い声が必要です。

これらを実現するためのトレーニング方法は次の3つになります。

リップロール

軽く口を閉じて唇をプルプル震わせながら自分の一番低い音から、一番高い音まで何度も行き来します。最初は短くて問題ありません。頬に手を添えるとやりやすいです。

ハミング

口を閉じて口の中と鼻の中を響かせながら、自分の最低音から最高音まで「んー」と何度も行き来します。大きな響きでなくて良いのでリラックスして行いましょう。

五十音全ての言葉で自分の最低音から最高音まで発声する

大きく息を吸って、上半身リラックス、喉はあくびで、口の中が柔らかく響いている感覚で、「あいうえお」から色々な高さで声を出してみましょう。

②声の速さ(リズムトレーニング)

すばやく話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。またスピードが求められる仕事上でも、早く的確に話せることは重要です。

ゆっくりと話すことは、安心感や説得力が増します。重要な話や相手に安心感を与えるためには、ゆっくりと話せる力が必要です。また大事な話や、重要な言葉の前では、適切な間を取るという事も必要です。

これらを実現するためのトレーニング方法はスマホアプリのメトロノームを使って、歌舞伎の『外郎売(ういろううり)』を読みます。

外郎売(ういろううり)』は、俳優や声優、アナウンサーが、発声練習や滑舌の練習に使うものなので、最適なトレーニングが可能です。まずはテンポ60からはじめて、出来るようになったらどんどんテンポを上げていきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E9%83%8E%E5%A3%B2

③声の大きさ(声量トレーニング)

大きな声で話すことは、元気でハキハキとした印象を与えます。また朝や終業の挨拶、場面転換としてメリハリをつけたいタイミングでも、普段の声よりも少し大きな声で行うと好印象になります。

また小さな声で話すことは、相手の注意を惹くことが出来ます。あまり大きな声で言えない話や、話全体に抑揚が必要な時は、小さな声からはじめ、物語のクライマックスに近づくにつれて、大きな声で話すようにするという事も重要です。

これらを実現するためのトレーニング方法は次の2つになります。

ロングトーン

「あー」から50音全ての音を自分のいつも話している音程で伸ばしながら、まずは自分の中で一番小さな声ではじめ、1秒ごとに声のボリュームを上げていきます。
10秒まで10段階大きなボリュームまで出来たら次の言葉に行きます。(この時にとにかく上半身の力を抜いてリラックスして行い、喉が痛くなるようであれば終了してください)

50音トレーニング

「あえいおうあえいおう」という言葉をいつも話している音程で、まずは自分の中で一番小さな声ではじめ、1秒ごとに声のボリュームを上げていきます。
10の言葉で10段階大きなボリュームまで出来たら次の「かけきこくかけきこく」に行き50音全て行いまます。

『声量トレーニングがわからない』という意見もありますが、その通りなので、一度専門家のボイストレーナーによる、ビジネスボイストレーニングの無料体験レッスンを受講してみてください。

人に言葉を伝えるためには、声の高さ・速さ・大きさが最も重要なので、ビジネスで活かす声をつくるボイトレは、声の高さ(音程)×声の速さ(リズム)×声の大きさ(声量)を自由にコントロールできる事で実現できます。

もっとビジネスにいかせる声を作り上げたい方はこちらをご覧ください。

2.【話し方ボイストレーニング】圧倒的な魅力がつく話すためのボイトレ

圧倒的な魅力がつく話すためのボイトレは、メンタル×フィジカル×テクニックをバランスよくトレーニングする事で身につきます。
なぜなら、魅力的な人は、心と身体と技で、全ての人に感謝しながら、人を喜ばせる話し方を持っている人だからです。

①話し方ボイストレーニング:メンタル

まずは魅力的な話し方になるためには心がキレイなこと、自分の声を好きになって、自分に自信がある事、常に人に感謝して、人を喜ばせる事が大好きなことが重要です。

自分の自信のある事を書きだしましょう。そして理想的な自分も書きだしましょう。感謝している人とその理由も書きましょう。誰に対しても、常に感謝している人へ向けての気持ちで、理想的な自分になって話しましょう。

毎日の日常がトレーニングです。

②話し方ボイストレーニング:フィジカル

常に心と身体が健康的であることが最重要です。声の調子や喉の調子が良くないと、表情も曇りがちで、元気もなくなります。このようなことがないように、睡眠時間をしっかり守った規則正しい生活、適度な運動と食事を心がけます。

ストレッチやラジオ体操、湯船にゆっくりつかる等で、固くなった身体をほぐしてから一日をはじめる事や、散歩やジョギング等の有酸素運動、お家での時間は好きな音楽をかけて毎日5分でも歌を口ずさむこと、これだけで身体を楽器にするストレッチ、呼吸、声帯の筋トレ、共鳴腔のトレーニングになります。

やはり日常がトレーニングですね。

③話し方ボイストレーニング:テクニック

この人の話し方魅力的と思う時はありませんか。魅力的な話し方をする人にアンテナを張って敏感になってほしいのです。

日常的にお会いする人、YouTube、テレビやラジオ等。こういう方を見つけたら、日常お会いする人であれば、出来るだけたくさん会って盗むこと、YouTube等であれば、何度も聴き返して、テキスト化して全部マネて、録音して自分のものにすることです。

これをすることでその人の魅力的なテクニックの部分が、どんどん自分の引き出しに入っていきます。そしてこれを周りの人に実践していきましょう。

日常をうまく使うことが話し方ボイストレーニングの最重要なことになります。

『自分の声がどうしても好きになれない』という意見もありますが、自分では自分の魅力を分かる事は難しいので、そういう時は私のオンライン無料体験レッスンに来てください。あなたの声の魅力や人間としての魅力をとことんお教えいたします。

魅力的な人は、心と身体と技で、全ての人に感謝しながら、人を喜ばせる話し方を持っている人なので、圧倒的な魅力がつく話すためのボイトレは、メンタル×フィジカル×テクニックをバランスよくトレーニングする事で身につきます。

とにかく魅力的な声を手に入れたい方はこちらをご覧ください。

3.【通る声を出すための3つのトレーニング】声が通らない人必読の方法

通る声を出すためには、ストレッチ・ブレス・ナチュラルボイスの3つのトレーニングで実現できます。
なぜなら、通る声を出すために、身体全体を響かせるためには、MAXの息と上半身完全リラックスの声が必要だからです。

通る声を出すための3つのトレーニングを解説します。

①通る声を出すためのトレーニング:ストレッチトレーニング

まずは通る声にするストレッチを行います。
なぜなら、通る声は身体全体が響くからです。

  1. 肩甲骨をほぐすようにゆっくり大きくクロールのように前に手をまわします。
  2. 胸筋を広げながらゆっくり大きく背泳ぎのように手を後ろにまわします。
  3. 首を右斜め前、左斜め前に軽く倒した後、大きくゆっくり1周ずつまわします。
  4. 前屈のような姿勢で、上半身を脱力し、肩甲骨の真ん中に息を入れてリラックスします。

息はゆっくり大きく吸って、吐いてリラックスしながら行います。余裕が出てきたら、リップロールや、ハミングをしながら行いましょう。

閉じている身体を開くこと、肩甲骨を入念にほぐす事を特に意識して行って下さい。身体全身が気持ちよく、リラックスしてきたらOKです。

②通る声を出すためのトレーニング:ブレストレーニング

息を自分のMAXまで吸えるようになるトレーニングを行います。
なぜなら、息が通る声のガソリンであり源だからです。

  1. 口を半開きにして、鼻70%・口30%で鼻を中心に身体の後ろの方に息を吸います。
  2. その息をまずは腰に入れて、その後背中、肩甲骨、肩、首、顔、目の中までいれます。
  3. 口を縦に開けて、「ホッ」と息を1回で吐ききります。

これをまずは6回ゆっくり行います。
腰から段階的に身体を開きながら、息を入れてくという事を身体で覚えて下さい。
肺活量とインナーマッスルをじっくり鍛え上げる事が出来ます。

③通る声を出すためのトレーニング:ナチュラルボイストレーニング

ナチュラルボイストレーニングを行います。
なぜなら、通る声は上半身完全リラックスの声だからです。

  1. 上半身の力を抜いて、息の移動だけで「ふわーっ」とため息をします。
  2. 「ふわーっ」のため息を声帯を閉じていき、自分の話し声の辺りで、リラックスして発声します。
  3. 「ふわーっ」を自分の最低音から最高音まで、サイレンのように楽に声を響かせます。

とにかく、上半身完全リラックスです。どこにも力を入れない。

うまく出来ない時に、気をつける大事な8つのポイント

  1. 大きな声を出そうとしない
  2. 良い声を出そうとしない
  3. 気合を入れてやろうとしない
  4. 前に声を出そうとしない
  5. 吐くという感覚で声を出さない
  6. 顔を前に出さない
  7. 顔を上にあげない
  8. 下顎を下げない

全て力が入るからです。通る声を出すためのトレーニングの基本は上半身どこにも力の入っていない、自分のニュートラルを知るという作業になります。その時はじめて、ナチュラルボイスが顔を出します。

『自分の声が通る声になったかがわからない』という意見もありますが、その通りなので、まずはスマホ等で録音して聴いてみましょう。

それでも分からない場合は、家族等周りの人に確認してみましょう。

それでも分からない場合は専門のボイストレーナーを訪ねてみましょう。

通る声を出すために、身体全体を響かせるためには、MAXの息と上半身完全リラックスの声が必要なので、ストレッチ・ブレス・ナチュラルボイスの3つのトレーニングで実現できます。

通る声を出す方法をもっと掘り下げたい方はこちらをご覧ください。

4.【滑舌ボイトレ】滑舌の悩みを全て解決!ビジネスボイストレーニング

滑舌ボイトレは、滑舌の悩みをすべて解決します。
なぜなら、滑舌ボイトレでは、苦手な発音がなくなり、語尾をしっかり発音できるようになり、それを自由な早さで話せるようになるからです。

①得意な発音と苦手な発音チェックトレーニング

日本語の50音に濁音、鼻濁音までマスターします。
スマホアプリのメトロノームを用意して、テンポ120で、自分の話し声の高さで、「アエイオアエイオウ」と発声します。上手く出来たら次は「カケキコカケキコク」、こちらも出来たら、「サセシソサセシソス」さらにタ行、ナ行と進めていきます。

②語尾をしっかりするトレーニング

「①得意な発音と苦手な発音チェックトレーニング」でやったことをスタッカートでやってみます。
スタッカートとは音を短く切って発声することで、長さの基準は1/2程度となります。
スマホアプリのメトロノームを用意して、テンポ120で、自分の話し声の高さで、「アエイオアエイオウ」と発声します。上手く出来たら次は「カケキコカケキコク」、こちらも出来たら、「サセシソサセシソス」さらにタ行、ナ行と進めていきます。
可能であればスタッカートよりも短い、スタッカティッシモという、1/4の長さでも出来るようにトレーニングします。
最大限短い声で、発声出来るようトレーニングしましょう。滑舌が最高に磨かれます。

③滑舌を完璧にマスターする高速トレーニング

メトロノームを使って滑舌を完璧にマスターしていきます。
メトロノームのテンポ120から160にあげます
①、②の練習と同じことを普通に声を出すのとスタッカートを交互に行いながらトレーニングしていきます
しっかり発音できているかどうか、録音してチェックし、出来ていればテンポを徐々に上げてMAXまでトレーニングしていきましょう。

『どうしても出来ない言葉がある』という意見もありますが、その通りなので、独学で練習しても、感覚がつかめない場合はボイストレーナーに相談しましょう。

滑舌ボイトレでは、苦手な発音がなくなり、語尾をしっかり発音できるようになり、それを自由な早さで話せるようになるので、滑舌ボイトレは、滑舌の悩みをすべて解決します。

滑舌を良くするポイントをもっと掘り下げたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

  • ビジネス・話し方ボイストレーニング(ボイトレ)とは何かわかった
  • 圧倒的な魅力がつく話すためのボイトレがわかった
  • 滑舌の悩みを全て解決がわかった

ここまでお読み頂きありがとうございます。

是非とも一度無料体験レッスンで、専門家による、プロのボイストレーニングを受けてみてください。

【カラオケ高得点とは】をじっくりとお教えいたします。

オンラインボイトレを無料体験してみませんか?

© Rittor Music,Inc.

ATOボーカルスクールは
25年間で10000人以上を笑顔に!

対面よりも早く上達するオンラインボイトレをぜひ体感してみてください。

無料体験・セミナーのご案内はこちら

上達への始めの一歩を踏み出してみてください。

タイトルとURLをコピーしました